2018/01/22

悲しい戦時下の鉄鋼生産

日本が総動員体制に移行した 1938 年以降の普通鋼の生産高推移をグラフにしてみると,太平洋戦争以前から生産が低下している。これは驚きだ。開戦後は米潜に輸送船を沈められ,粘結炭および鉄鉱石の輸入が減少したせいと考えていたが異なる。鉄鋼産業部門への投資を怠ったせいのようだ。1944 年度には半減した。
WarSteel.png 
中国との戦争下でも,産業は疲弊していた。戦前の陸軍の普通鋼割り当てが多い。普通鋼とは圧延鋼材および構造鋼材である。S10C は軟鋼だけど,機械構造用軟鋼は特殊鋼に含まれるようだ。鉄鋼産業は鉄鋼を必要とする。制海制空権を失った後,陸海軍への割り当てを減らしてでも造船に注力しているのが悲しい。合衆国のように,開戦前に工期の短い輸送船を大量建造すべきであった。蘭印の資源(石油,ボーキサイト)を確保しても,運ぶ船がなかった!

1940 年の粗鋼生産シェアは米(43),独(13),英(9)及び日(3)であった。ソ連は不明?米英 vs 日独は 52:16 であった。ドイツは 2500万トンから3500万トンに増加した。合衆国が大恐慌時,日産 40t の鋼塊生産量に落ち込んだ。200 thousand ton に戻るのが 1940 年だ。戦争が終わるまで 240  thousand ton の生産を維持している。戦後も微増していくから民需がそれだけあった!何と,合衆国は民需を圧迫せずに軍需を賄ったのか。以下のチャートは月次の日産量である。
WarSteelUS.png FRB が提供しているデータだ。日本だと経産省所管データである。合衆国は連銀が経済を制御し,日本は経産省だ。四国の獣医学部新設を国家戦略として策定したのも経産省であった。

以下に示すように日本が 1937 年度の生産に戻るのが 1955 年頃である。18 年要している。いかにシナとの戦争と満州への投資が日本経済の脚をひっぱっていたか。鉄鋼を含めた民需部門に投資できなかった。
WarSteelAfter.gif 

石原がシナとの戦争に深入りするなと東條と争ったが,排除された。そして喉から手が出るほど欲しい石油が満州にあった。後の大慶勝利油田である。ハルビンから 200 km 足らずのところだ。軍事官僚や満鉄を含めた革新官僚に山師の感性を求めるのは酷だ。満鉄にハリマン商会が入っていれば,アメリカ人が見つけたかもしれない。英国の縄張りだったサウジに油田を発見したのはアメリカ人で 1938 年だった。油がダブついて暴落していても,山師に投資するようなのがアメリカ人気質である。

サウジの利権を英国に認めさせ,ドイツソ連の中東影響力阻止が合衆国の国家戦略だったのかもしれない。香港と長崎に米船が寄港する時代から,一貫して日本より中国交易の方がうまみが大きかった。トランプ一族は中国富裕層(官僚)相手のビジネスに力を入れている。TPPがこけた今,対米通商交渉は韓国が苦慮するように対日経済制裁がらみになるのは避けられないだろう。

マネーファースト=中国ファースト

が米英の海洋基本戦略だろう。対中包囲網を築こうとしている安倍外交は猿回しのようにも見える。北がミサイルを撃つほど,安倍外交と内政は上手くいく。「暴支膺懲」の近衛東條の時代とさして違いはないのか。一度,朝鮮に派兵したら泥沼だろう。この基本構造は畿内に存在した大王の時代から変わりようがないのかもしれない。誰が首相になっても,朝鮮出兵か。原発も回せない,石炭火力を建設できない。また,政府は国民に倹約,我慢辛抱を呼びかけるのだろう。これが性に合っているのかもしれない。坊ちゃんだった小泉と細川にとやかく言われる筋合いはないと考えるのが妥当だと思わないか。マスコミの貴種世襲指向はどうにかならないのか。

