2018/04/18

Web リアルタイムチャート表示と欧州優先戦略

初めての JavaScript
ブラウザに日報チャートをようやく表示できるようになった。表示の仕組みを理解できても,プログラミングが上手くいかなかった。バグの原因がわかると,いつもながら拍子抜けする。

本来ならサーバプログラミングなのだろうけど,無料ホームページ上にこだわったので PHP が使えない。JavaScript を学習しながら,コーディングした。

日報と軍事恩給
日報と言えば,陸自派遣日報だろうか。加藤陽子が戦前の日報等はしっかりしていたと言う。兵士の恩給,加給に密接に関わっていたからだそうだ。そういえば,父も軍役手帳を大事に保存していた。戦後は官の矜持がなくなったのか,終戦直前の大量文章焼却のならいなのか,公文書保管もいい加減になった。年金履歴はさいたるものだろう。

合衆国は退役軍人庁があり,履歴を保管している。兵士は軍法により,脱走は死刑の最高刑,軍籍剥奪の不名誉除隊がある。不名誉除隊だと軍歴はなかった事になり,軍人年金,軍人病院のサービスが受けられなくなる。第二次世界大戦で,米兵の戦死率の高い兵種および戦闘地域は,太平洋戦線だと潜水艦乗員(海軍)と欧州戦線では航空兵(陸軍)だった。どちらも志願兵で構成されていた。B-17 爆撃機の損失率は太平洋戦線の B-29 と比べると信じ難いほど酷い。B-17 が B-29 に比べるとショボかったというと,そんな事はない。太平洋戦争初期,日本海軍の 20mm 機銃でも撃墜困難の頑丈さだった。

ドイツ防空軍はレーダにより迎撃戦闘機を誘導していた。日本軍にもレーダがあったけど,日本製は高度がわからない。飛行高度別に三層待機すると会敵率は単純に考えれば 1/3 になる。当時の戦闘機は 3000 m上がるのに6分以上かかる。そんな事したら,あっという間に燃料切れになる。飛行高度測定可能なレーダは山下将軍のドイツ視察団が知った。それから 1945 年になっても製造できなかった。レーダ(防空および測的兵器)の重要性を認識しなかったせいだろう。戦後の防衛も米軍をお手本にしている筈なのだが,兵器システムは陸海空バラバラの視野狭窄のままのようだ。自衛官の能力が諸外国に劣るとは思えない。同じヒト族である。社会文化的なものだろうと思う。

陸自は海自の支援砲撃および空自の直協を受けられない。どこの陸軍も海空に優越し,支援要請と訳しているが,実際は命令である。米海兵は米海軍に従属しているのではなかった。合衆国の太平洋諸島侵攻作戦では海兵揚陸司令官が米海軍戦闘部隊を指揮していた。JBPress の田岡の論拠は結論は合っていても,前提がおかしい。陸海並列の弊害が大きかったのは戦前で実証済みだ。陸自優越をはっきりさせないと,日本型組織ではうまく回らないだろう。

役所も現首相が経産省出身を重用しているせいか,おかしくなった。戦前は内務,陸および海官僚が仕切り,おかしくなった。戦後は大蔵だった。経産省の前身は商工省,興亜院,企画院だった。革新官僚の巣窟だった彼らが,出来損ないの対米総力戦を描いた。戦後,マイナ官庁が LSI 研究組合の成果およびエネルギ利権を武器にシニア官庁にまでなった。合衆国のように国家経済諮問会議は民間主導がいいだろうと思う。いまどき,ソ連中国方式の経済再生政策がうまくいくはずがない。自民党はもう古過ぎてダメだが,代替政党がない。困ったものだ。

合衆国の欧州ファースト
欧州戦線は陸軍主体で太平洋戦争は片手間だった。日本陸軍も主戦場は中国戦線で軍事予算の過半を費やしていた。太平洋戦争末期,米海軍機動部隊が中島の武蔵野宇都宮製作所を簡単に破壊し大戦果をあげた。一方,欧州の第8航空軍は大きな損害を出しながら戦果は緩慢だった。その欧州最優先の米軍がアジアの朝鮮ベトナムで苦戦したのにもかかわらず,欧州優先は揺るがない。

合衆国は多数の同盟国を抱え優先順位を付けざるを得ない。一方,日本の軍事同盟国は合衆国オンリーである。日本は等方位外交を止めて,軍事関係の優先度をはっきりさせて外交を進めるべきだろう。米仏英連合軍は国連に何ら諮る事なく,シリア空爆を実行した。変な国連重視は辞めるべきだろう。日本の国連分担金は合衆国に次ぐ。中露韓が日本に侵攻しても,国連が何をしてくれるというのだ。

日本陸軍にとり太平洋戦争は片手間であり,片手間の米軍相手に本土封鎖され,中国本土の日本軍は游兵になったうえ原爆も落とされた。戦後も中国と軍事的にかかわると,そんなところだろう。尖閣とか中国市場しか見えてない現日本の状況は,合衆国の欧州ファースト同様,戦前と大した違いはないのか。文化歴史とかは変えようがないのかもしれない。

参考
2018/04/11

フリーライダ日本の譲歩は何だろう?

