2017/10/09

ビニールハウス解体経費と中古農機市場

解体経費と簡易コメリハウス
温室が欲しく,検索してみた。予算がないのでハウスの中古と思い,しかし,ビニールハウスのパイプ引き抜きは大変な作業のようだ。市販の引き抜き器を使用すると,パイプの再利用は難しいようだ。解体を依頼すると坪単価は \5000 だそうだ。ヤフオク,ジモティを検索したけど,中古ビニルハウスはあまり出回らないようだ。

コメリ取扱の最安ハウスだと \19800 だ。防虫ネットも付いている。ゴーヤの苗をことごとく食われてしまったのでありがたい。敷地スペースを考えると,妥当な広さだ。埋設ではないので,極端に風に弱いだろうと思う。日本陸軍歩兵野営用の強度と比較するとどうなのか。大概のボーイはキャンプが好きで,小中でテント設営を体験する。それが高校生にもなると興味の対象がガールとか文学芸術に移り,キャンプへの関心は急に失せる。老境に達すると,少年の頃の興味が蘇るのが面白い。

パイプ径が 20mm もない。曲げ剛性は直径の4乗に比例するから,19.1 mm 品は 22.2 mm に比べ,剛性は 1/1.8 にも低下する。テントのように飛ばされないようにワイヤで懸吊しても,強風で変形してしまうかもしれない。パイプのジョイントははめこむだけである。これもテントの要領だ。剛性を上げるには溶接して補強した方がいいだろうか。風圧による力を計算するとわかるが,結構強い。昔の帆船が浜で凪いでいても,カッターで牽引すると沖の微風で航走しだすのと少し似ている。

英国はドイツに比べ工業力が遅れているのに,バトルオフブリテンの戦いをしのぎきった。ルフトバッフェを迎撃したのは,胴体後部がパイプ布張りの戦闘機ハリケーンだった。レーダによる航空管制でハリケーンを待機させ誘導した。日本のレーダは最後まで,敵の飛行高度がわからなかった。山下将軍がドイツ国防軍を視察し,レーダ標的による高射砲システムにほれ込み技術導入したが,その模倣はできなかった。回路をみるとどうって事はないのだが,当時の電子電気工業は恐ろしく遅れていたのかと思う。検波と電子管がどうにもならなかったのだろうと思う。また,米英のように総力をあげてのレーダ開発とはならなかった。陸海軍の縄張り意識がそれを妨げた。いかにも日本らしい。

布張りの RAF 4発爆撃機は無線航法により,ドイツ都市の無差別夜間爆撃を実施した。劣勢の工業力を知恵と工夫で英国がドイツを打ち負かした。果たして,日本の自衛隊はそんな工夫を人民解放軍相手にしているだろうか。鼻から遅れていると見なすのは妥当ではないような気がする。実際,無数の巡航ミサイルとドローンに日本空自と海自はお手上げだろう。戦争は気合ではない。田母神のような考えの持ち主が空自のトップになるお国柄である。そんな人物を選抜する政治家が酷いが,それを変とも思わない国民は亡国の民である。古代エルサレムはローマ支配に反乱を起こした。シカリと呼称された。短剣の意味である。テロ蜂起したが,鎮圧された。ゲリラ戦という発想はなかったようだ。

日本の皇軍が本土でのゲリラ戦を検討し始めたのは,終戦7箇月前であった。結論は日本兵は自立して戦えないという事実だった。日本兵は Star Wars のクローン兵だった。今の自衛隊も事情は同じだろうと思う。その点,中国は古来,遊民盗賊が官兵相手にゲリラ戦を起こした。毛沢東は遊撃戦を呼んでいるが,水滸伝の世界である。100万の陸軍をシナに派兵したが,中国のゲリラを鎮圧できなかった。そんな伝統の陸自が人民解放軍相手に戦えると妄想する方がおかしいと思わないか。何故か,日本軍は臨機応変に戦えないのだ。古代イスラエルの軍事組織と似ている。大国のハザマにあったイスラエルは自尊心のあまり自己を相対化できなかった。現代日本の指導者の安倍小池をみていると,そんな観がある。両者は戦前の近衛東條と何が違うのだろうか。現実をリアルに直視しないのは何故だろうか。民族性なのかもしれない。

農機買取チラシ
新聞に中古農機買取カラー大判チラシが入った。中古を東南アジアに輸出にするのかなと思いきや,モーサテによれば,国内新規就農者に中古農機市場が活況だそうだ。中途半端な中古園芸施設は解体輸送コストを考えたら見合わないのだろうか。耐用年数を越えたら単なるゴミになるのか。もったいないな。

最近,隣に相次いで家が2軒立ったので,どのくらいの日照時間なのか測るのが先だと,思い直した。温室を造っても,日照が確保されないのなら電飾となるが,そこまでやるつもりはない。ゴーヤの苗の育成に失敗した。気温の上昇を待って,播種を遅れさせたのが良くなかったのかもしれないと思っている。

参考
2017/09/15

イチゴ栽培の時給は 900 円

イチゴの施設栽培の場合,2092 時間の労働投入に対して得られる所得は 190 万円だそうだ。時給に換算すると 908 円になる。スイカだと 1263 円だ。思ったほどイチゴは儲からない。韓国からの輸入のせいだろうか。儲からない作物栽培は廃れ,作物によるコストが収斂していくわけでもないのか。作物の適地も関係しているのか。

農水省のデータはどこまで確かなのか。戦後まもなく,吉田茂首相が食糧危機に際して,農水省の食糧備蓄が1週間分と,マッカーサに泣きついたとき,これはウソだった。マッカーサにこの点を問い詰められて,吉田は統計がしっかりしていたら,戦争に負けたりはしないと言い返した。