日本のアメリカファーストは国是として,やむを得ないのだろうけど TPP 参加国のメキシコを少し再考したらどうか。列強との不平等条約改正のできなかった明治政府,メキシコは日本と平等条約を結んだ最初の共和国だった。合衆国と大変だねの意味合いもあったのかな。カナダが離脱しても,それなりにメキシコを遇するのが日本とり,国の品格を示す機会ではないか。メキシコを大切にすれば,中南米諸国の日本を見る目が変わるだろう。合衆国,中国とも異なる大国が極東にあるのだと。

参考
貧国強兵 p25 p102


2018/01/19

身長が最短だった平和な江戸期

江戸は歌舞伎が流行し,一見,文治がいきとどき,平和と繁栄のイメージがあるけど,実際は古墳期から一貫して日本人の身長は低下し,江戸期の女性の平均身長は 145 cm ほどであった。生活水準が向上すると,一般的に伸長が伸びるとされている。

日本統治下の朝鮮人の身長は不明であるが,おそらく日本人より高身長である。台湾は探したけど見つからなかった。一般に台湾本省人,華南人は低身長とみられている。長江流域は太古から米作地帯である。日中韓の DNA はモンゴロイドである。日本統治下の朝鮮は内地より栄養事情が良かったのか。ベトナムは内戦中,身長が低下している。

明治期の身長の伸びより,戦後高度成長期の方が大きい。明治の経済成長はさほどでもなかったのか。多分国民の半分が農民で,しかも大半は小作農であった。収穫の半分が地主の取り分であった。戦後の農地改革(小作解放)が身長増大をもたらしたと言えるか。

最近,身長の伸びが止まり,女性に至ってはマイナスになった。給食が米食になり,乳製品による高たんぱく摂取量が低下したためではないか。

英外相 Boris Johnson がフクシマ産のジュースを飲んでくれている。ナイスガイだ。家人は放射能を忌避して,福島産表示の農水産物を今でも買わない。北朝鮮産のアサリとかマツタケが中国産に化けるように,福島産農産物と魚介物を便宜的に茨城とか宮城に持ち込み産地偽装を公認にしたらどうだ。放射能検査はダイオキシン検査に比べたら,はるかに簡単だ。

放射能と言えば,京都の大文字焼きに使われる宮城産薪の放射能騒動を思い出す。京のボンさんは大文字焼きの灰を販売していたから騒動になった。宗教は印鑑,壺を売ったり,その究極はお札ビジネスだ。氏子でお札と寄付を欠かさなかった父は,靖国神社には寄付していなかったようだ。父はレイテ海戦に水兵として従軍して負傷した。その靖国にも悠仁さまの代には参拝するようになるだろう。日本人が戦うには愛子さまが天皇では困るのだ。

道州制になれば,福島産宮城産の違いもなくなると妄想する。古代の頃,あづまといえば,濃尾以東であった。畿内とは実に狭い地域であった。中国の中原も江南とか山東を含まない。今では,中国人は沖縄も含めて考えるようになった。ローマ帝国の最後はコンスタンティノープルのみになった。中国の高齢化を考えたら,じき軍事費の重圧に苦しむようになるだろう。「一帯一路」は夢で終わる。台湾併合くらいがやっとだろう。

参考
2018/01/15

阿蘇火砕流と核燃料プールテロ

伊方原発のリスクについて思った。阿蘇火砕流が発生して,伊方原発が暴走する可能性とテロリストによる一次保管の使用済み核燃料プール迫撃砲攻撃,あるいは第三国による巡航ミサイル攻撃を想定してみた。阿蘇火砕流の可能性が最も低いのではないか。変な国だ。

四国電力は毎月35億円の損失が出る。法理上,損賠賠償請求をできないのだろうか。喜んでいるのは新電力くらいか。原発を抱えている電力会社は不良資産になって,原発事業を切り離すしかないか。新電力から買電して電力小売りに特化した方が儲かると思う。送電線と電柱は電力会社の金のなる木だ。