首相が訪米する。表向きは北朝鮮問題だろうが,トランプ大統領にフリーライダは許さないと日本を名指しされ,安全保障上重要国指定から外された安全保障がらみの対日経済制裁問題だろう。

この交渉戦略を練るのがどうも,今井秘書官らしい。戦前の FDR は隔離演説をしてから対日経済制裁(道義的禁輸)を発動した。当然,日本はフリーライダではないよう努めますと弁解するのだろう。手土産に首相は何を持参するのか。日米交渉が行われている筈だ。日米貿易交渉の元締めだった麻生は日米 FTA 交渉はないと宣言していたから,財務省の不祥事もあり辞任か。

合衆国通商政策指揮官が中国との交渉を言明した。日本は何を譲歩するのだろう。家人は牛肉だろうと言う。思いやり予算を増額しても,合衆国民に伝わらない。天皇とかの公用車をアメリカ車に変更するか。国土省の出先機関,陸自師団長等の公用車をアメ車に替えれば,アメリカ産品購買運動にいいかもしれない。とりあえず,朝鮮有事の名目で合衆国製兵器の調達前倒しだろうか。それとも日米 FTA 交渉開始か? 

日米安保と不可分の自由貿易はタダではないので,当たり前でもある。麻生の頭がおかしかっただけだ。幕末の通商交渉は幕府が門前払いを重ねた結果,ペリー艦隊の派遣となった。その経緯は百も承知での交渉だろう。安倍の「圧力と対話」は対北鮮だけでなく自国にも適用される。実に皮肉だね。

不浄な女
市長が土俵で倒れ,穢れを忌嫌ったのか それとも縁起が悪いのか塩が撒かれたそうだ。大相撲の暴力,八百長,賭博が穢れとどんな関係があるのか知らないが,実に日本的で興味深い。宮中の神事も穢れを極度に嫌い,陛下の勤める神事は大変らしい。京都に住んで上京の葬式に参列,玄関脇の盛り塩を見て,原日本を実感したものだ。高野山の奥の院も女人禁制である。日本のみそぎを司る天皇は女特有の穢れを考えたら,女天皇論議は無意味だろう。天皇は古代イスラエルの大祭司みたいなものだ。当然清い大祭司は男で世襲だった。初代はモーセの弟アーロンである。創造された神話である。古代ユダヤ族も不浄を極端に恐れた。不浄は神の罰とみなされた。大体,人間の考える物語神話には大した違いがない。女は男のできそこないだ。女がそそのかされて男も知恵の実を食べる。もうこれは潜在意識にも組み込まれているので,この種の事象に西欧の関心を呼ぶ。

西欧だと聖水がある。洗礼バプテスマもそうだろう。船の進水式に女性が酒瓶をぶつけて割る。日本の鏡割りもそうかな。海外TVドラマをみていたら,すし職人が主人公の日本刀に水を注いで霊力を高めていた。くだんの事件も日本のメディアが伝える高級紙よりは Daily Mail のような大衆紙の方が重要だろう。それは Yellow Paper の煽情的記事から排斥やがて戦争につながったからだ。記者会見では渦中の首相夫人問題とからめて,この種の質問があるかもしれない。側近達の準備は怠りないとは思うが,日本の記者会見のような出来レースでもないので要注意だ。以下は 100 年前の合衆国記事中の挿絵。
Exclusion.png 

合衆国は日露戦争のスポンサかつ調停者になりながら,日本が大勝すると黄禍論と相まって反日,日系人の排斥となった。加州が日本人の公立小学校入学を拒絶したのだ。それから日米開戦まで20年の歳月が必要だった。人口が減少し衰退しつつある日本を合衆国が排斥するのはあり得ないと考えるのは早計だ。イランはさほど国力がないのに極端に排斥されるのは何故か。イランとサウジの違いは何か。同様に日本と韓国の違いは何か。ヒト族は相手に自分を投影置き換えて物事を考えられる稀有な生物である。

経済的譲歩で済むならそれに越したことはない。それにしても,TPP11 の各国は冷淡だったな。。。アメリカさまのご不満は合衆国民の総意とみるべきだろう。合衆国は民主主義の国だ。日本は? 日本は神の国,神国日本だ。このステレオタイプが西欧のお気に入りである。

小池都知事のように朝鮮学校を排斥するのではなく,このような時期だからこそ,ぬかりなく優遇すべきだ。ドイツ北欧のように狡猾になれるか日本。大国,とりわけ合衆国には細心の注意を払い接するべきだ。日本に諜報機関が欲しい。憲法改正より大切だと思わないか。

参考
2018/04/06

沖縄交付金 泥亀 NTT軽油節税?

