2016/09/25

鶏糞とふるい

鶏糞土を購入すると,ビー玉より小さい位の大きさが混じっている。最初はシャベルで砕いていたが,面倒になりふるいにかけるようにしている。適当な目のふるいがなく,写真のプランタ底穴を利用している。穴径は 1cm 弱だ。
Furui.jpg 

ふるいにかけた結果が,これだ。これまで土を混ぜる割合をシャベル回数で計っていたけど,手桶の深さだと正確だろう。
FuruiKeifun.jpg 

小石大の鶏糞は草堆積場所に捨てている。

2016/09/24

葉の上で待つカエルとホッパー

近所の田んぼがなくなり,宅地造成している。昔は,田に水が入る頃はカエルの合唱が凄かった。庭もそこかしこにカエルが飛び跳ねた。床下には蛇もいた。この20年で様相が変わった。
GoyaFrog.jpg 

Asagao0904Hopper.jpg 

それでも用水溝があるので,カエルの生息が皆無になる事はないようだ。中学生の頃,カエルの解剖をする事になり,カエルを採取してくるように言われ,どこに大きなカエルがいるかの知識のない私は小さめのカエルしか用意できなかったけど,大きなカエルを捕まえた同級生がいた。同じ学区内にありながら,市街地,住宅街,農村部といろんな子供がいた。進学する度に,家庭環境が似たような者同士になり,今思えばつまらなかった。

高校は進学校に通った。座学ばかりで理科の実験をした記憶がない。市内には日本一と思われる立派な農高があった。水産高校にしろ工業高校にしろ日本は高いレベルにある。合衆国は実業高校教育がいい加減なので,実務を習得するにはコミュニティカレッジに行く。そのかわり,学費が大学の授業料より高い私立高校がある。ハーバードとかエールの予備校みたいになっている。私の通った高校の学費は月 800 円だった。マルクスにかぶれた教師は生徒に対し,ここは収容所といっていた。教師は看守で生徒は囚人の意だった。始業の際の起立とお辞儀は重要だった。お辞儀が教師の意にそぐわないと,何回もやり直しをクラス全体でやらされた。このお辞儀がなくなったのは大学に入学してからだった。防大とか海上保安学校は今でも,中高生がするような始業時のお辞儀をしているのだろうか。

教師を替えない限り,日本の教育は変わらないだろう。終身雇用の先生を入れ替えるのに30年要する。もう間に合わない。教条主義と画一教育がなくならない限り,日本が西欧先進諸国に追いつくことはないだろう。

何回もお辞儀の状態をチェックしていたという事は,本人は挨拶をせず教壇から睥睨していたのかと今になって気づいた。社会人になっても,大体部長のような中間管理職は挨拶しても,無視する人がいたな思い出した。これはどうも軍隊の名残らしい。将校は兵卒の敬礼に対して,返礼しなくともいい。部下に対して不愛想横柄な管理職が,所属長の前に出るともみ手で愛想笑いをして豹変する。諭吉が問いかけた日本の状態は今も変わらないのだろう。日本にはカーストはないけれど,分相応という考えがある。

木こりだったリンカーンは合衆国大統領になった。ヒッピーとか大工をしていたサンダースはバーモントで政治家になり,民主党大統領予備選に最後まで残った。日本でも世襲とか官僚出身以外でなんとか首相に選出できるようになんとかならないだろうか。制度として可能なはずなのだが,そうはならない。内向き閉鎖的なのは日本社会の本質だとしたら,日本政治は教育と同じように絶望的だな。
2016/09/23

アサガオ苗の移植

昨年より早く栽培を始めたつもりが,種から育てたせいか開花時期は去年とほぼ同じになった。9月11日の様子を示す。
Asagao0911.jpg 

Asagao0911Hana.jpg 

Asagao0911Hana1.jpg 

Asagao0911Hana2.jpg 

Asagao0911Hana3.jpg 

Asagao0911Hana4.jpg 

ネットではプランタ栽培で種から育てる場合,移植をしないようにとあるけど,苗が販売されているのだから,何ら問題がないのだろう。ただ苗を育てるトレイを売っているの見たことがない。取り寄せでもしないとダメなのかな。

発芽した苗を選択してプランタに移植したらどうだろうか。トレイだと,移動も簡単で日照のいい場所で育てられるだろう。発芽と開花ほど嬉しいものはない。
2016/09/22

グローバル IP アドレス監視 DiCE 導入

私の使用している光回線は,ルータを再起動しなくても,グローバル IP アドレスが変わる事がわかった。しかも旧のアドレスも有効となっていて,サーバを運用する上で困った。クライアントがアクセスしたら,ルータの設定画面が表示される事になる。Cman によるサーバ監視もIPアドレスの二重化状態を想定してないから,サーバ運営者はわかりようもない。

Windows 95 をサーバとしていた際に,IPアドレス変化をチェックして DDNS サーバに自動通知するプログラム DiCE があった。これを再導入する事にした。現在のサーバは Windows xp なので,Professional 版を選択した。ネットでは Windows 7 でもフリーウェア版で問題がないとする。しかし,16ビットと32ビットの実行コードの違いを受け渡しするプログラムが必要になり,余りいいことではないような気がする。「Win32環境」とあるから,32ビットコードなのだろうけど,動作環境は Windows 9x ともあり,どうなっているのかわからない。

実際にインストールして,テストすると IP アドレス検知はOKだが,Eメールの送信はしたようだが,Gmail はそのメッセージ受信に失敗した。ポート25を使用したパスワードなしの旧いメールだからだろう。

タスクマネジャによると,CPU 使用率はほとんどない。IPアドレス検知を自動,そのインターバルをデフォルトの10分にしている。DDNS サーバにいくら早く通知したとしても,Cman サーバに伝わるのに数時間かかるので,インターバルを短縮しても余り効果はない。DNS 更新を早くしようとするなら,有料 DDNS でないとダメかもしれない。「Dynamic DNSサービスでサブ・ドメイン名のIPアドレスを変更してから、それが有効となる反映時間が1~10分程かかる」とあるけど,世界中のネームサーバに10分で伝播するのだろうか。

参考
2016/09/21

アサガオ食害と農薬

写真だとわかりにくいけど,ワームによりネット面積のおよそ 1/4 の葉が食べられた。矢印で示したタコ糸で最上部に張ったところの葉は全滅になった。農薬を散布するのは,居室の窓に近いので感心しない。
Asagao0910Work.jpg 

というのは窓からおよそ3m離れた地面に除草剤を散布され,異臭が鼻につきまいった。