高速道路を利用して,金を払わなければならない先進国がどれほどあるだろうか。日本は社会インフラの効率的運用がダメな国である。これは長い長い江戸時代のせいかと思っていたが,朝鮮日本に共通する傾向がある。中国は前漢代に華北と華南を結ぶ運河整備,全国に馬車道も建設した。西欧はローマ帝国の精神が継承された。西欧鉄道標準ゲージはローマ時代の馬車の車軸長さと同じである。中華帝国のインフラは朝鮮日本に適合しなかったようだ。古代に奈良と京都を結ぶ国道1号線を建設したものの,廃れた。何故か,日本は馬車の必要性のない社会だった。

社会インフラからみると,合衆国と中国は似通っている。日本は電力も東西で周波数が異なる。電圧の違いはトランスで簡単に変換できるが,周波数はそうはいかない。こんな国が対中韓でマスコミが煽っている。どこでおかしくなったか。なにかの不安不満をそらすためだろうが,民度は明治の自由民権運動が挫折した頃と大した違いはないのだろう。

参考

2018/01/12

航空エンジン生産数と中国アルミ生産

2次大戦期の航空エンジン生産台数を Wikipedia により,まとめてみた。
GBR        URS        GER       JPN
149,659  138,829  84,681   67,697

ドイツの生産台数が英ソと比較すると,極端に少ない。エンジン再生に力を注いでいたのか。日本はいろんなデータを廃棄したので漏れている数も多いだろう。これに膨大な数量の合衆国が連合軍に加わる。劣勢の日独が異様に頑張っていたと言えそうだ。

BMW801 28,000  M-25    13,888  Sakae  30,233
DB605    42,400  ASh-82 70,000  Kinsei  12,228
DB600      2,281  ASh-73 14,310  Kasei   16,486
BMW132 12,000  ASh-62 40,631  Homare 8,750
GER        84,681  URS    138,829  JPN     67,697

戦前の航空機エンジンの部品をみると,アルミだらけだ。単発機だと平均すると 2.5台の予備エンジンを必要した。耐用時間が短った。100 時間連続して回ると,陸海軍の審査が通った。実際は離陸時の緊急出力,高空での使用もあるから到底 100 時間の実運用は不可能であった。機体にしても,終戦間際に大西海軍中将は軍需にも携わり,松下電器に木製化艦爆の製造を依頼している。その頃にはアルミの在庫が尽きていたのだろう。

もう日本はアルミ精錬していないのに今でも価格は高い。日本と北米のアルミ用途別割合をみると,あきらかだ。容器は,

日本 北米 %
10.9 22.2

アルミ地金は中国 55.4 %,ロシア 6.0% を生産する。日中航空兵器の生産能力をアルミでみると,日中紛争は自殺行為である。アルミ消費国トップ10に,英露仏が含まれていない。この三箇国の潜在的航空兵器生産能力はさほどもない。日本と比較すると,韓国の航空兵器生産能力は侮れない。

参考
2018/01/05

EU離脱と英国鉄鋼ランキング20位

アイスランドの地政学
ノーベル文学賞受賞のイシグロがストックホルムでスピーチした。ノーベル兄弟はロシアのバクー油田の利権により財をなした。スラブ族が覚醒するはるか昔,北方ゲルマン諸語族の一派がノブゴロドに都市を築いた。ルーシ(ロシア起源)の始まりだ。レバントで開始された麦作は西へと伝播し,北方のスウェーデンには 10世紀である。北方は寒冷なので当然だろう。当時ヨーロッパ最大の文明地域はビザンチン帝国である。北方諸族は交易を求めて河沿いに移動してコンスタンチノープルを目指した。交易品は毛皮,金そして奴隷である。黒海周辺は西欧世界によく知られていた。古代ギリシャが栄えた頃には,ギリシャの胃袋を支えた穀倉地帯だった。彼らにとり川と陸路が海路より容易だったのだろう。ノルマン人がシチリアに王国を築くのが11世紀である。
NATO.png 
西欧はフランク王国が分裂すると,王家が乱立して絶えず争った。ソ連が崩壊して,やっと西欧各国の軍備削減が始まった。オランダ陸軍は戦車を廃止してトルコに売却した。ソ連が台頭する以前の脅威といえば,イスタンブールが首都のオスマントルコだった。国家が争うとしたら,大抵は隣国である。ピョートル大帝がバルト海に面したペテルベルグに遷都した頃の仮想敵はスウェーデンだった。スウェーデン,ロシアおよびプロイセンは三すくみ状態だった。