政府予算案が国会を通過する予定だ。予算の内訳をみると,税収が伸びているので国債発行が減少している。地方交付税も減っているのはいいが,各都道府県の既得権を変えるのは至難のようだ。沖縄の米軍基地負担(迷惑)料は軽減されていない。沖縄より一人当たり交付金の多い県は沖縄なみに減額するか米軍基地を誘致すべきだろう。米軍基地のない道府県は沖縄の迷惑料を負担すべきだろう。県内に米軍基地を誘致するインセンティブをつけるのは理に適っていると思う。

島根は国のパラサイトになっている。しかも竹島を煽っているから なおさら性質が悪い。以下は1人当たりの地方交付税ワースト県 単位は円。島根と鳥取を合併させると,さらに状況が悪化する。財政状態がいい県に吸収させるべきか。多分これらの県は自助努力は期待できない。本来なら,以下の県が特区構想を提案すべきなのだが,そうもいかないのだろう。島根,鳥取および秋田の知事はロシア韓国中国との交易推進しているのだろうか。沖電気の方が言っていたけれど,日本 IBM と沖の違いはトップセールス活動だそうだ。これらの知事は粉骨砕身しているだろうか。親方日の丸か。
島根 448,352
高知 393,212
鳥取 375,130
秋田 350,290
国保の保険者が守山市から滋賀県に替わった。高齢化の進んだ財政基盤の悪化している自治体の負担軽減とされる。県内の収支をみたら,意外と大津市がワースト(単位千円)である。県庁所在地の赤字を東近江市,甲賀市および野洲市が負担する。これはシナの歴代王朝の都市居住の官が周辺の農村を収奪して繁栄していたのと似ている。大津は富を産まず,消費しているだけである。その典型は県庁役人だ。滋賀県は給付に必要な費用を給付とあるが,市町村に賦費を課していないとは思えない。JR大津駅前はサラ金の看板が林立していた品のない都市であった。たまたま膳所藩が尊王だったので大津が県庁所在地に選ばれた。せめて西国譜代筆頭の彦根と膳所の中間に設置していれば,ましだったような気がする。県庁の肥大化をどう防ぐか。今年は滋賀知事選挙があるが,結果は見えている。

公営ギャンブル(オンライン舟券)の収益をどう増やすか。衰退の激しい京阪に見切りをつけて名古屋商圏とどう つないでいくか。幕末には彦根藩と尾張藩が連携したではないか。知恵を出そう。大阪にカジノができたら,競艇舟券収入が減るかもしれない。というのは大阪維新はカジノと住之江競艇の相乗効果くらいは考えているだろう。横浜カジノは風俗特区も狙っているだろうから,大阪ですら勝てないかな。西部劇をみると,酒場,賭博,売春はセットだった。人口が増えてくると,立ち退かされた。小学生の頃,ガキ仲間と市内を探検するようになると,〇本町の一角に奇妙な建物があった。探検して市内をうろついているのも禁止されそうで何となく親に尋ねるのをはばかった。長じて,娼館跡だったと知った。戦後,合衆国の禁酒法を真似たのか,売春は非合法になった。カジノ都市シンガポールの売春事情はどうなのか。

大津市    484,891
高島市    449,857
長浜市    417,415

東近江市 217,139
甲賀市    167,083
野洲市      19,439

海自潜水艦
海自は泥亀潜水艦しかないので 哨区海域まで往復するだけで日数を食われてしまう。今は横須賀と呉から出航している。水中巡航速度はおそらく 5kt 以下だろう。沖縄の米軍基地を呉に移設して,呉の潜水艦基地を沖縄移設交換してブンカーを建設すればいい。佐世保は対韓国潜水艦作戦には向いているけど,直近の脅威は中国海軍潜水艦と潜水艦発射巡航ミサイルだ。中国潜水艦の通りそうな海域に潜んで待ち伏せするわけだ。

テレビを観ていたら横須賀所属の海自潜水艦は湾を出たら,すぐ潜航するらしい。訓練は近場のようだ。尖閣海域へ哨戒する際は,太平洋戦争当時と同じように夜間浮上航行しているのだろう。沖縄戦の頃は日中,夜間とも米海軍航空機によるレーダ哨戒が厳しく全く浮上できなかったそうだ。ちなみに AIP 潜水艦の戦闘速力は蓄電池により発揮され 数時間しかもたない。潜水艦の抑止力は潜水艦がいるかもしれないと思わせる事だ。英海軍の原潜のようにフォークランド封鎖宣言を出したらアルゼンチン海軍の水上艦 補給船は島に近づけなくなった。中国が尖閣を封鎖宣言したら海保は近づけなくなる。封鎖宣言をできないようにするには海自潜水艦を忍ばせておけばいい。