役所の統計はどこまで信用していいのか。防衛,農水および経産省は統計データを操作している可能性は結構あるのではないか。会計検査院は金の出入りをチェックするだけで,省庁の統計データの信ぴょう性までは査察しない。

もっと酷いのは都庁とか県庁だろう。2045 年の危機には第三セクタの隠れ負債が明るみにでるだろう。京都市京都府は京銀とかが公債を引き受けたがらないので困り始めているそうだ。県債の次は電力ガス社債だろう。今のうちに売れる施設運営権を売らないと,英国のように構造改革はできないだろう。つまるところ議会の調査能力,つきつめれは議員の目的意識,選挙民の資質に関わる。第三セクタが蔓延るのは,利権構造と役人の再就職問題だろう。30年役人を勤めて,できるのは天下りくらいか。それでも日本はロシアと中国に比べたら,まだましだ。構造汚職国家が世界のトップランナになる事は軍事を除いておそらくないだろう。

参考
2017/08/25

圧縮点火ガソリン機関とガスタービン発電

ロイタによれば,マツダが圧縮点火のみのガソリンエンジン搭載自動車を 2019 年に商用化するそうだ。
次世代エンジンは、ガソリンを燃料としてディーゼルのように圧縮着火させるエンジンで、両エンジンの利点を両立させた「まったく新しい燃焼方式と提供価値を実現した」(小飼社長)。エンジン単体の燃費率は、同社の現行ガソリンエンジンと比べると最大で20―30%改善、トルクも全域で10%以上、最大で30%に及ぶ向上を実現し、燃費とともに走りの良さを両立させた。
しかし,株価は反応せず,下落している。EV でないと高株価は期待できないのだろうと思う。

しかし,EV の最大の難点である電池に関して,NEC は日産合弁の車載用リチウムイオン電池事業の売却を決めた。DOL がEVの課題に関して困難な大電流制御を指摘した頓珍漢な記事を掲載していた。大昔から直流電車,というか日本発の京都の市電は確か直流である。今ではサイリスタの電子制御だ。

とにかくEVは電池が決め手で,日本北米の寒冷積雪地では普及しないだろう。欧州は乗馬,馬車の歴史が長いから暖房なしのEVでも気にしないのか。土砂降りの雨の中,ドイツのアウトバーンでオープンカーが走る。多分,1次大戦の飛行機操縦者のような出で立ちなのだろう。ブーツを履き手袋をはめて,車を運転か。

学生時代,マツダのルーチェにレザーのコートを着て通勤する教授がいた。キザだけど,業績は凄かった。ソニーの出井は新入社員の頃から通勤に真っ赤な外車のスポーツカーで通勤だったそうだ。私は中古の軽で通勤した。江戸期,宮仕えの武士(役人)は出仕に金がかかった。上級武士は馬,中級でも供が必要だった。常勤の徒を雇用できない武士はやむなくパートの中間(ちゅうげん)を雇った。虚業の世界では見栄を張るのも必要か。李朝の高級官僚も乗馬だった。

帝国憲法を公布した初代総理伊藤博文は中間出身で下級武士ですらなかった。幕末明治は競争のあるいい時代だった。違憲状態で選ばれた世襲議員による憲法発議はどうなるのだろう。その中心が世襲の我が首相だ。

都民ファーストの若狭勝議員は元検事で世襲ではない。合衆国の政治家エリートと同じ境遇だ。これまでの渡辺喜美とか後藤田正純と異なり世襲でないのがいい。問題は政治資金をどう工面するか。都民ファーストの風が吹くのはせいぜい関東だけだろう。日和見の政治風土である滋賀ですら,その風が吹く感じがない。東は東,西は西だ。東西日本を差配できたのは藤原氏,後北条と徳川氏だけである。明治以降の中央官僚制が異様にいびつだったのだ。

東電が80年代に建設された火力ガスタービンを更新した。新型のメンテナンスは4年に一度でいいそうだ。タービンの診断技術が進んだのだろうと思う。東芝はGEのガスタービンを採用し,三菱はおそらく自社製だろうから,三菱日立の火力発電合弁事業が上手く回らないのも納得だ。
世界の重電業界では、ガス火力発電については、GE(シェア約50%)、シーメンス(シェア約30%)の発電用大型ガスタービンがシェアを占め、日本企業では、三菱重工(シェア約10%)がこれに続く状況です。三菱重工はガスタービンで日立と事業統合し、三菱日立パワーシステムズを設立しています。大型ガスタービンのメーカーは、上記3社にアルストムを加え、世界で4社しかありません。
日立東芝IHIが蒸気タービンを製造していても,ガスタービンとなると全くダメか。古びた燃焼技術の習得が上手くいかないのだろう。航空機用タービンエンジンメーカとなると世界で3社しかない。マツダのエンジンといい燃焼技術は古くて新しい分野なのだろう。

日本が戦前,全く歯が立たなかったピストンエンジン用排気タービンは自動車に搭載されるようになり,「ターボチャージャー市場は米ハネウェル、米ボルグワーナー、三菱重工、IHIの4社でほぼ独占」だそうだ。日本メーカは燃焼をともわないから成功したのか。家の自家用車にはターボがついている。ターボが効くのは長い登坂と高速道路しかない。おまけのような機構だ。太平洋海戦時,米軍は性能の低い日本軍機相手に,排気タービンを省いたエンジンを採用した。F4F,P-38,B-24 などなど。第二次世界大戦中,スペックダウンした戦闘機を実戦投入したのは米軍だけだろうか。欧州戦では当たり前だった酸素マスクを付けての航空戦は太平洋域ではほとんどなかったのか。マツダの新エンジンではディーゼルでは必須の過給機が取付られているのだろうか。販売価格が気になる。

参考