イングランドは北海沿岸のアングルサクソン族が移住後,デンマーク周辺のデーン人が襲いイングランドを支配したかと思えば,イングランド王ハロルドはノルマン公に過ぎないウィリアムに破れた。その後,英仏は百年戦争を経て,ドイツが台頭するまで延々とナポレオンまでの時代まで争った。イタリアに至っては都市単位で争っていた。日本の戦国期が西欧の平常状態だった。西欧王家は政略結婚を常とした。ハプスブルグ家に至っては婚姻で欧州の覇者になった。ドイツが領邦国家に分裂していた頃,イングランドとロシアの皇后供給地であった。

古代ローマから税は貨幣であった。日本の租税が金納にかわるのは明治維新である。各国は貨幣を鋳造したけど,金利を忌避したカソリック教義により,宮廷ユダヤ人とバチカンが金融を担った。ノーベルの石油事業に投資したのはイングランドの資本家だった。終戦直後何故湯川が受賞し,戦前の北里とか山極が受賞に至らなかった事由に何がしかのイングランドとユダヤ系資本の影響があるとするのはうがった見方だろうか。

かつての覇権国であったスウェーデンとオーストリアはその後,中立政策をとった。黒海,地中海,ビスケー湾,北海そしてバルト海は海路でつながっている。ストックホルム国際平和研究所の会費はユーロではなくポンドである。ロシア,ドイツとも距離をとりたければユーロではなくポンドなのか。しかし,実際はユーロが流通している。古代フェニキア人が錫を求めてイングランドまで到達していた。錫は青銅器の材料である。ナチスが台頭した頃,印欧族の原初地は黒海のステップ地方とみなされていた。今ではアナトリア説が有力になっている。実際,ヒッタイトは鉄器によりレバントを襲い,エジプトと覇権を争った。ドラマオーメンでは両大国が戦ったカデシュから出土した剣のみがアンチキリストを滅ぼせる設定となっていた。聖書記載の宿敵ペリシテ人は今のパレスチナの語源だけれども,セム系ではなく印欧族(海の民)である。

イングランドがEUを離脱し,スコットランドが残留を希望している。オランダ,デンマークおよびスウェーデンはドイツ語の方言に近いが,政治的にはドイツを距離を取ろうとし,イングランドに接近する。陸路ではなく海路による交流である。グリーンランドはデンマーク領である。スコットランドとグリーンランドとの間にアイスランドがある。上図の地図はアイスランドの重要性がわかる。2次大戦に参戦した合衆国はいちはやく,アイスランドとグリーンランドに進駐した。ドイツ潜水艦対策である。英国はまさかの同盟国フランスの脱落により,大西洋につきでている軍港ブレストがUボートの出撃基地になり,作戦海域までの日数の大幅短縮になり,少数の潜水艦でも戦果が飛躍的に上がった。劣勢のドイツ水上艦は単独で濃霧にまぎれてグリーンランドとアイスランド海峡を突破するしかなかった。絶えず,レーダ搭載英重巡がピケット艦になっていた。一方,日本海軍は広い北太平洋をかつおまぐろ漁船を目視による哨戒艇にしていた。

その後,レーダは航空機に搭載されるようになり,夜間浮上航行中の潜水艦を探知できるようになった。独潜水艦の運用効率は下がった。米海軍は中立国のアゾレス諸島にも哨戒機リベレータ海軍版 B-24 を配備した。2次大戦は空の戦いになった。戦後,米ソによる東西冷戦が始まった。ソ連海軍は潜水艦を整備したものの半ば諦めていた。東西ドイツが最前線となった。圧倒的に優位にあるワルシャワ条約地上軍に対して,NATO は空軍と核兵器により対抗する計画であった。ドイツには戦術核が持ち込まれた。巡航ミサイルにも核が搭載された。その運用は在独米軍ではなくドイツ連邦陸軍であった。ワルシャワ軍の前衛は東独である。同一民族に対して核を行使する計画だった。米軍は ICBM を空軍の管掌にしているけど,V2 兵器がドイツ陸軍の所管だったように弾道兵器は砲兵の延長という考えが大陸では主流だ。核弾道兵器は海軍空軍を無力化する。軍事大国の合衆国大統領ケネディが悩んだのがキューバミサイル危機だった。安倍のように北の脅威を単に朝鮮有事と捉えるのはいかがなものか。もう少し,軍事史軍事科学的に捉えたらどうかと思う。