キューバ危機ではソビエト船団を間接護衛していた露潜 B-59 が米艦隊に向けて核攻撃寸前までいった。中国原潜を追い詰め過ぎると,核による反撃も考えられる。現代だと艦隊上空に核兵器を炸裂されたら艦隊は簡単に戦力を喪失するだろう。尖閣が中国により封鎖されたら,ウクライナがクリミアと東部2州を実質 割譲したように尖閣の実質支配を放棄するのが賢明だろう。尖閣に拘り過ぎると対馬,北海道東部が怪しくなる。韓国と北朝鮮の融和ムードをみると意外と朝鮮統一は早くなるのかもしれない。今や核兵器は弱者貧者の兵器になった。怖い時代だ。2次大戦時,ドイツのUボートの出港帰港時には高速艇の護衛がついた。日本は長大な海岸線があるのに海自は沿岸防備用の艦艇に関心がない。困ったものだ。

大戦末期のウルシー環礁攻撃の晴嵐搭載の大型潜水艦2隻は大湊から出撃した。横須賀,呉,佐世保は 空襲のリスクが高かったのだろう。ウルシー近海まで3週間要している。夜間浮上充電 14 kt,昼間水中数 kt だから やはり運用効率が悪い。航空機だと 200 kt だ。通常型潜水艦の運用効率は悪いけど,AIP だと11日間連続潜航待機していられるのは尖閣防衛に向いている。多分,中国海軍の通常型潜水艦も同海面下で待機しているのだろう。

その昔,米潜はスービック湾の基地を破壊され,真珠湾と豪州フリーマントルから長駆 日本近海まで出撃した。日本商船暗号は解読されていてウルトラ情報として米潜艦長に伝えられていた。海自に日本商船隊護衛計画はないような気がする。そんな訓練をみた事がない。種子島から宮古島まで固定の聴音ラインを敷設するだけで中国潜水艦の攻撃はできないけど動向はつかめる。ローテクだけど自国製にせず合衆国に提案させて購入したらどうだ。海自の機雷保有数もネットからは不明だ。写真から見る限り,高価そうだ。陸自同様 海自も国防方針が不明だから迷走を始め現在に至っているのだろう。まあ70年間 平和だったのが何よりの幸いだ。

クリーンディーゼル油
ロイタがVWが買い戻した車置き場の様子を公開している。荒地の収容所を思わせる。1箇所当たり1万台である。買い戻しは 2019 年末まで要し,経費は $250 億以上だそうだ。当たり前だけど,ディーゼル油をガソリン並みに不純物を除去すれば,車に搭載する高価な改質器が要らなくなる。京都市はてんぷら廃油を市バスに使用する馬鹿げたプロジェクトをやっていたけど,後報を聞かなくなった。確かにディーゼルエンジンは大抵の油でも動くが,排ガスが酷い事になる。

第二次世界大戦中,石油大国の合衆国は油井から産出する原油をそのまま,潜水艦の燃料としていた。ドイツ日本のように滑油効果を調製する必要がなかった。ドイツ合衆国のディーゼル(軽)油は日本と比べると,かなり汚いと思う。そして世界中の貨物船は無調整生炊きだろう。日本の内海フェリーですら,煤塵をまき散らして航海している。国産精製軽油を焚いていないのだろうか。この油を漁船に横流しすれば漁民は大いに油費節約になるのかな。小さな漁船は脱税だけど灯油を燃料としているのだろうと思う。JR機関車はバスと同じ軽油を焚いている。脱税もせずクリーンだ。どうも NTT は非常用ディーゼル発電機の燃料を灯油にしているようだ。公社時代からの慣習だろう。我々も軽油の代わりに安価クリーン灯油を使おう。不平等な課税は社会に不満をつのらせるだけだ。

世界政府でもできない限り,NOX SOX は減らない。EU が問題視する CO2 より,大気,湖沼,海の汚染の方が危険だと思う。その点,原発はクリーンだ。ドイツの環境政策は偏っているというか,おかしい。中国政府はそのあたりを認識して,石炭から一気に天然ガスに移行しようとしている。石炭に含まれる毒物は半端ではない。石炭を原料にしていた東ガス大ガスの工場跡地の高汚染度は容易に想像がつく。その名称が夢洲とは皮肉ではある。大阪万博予定地だ。

NTTが節税のために軽油の代わりに灯油を使用していたNHK記事のリンクが切れた。誤報だったのだろうか。2018-04-06
NTT.png 

節税は国民の権利である。NTT は大企業なのだから,国税庁と争えばいい。トヨタとかは税務当局と二重課税について争った。この件は,国民のためにもなる。税の不公正はいけない。

参考
2018/03/23

万博と森ビルと核シェルタ

政府マスコミが観光立国を推進している。毎日も中国からの春節観光客向けデパートの垂れ幕広告を掲載していた。かつて日本がバブル景気に沸いていた頃,Forbes 世界長者番付で堤義明が数年,トップだった。

今でも,毎日不動産投資,アパート経営広告メールが3通来る。インフレにならないと,金は退蔵されたままだから,政府の老人資産を使わせる政策は利に適っている。しかし,それが不動産投資が最適なのか,どうかは一概に言えない。我が守山市に隣接する野洲市の人口は 2010 年をピークに減少していき,守山市は 2040 年になっても増加するいい加減な予測だ。守山の増加率は東京世田谷区と同じ 1.98% である。近畿圏の人口動態予測では,大阪の女が環境悪化を嫌い,家庭を滋賀に移すシナリオになっている。確かに大阪圏の住宅は狭く,マンションの天井は息が詰まるほど低くプアだ。しかし,大阪の再開発が進んで,高層マンションが林立するシナリオも考えられる。しかし実際の大阪府の GDP は減少の一途を辿っているから,その可能性は少ないかもしれない。その昔,関西の長者は大阪で仕事をし,居住は芦屋とか奈良だった。その代表は松下幸之助である。ニューヨークのトランプタワー,東京の六本木ヒルズのようなニーズはないのかもしれない。大阪は単なるスラム街になるのだろうか。住友と吉本が東京に移転した理由を考えれば,妥当かもしれない。スルガ銀行の株価が下がり続けている。シェアハウス融資が嫌われたらしい。東京五輪前にバブルがはじけてしまうのか。リニア新幹線の大阪延伸は 2045 年の予定だ。その前に年金制度が 2039 年頃に破綻するから,工事を続行する金が尽きているだろう。

破綻してから消費税を上げるか,その前になるかはわからない。現代フランスのような一般消費税 20% では足りなく,25% くらいだろうか。国内での産業は製造業は半減,存続しているのは農業とサービス業くらいか。スイスも観光立国の機械金融しかないマイナス成長の国であるが,消費税率は低い。その代わり極端な物価高である。スイスには富と権力の象徴となるような宮殿,邸宅もない質素な国だ。自公政権の目指す国家はどうもフランスに近くなるようだ。農民を保護し,労働移民を受け入れ,観光資源を大切にする。

Newsweek によれば,トランプ大統領の義理の息子の不動産事業がはかばかしくないようだ。合衆国は空前の株高だが,不動産バブルはまだら模様のようだ。不動産といっても,投資対象はいろいろである。トランプ大統領は堤義明のように観光開発を得意としていた。オフィスビルに特化していたのが森一族だった。大阪には進出せず,上海に投資している。Jトラストの大阪アパートファイナンスは妥当なのだろうか。大阪のメインストリートの店子は銀行がなくなってブランド店に替わった。金融のニーズがなくなり,高額商品購入者が増えたのだろうか。その人たちはどこに住んでいるのか。マンションアパートに投資するなら高級か貧困層向けのどちらかだろう。といっても,人口自体が半減するのだから,リスクは結構高いと思う。個人投資家なら不動産相場が急落したら買いだろうと思う。不動産投資はバブルがはじけてからが妥当だろう。はじける直前に銀行が勧めるようなババを引くのは最悪だろう。銀行が倒産するようになったら,その焦げ付いた資産を買うのはありだ。なかなかそんな状況にもなりそうもない。

マスコミが報じる合衆国のビジネスおよびライフスタイルは中国人には向いているだろうが,日本人はフランスを参照した方が良さそうだ。かつてフランス人(欧州レポート)にうさぎ小屋に住む働きバチとかエコノミックアニマルと呼称されたのがウソのようだ。

2040 年,守山市の人口が増えて野洲市が減少する予測だが,どこまで当たるかどうか。多分,はずれだろう。問題は一人当たり GDP を増やせられるかどうか。フランス並みの成長を継続できるか。これまでは前日銀総裁の言う通りであった。
GDP.png 
上図のように,アベノミクス効果ではなく,日仏とも世界の好不況に翻弄されながら成長してきている。経済は価値の比較から始まる。基準はドルである。不動産評価も変な日本国基準ではなく,合衆国フランス基準で,醒めた感覚でみるべきだろう。意外と,中国の富裕層がその感覚に近い。西国に腰を据えるようになって思うのは,かつての畿内農家の蔵の立派な事。それを支えたのは絹とかの商品作物でコメではなかった。富の源泉を何に求めるか。合衆国は言うまでもなく,広大な国土と石油だ。戦後日本の繁栄の源は冷戦構造と安価な石油だった。両者が崩壊しても,上図のように人口が高齢化しても,それなりにこれまで成長してきたが,この適温経済はいつまで継続できるか。消費税が低く高物価のスイス,もしくはそこそこの物価と高消費税のフランスになるか。