イングランドとマンダリン
敵国の立場に立って考え,対策方策を練る。毛沢東はかつてソ連および合衆国の核兵器を張り子の虎と呼んだ。自力で核ミサイル戦力を配備すると,貧しいけど国連安全保障常任理事国になった。北朝鮮は中国と旧日本をお手本にしている。ドイツは核武装の選択を止めた。天然ガスを仮想敵から輸入し,ソ連との融和を図った。東西ドイツが統合しようとも,ロシアはもうドイツは脅威にならないと悟った。不安になるのがポーランドだ。ポーランドは NATO に加盟して安堵した。ドイツの武器は経済力である。マルクを独仏共通のユーロとして,英仏を離間させた。EUの内実は独仏枢軸である。そのEUが日本と再来年 EPA を発効する。日独仏の枢軸なのか。イングランドの戦略は非ユーロ圏との連携である。そのひとつがノーベル財団のあるスウェーデンだ。三脚が安定しないように,とにかく3箇国は安定しない。イングランドが目をつけたのは中国だ。英露,英印協商はあり得ないからだ。情報宣伝がたくみでネームバリューのある英国だが,文化大国としての側面が強い。金融を除けばパッとしない。でも19世紀に清朝マンダリン(官僚)に食い入った歴史と実績から勝算はあるのだろう。

衰退した英国鉄鋼産業
韓国電力公社が英国原発事業を買収した。イングランドは売れるものなら何でも売るかつての中国みたいなものだ。サッカーのプレミアリーグをロシアとサウジが保有している。大衆紙ミラーが英軍艦(Royal Navy)の鉄鋼材料は自国製でないと,政府を批判している。政府は外国製鋼材はスウェーデンと韓国製で国益に合致していると釈明している。スウェーデンは中立国で英国と同盟関係ではないものの深い関係にある。韓国もスウェーデンに準ずる関係とは知らなかった。そのうち王立海軍は中国製鋼材に置き換わるだろう。自動車ローバは中国ブランドだ。ミラーは Financial Times とは視点が異なる。日本にもこんな大衆紙が欲しい。日本のスポーツ紙は大新聞社系列だから二番煎じだ。週刊誌は発行部数が落ちて文春以外もうだめだ。

英国の核戦力の中心は原潜だ。原潜は自国で建造するものの弾道ミサイルは合衆国製である。造船所はイングランドではなくスコットランドにある。ソ連の軍艦がウクライナの黒海クリミアで建造されたのと同じようなものか。ウクライナがロシア CIS から離脱するとクリミアを回収した。スコットランドが独立すると,軍港と造船所はイングランドの飛び地になるのか。

戦後体制は黒海沿岸のヤルタ,地中海のカイロで会談が行われた。冷戦の終りは 1989 年の地中海のレーガンゴルバチョフのマルタ会談だった。これらも上図の地図にある。

日本はソ連を除いた世界 3% の鉄鋼シェアで米英に立ち向かった。酷い鉄鋼不足だった。もうドイツですら,2次大戦型の総力戦を戦えない。現代中国は世界を相手にできるほどの生産高シェアだ。統一朝鮮はどうなるだろうか。じきインドの鉄鋼生産は日本を追い越す。イングランドのランキングは20位である。英国人の感情はいまだにインドとオーストラリアは植民地である。英国にハンドリングされるのではなく,適度な距離感が必要だろう。産官による過度の英国投資は疑問だ。中国人とかインドのような人口を抱えていない限り,衰退を始めた民族が再興する事はない。日本も例外ではない。

参考
貧国強兵 p25