確かなのは交易が富を産むのは事実だ。それに伴い,生産性の低い分野が淘汰される。フランスのように安価な労働力を抱えるのはどうかなと思う。合衆国はフランスの産品が安価な移民労働に依存しているのを揶揄している。まあフランス人のバカンスは安価移民労働のおかげでもある。これはピューリタン原理に反する。日本の過労死もどうかと思うが,スイスのような勤労観は到底,中国人には無理だろうし,スイス経済がお手本になるのかなと思う。スイスにはこじゃれた建築が皆無だ。バロックもロココも無縁の貧しい社会だった。食事も呆れるほど不味い。物価が高いので,必然的に質素な生活になる。無理無駄を省く。日本も中国に不動産投資するのではなく,スイスが日本に投資するように,そんな国にならなければならない。日本が合衆国や中国と同じパラダイムで投資しても勝てるわけがない。ソニー東芝モデルは破綻した。おそらくパナ三菱日立モデルも破綻するだろう。合衆国と中国への投資は意外とリスクが高いと思う。それは何故か,競合相手が中国合衆国そのものだからだ。両者に対抗するには巨額の資本と多くの労働人口を要する。そんなビジネスモデルがうまくいくはずがない。日本の自動車産業も,トヨタ社長の迷走を考えたらピークを越えた感がある。

スイスのようにスキルのある優秀な外国人が日本で働いてもらえるようにするにはどうしたらいいだろう。堤義明流のリゾートモデルが破綻し,オリエンタルランド USJ の成長も翳りが見えた今,箱物リゾートは人口が急減するなかで,中国人頼みの観光モデルはどうなのかとも思う。パリ市が万博誘致から降りた状況と上図の GDP をみても再考してはどうだろうか。「会場建設費(1500億~1600億円程度)は国、自治体、民間で分担」だそうだ。夢洲の津波対策と地盤改良(住金と大ガスの工場跡地)だけで結構な金額だと思う。南海地震対策と防衛施設を兼ねて市民避難対策関係に予算を回した方が良くないか。米軍による空襲で焼け野原になってもシェルタが皆無という国はレアだと思う。まあ,広島長崎にもシェルタがないのだから能天気ではある。中国の核シェルタが気になり検索したら,日本の核シェルタ普及率 0.02%,ソウルが 300% が出てきて驚いた。ネットとは江戸期の「言わざる」の対極だ。デタラメだろう。どうも,中国にはないようだ。これは説明がつく。西欧の中世社会は領主と領民は契約と保護の関係にあり,領主は領民を保護した。中華文明は封建制が発達せず,農民は官の収奪対象だった。既に殷代より,その傾向はあった。兵士,職人は城壁外に居住していた。漢代になると,商人,官吏が城壁内に居住した。中華の歴史において,農民が城内に保護された時代はないのではないか。それだけ西欧に比べると平和だったとも言えるが。これは日本にも当てはまる。日本最大の城構えだった小田原城でも,農民の城内避難はなかった。西欧の牧畜民移動は家畜女子供を伴い,農地獲得が目的だった。合衆国開拓の歴史をみれば,先住民族がどうなるかは明らかだろう。しかも,申命だから性質が悪い。

国富を何に費やすか,我々は古墳,大仏に国富を費やした末裔である。中国ローマのように道路建設に金を費やす発想はなかった。それだけ平和だった事の反映だろう。朝鮮有事のスローガンと大阪万博誘致を矛盾と考えない政府国民の心性をどう考えたらいいのだろう。日本海軍の職業軍人ですら,戦艦大和を建艦すれば何とか対米戦に備えとなると考えたバカさ加減だった。その海軍最後の兵器も役立たずの滅私奉公を具現化した人間爆弾「桜花」だった。古代イスラエル人は神に愛されるが故に異民族に迫害されるというマゾ指向の民だった。それでも,聖都エルサレムは長大な城壁に囲まれていた。国民も自衛隊も何を何から守っているのか,考えようともしない不思議の国,日本。つくづく日本は天皇陛下を中心とする神の国なのだろうと思う。だからこそ,下級官吏が自殺しなければならなくなる。儒学の一派である朱子学は官僚が皇帝に殉ずるのを究極の忠とみなした。朱子学が今なお健在というよりは,江戸期の徳目が現代公務員を律しているのは,すばらしい。西欧の悪徳高位聖職者が恥じて,自らの命を絶ったなど聞いた事がない。日本史上最悪の天皇は後醍醐帝である。悪党を重用した。悪党だった楠正成は江戸期の倒錯した本朝論で武士の鑑になった。盛り土で官吏が死なねばならない。靖国に祀るべきだろう。いつの時代の神でも殉国奉公を欲するものだ。西欧イスラムでは殉教者がもてはやされた。韓国ではテロリスト安重根が義士となった。これも殉国である。靖国精神と天皇をいだく日本人を信頼しない合衆国民は賢明である。盛り土で殉教するのだから,お国のためなら,なおさらだろうか。中国ドローン相手に殉国する自衛隊員は「桜花」の時代と何が違うのだろうか。何かと日本人に揶揄される中国だが,王朝最後の皇帝は恥じて縊死を選択したものだ。残念ながら,日本の天皇は自死を選択したのは皆無に近い。これは幼帝が多かったり,傀儡だったから仕方がない。

日本の保守が明治 150 年を自慢するのも納得だ。軍旗を逸して殉死した乃木希典と盛り土で自殺した官吏が重なる。すばらしいな日本。現代の後醍醐帝は誰だろう。武装を放棄していた小作農の倅を駆り立てた太平洋戦争,憲法改正したからといって中韓の脅威が緩和されるわけでもない。シェルタもない日本は平和なのか愚かなのか,よくわからない。日本の世襲政治家が翼賛政治をリードするのは確かだろう。NHK が憲法改正時期を和暦を使わず,2020 年と何気なく言っていた。改元が迫っているせいだろう。盛り土がこうまで注目されるのは何故だろう。何か民族の琴線に触れたのだろう。古墳造営の記憶が蘇ったのか。盛り土問題は土地信仰をないがしろにしたせいもあるのかもしれない。

参考
2018/03/19

カンボジア農機ファイナンスと海外寄付送金規制

合衆国農民の操作するコンバインの機器が戦車エイブラムスのようなデジタル機器囲まれ驚いた。合衆国には日本のようなJAがなく,地元の銀行が融資貸付を行う。カンボジアでも農機リースが盛んなようだ。東南アジアに投資しているJトラストのパートナは農機,バイク購入資金をタイ内外で供給し,急成長を遂げた。

どこの国の農業でも農作業の省力はニーズがある。以前,ゴミみたいな自転車を山積みしたトラックが国道9号線を北上していた。日本海から北鮮に輸出されていたのだ。農機のニーズも大きいだろう。北鮮が崩壊したら,農地はどう分配されるのか

合衆国資本主義誕生が大規模農園の多かった南部ではなく,独立自営農民主体の北部だったのが面白い。個人の創意工夫が評価される社会でないと,資本主義は発達しない。現代日本資本主義停滞の過半は人口高齢化と人口減少で説明がつくだろうが,ソ連(ロシア)とかフランスの停滞と似ている点が気になる。どちらも中央集権官僚主導国家である。まねる お手本がなくなると,官僚の国家指導が迷走する。獣医学部創設が国家戦略になってしまった。

戦前の最悪の国家プロジェクトはアヘンビジネスだろう。満州で栽培したアヘンを豊かな華南(上海)に持ち込む。主導したのは陸軍と岸らの革新官僚だった。経理は大蔵官僚がした。塩タバコの専売公社の実績があったからだ。こわいのはこのビジネスを企画したのは明治の元勲ではなく,東大陸大のエリート教育を受けた官僚が案出した事だ。大日本帝国は貧しすぎて,大英帝国のようにファイナンスする資金がなかったのだろうか。満州工業化に費やした金のいくばしかを農業にファイナンスしていればと思う。しかし,過半が小作農でファイナンスのしようがなかった。北鮮もそんな状態だろう。

野口先生が,
マウントゴックス事件の際に、本来、説明されるべきだったのは、「取引所に預けていなければ被害にあわなかった」ということだ。
と述べている。貨幣の歴史が長い西欧では,John Law の詐欺まがいの債券以来,仮想通貨の類である政府発行紙幣を信用せず,フランス農民は今でもナポレオン金貨を退蔵していると言われている。中国人と似た発想である。橋下徹は日本国紙幣しか信用しないとツイートしたらしい。安倍に気に入られるはずだ。しかし,日本経済が極度のインフレに襲われたらどうなるのか。ベネズエラのデジタル決済,最小リアルコインを廃止したカナダとかの状況を頭の隅に入れて置いた方が良さそうだ。

封建制は西欧と日本だけ生じた。その両者の大きな違いは貨幣である。10世紀のイングランドでは地代は既に貨幣であった。日本に地租が導入されたのは明治維新以降である。9世紀遅れである。今でも土地信仰,土地資本主義が根強い。

仮想通貨を取引所に預けたままにするのは,銀行の勧めるまま投資信託を買うのと同じである。投資信託は基本的に賭場と同じである。本来の信託の趣旨は喜捨,寄進,寄付のように宗教的なものだ。賭場に財産を預けるのは,いかがなものか。DOL によればコインチェックが 1363 億円を移動したそうだ。これが事実なら横領だろう。この会社の顧問は長銀(新生銀行)出身だ。考えさせられるものがある。

PayPal から外国に寄付しようとしたら,拒否された。

Paypal.png 
PayPal によれば,
個人による資金調達および慈善活動による資金調達、融資、株式提供によるキャンペーンモデルは、現在日本ではサポートされていません。   個人による資金調達には、個人または家族の医療費、葬儀費用、教育、獣医からの請求に対する募金活動などが含まれます。 慈善活動による資金調達には、登録された慈善団体、学校、スポーツチームなどの組織をサポートするため、またはほかの個人へのサポートを提供するための寄付金によるキャンペーンが含まれます。これらのキャンペーンは、一般的に以下の方法で実行されます。 すべての資金が慈善団体またはグループに入る金銭による寄付 収益のすべてまたは一部が慈善団体またはグループに入る商品の販売 キャンペーン主催者が、投資家に対して、通常は利子付きで返済を約束して借りる融資パッケージを寄付する個人が関与する融資によるキャンペーン  何らかの株式または会社の株式を受け取る個人が関与する株式提供によるキャンペーン。  PayPalでは、PayPalの利用規定ポリシーに違反する可能性のあるキャンペーン、または下記などの法令、規則、条例、規制要件に違反する活動はサポートしておりません。 通貨換算 借換可能な債務 宝くじおよび賭博行為 儲け話  
PayPal 関東財務局長第00026号

競艇舟券オンライン決済OKなのに,何ともまあ財務省は国外寄付送金は認めていないようだ。コインチェックは無認可だ。不動産取引する際,認可業者じゃないと,融資は論外だ。例えば,無認可保育園に乳幼児を預けるのはかなりのリスクだ。というか,普通の親ならしないのが普通だろうか。PayPal は日本政府の規制を遵守しているわけだ。当たり前だけど,てるみくらぶのように政府に登録していてても破綻する。パチンコホールには許認可が必要だ。ホールが破綻したら,プリペイドカードはどうなるか。換金のための景品(疑似通貨)はどうか。

現金(日本国貨幣) -> プリペイドカード -> 鋼球(パチンコ玉)-> 景品 -> 現金(日本国貨幣)

遊技組合は警察利権だ。横浜のカジノはどうするのだろう。検索したら,ホールは おサイフ携帯による決済が可能だったので,財務当局規制に抵触しないのは何故だろう。という事は競艇パチンコは賭博ではないし,カジノも賭博ではない。不思議な日本の法律と運用だ。憲法9条と同じなのだろう。法文と実態が乖離しても関係がない。官僚がルールだ。これは日中とも同じ原理だ。
イ.商号: 株式会社てるみくらぶ 
ロ.主たる営業所の所在地: 本社営業所  東京都渋谷区渋谷二丁目1番1号 
ハ.代表者: 山田 千賀子 
ニ.旅行業の業務の範囲: 第1種旅行業 
ホ.登録番号: 観光庁長官登録旅行業 第1726号 
ヘ.弁済限度額: 1億2千万円 
お金と寄付に対する考え方は日本と西欧ではかなりの隔たりがある。NHK の資本主義を特集した番組では,そのあたりは全く触れられない。日本の資本主義は韓国中国の疑似資本主義,市場開放経済の方が親和度が高いのではないか。三菱は MRJ の FAA 審査をなかなか受けられない。大手都市銀は合衆国での不正行為により,多額の制裁金を SEC に課せられ,三菱以外は合衆国から撤退した。

信用,信頼とは何か。工業製品の信頼性でも似た側面がある。西欧の金融の歴史は1千年の歴史がある。しかもキリスト教とからみ合っている。聖書に利子の話がいくつも記載されている。古事記日本書紀はどうだろう。利子と道徳の関係は中国の唱える政経分離というわけにはいかない。孔子は貨幣経済が盛んになる前の人だ。朱子は少し考えたようだ。日本人が律法の精神に馴染まないのは明白だから,やはり儒学だろうか。中江藤樹,山田方谷とかに遡らないとダメなような気がする。利子を深く考えない,西部邁とか三島由紀夫の類は論外だろう。負の自然利子率から反転,イールドカーブが急変したら,どうするのか。年金制度破綻は 2039 年とされる。ただし,これは戦争とかがなく,自然の人口減少とゼロ成長を想定している場合である。おそかれはやかれ北鮮は崩壊する。中国の消息筋が BBC ではなく NHK に正男暗殺の経緯をリークしたのは安倍政権への謎かけみたいな呼びかけだろう。多分,北鮮崩壊に備えての地ならしなのだろうと思う。

日中の秘密交渉に入るべきだろう。先の朝鮮戦争のような特需はない。朝鮮有事はマイナス成長の可能性が大だ。のちほど朝鮮特需について述べます。国債による見かけの経済成長はマイナス成長を先送りしているだけである。

長々書いたけど,結論は日本の内外ダブルスタンダード(憲法9条とデジタル決済)
                           国内向           海外向
オンライン賭博       OK               NG
オンライン献金寄付 OK               NG
日米協同武力行使   ガイドライン  War Manual

参考