2018/09/28

浸水避難豪雨目安と情報入手確認

野洲川が決壊すると,私の住む地域は 0.4m 未満の浸水となる。膝上高さだから,当然自動車の床上である。自動車を避難させないと修理費用がかさむ。岡山の浸水状況をみるとあっと言う間の出来事である。野洲川下流域は天井川である。決壊する前,もしくはゲリラ豪雨でも車を退避する必要がある。

守山市の月間降水量の多い6,7,9月は 200 mm を超える。居住区域の排水は農業用水路に頼っている。用水路の上流は田んぼがなくなり住宅が増える一方である。田んぼの遊水機能がなくなり,ゲリラ豪雨だと,一気に排水路の水位が上昇し,オーバフローするだろう。隣の栗東市は高層ビルの脇に申し訳程度の遊水ピットを設けている。雨が降ると,貯めるバッファがなくなり用水路自体の河床断面積に依存している。断面積と勾配から限界流量は簡単に算出される。自動車の避難場所は既に決めている。皆考える事は一緒だから,早めにいかないと駐車スペースがなくなる。自治会が異なると駐車は難しいかな。駐車場所を確保できなければ,新幹線,国道1号線を越えてさらに隣の栗東市に自動車を避難させなければならない。

電子国土 Web
車の避難場所探しに電子国土 Web が標高表示もあり使える。避難場所までの距離は Google Map により 1.5 km,標高差は8mあり,勾配は 0.5% になる。
HinanMap.png 
この位の勾配を目視で探すのは建て込んでいると難しい。守山市にはこぶ状の地形とか東京のような坂はない。

石破防災省構想
広島の水害の映像を見る限り,勾配が住宅地になり急激に緩くなる場所で発生しているようだ。勾配が急変しても河床幅を増したり,河床深さを深くするのは建設費が増えて,裕度のある土木設計はできなかったのだろう。名もない排水路の設計は県土木部の担当だ。江戸期の治水は領主は庄屋層に丸投げしていた。庄屋層は自腹で隷属農民を使役して河床工事し,新田開発もした。瀬田川のような重要河川になると幕府が御用金を出金して豪商に丸投げ改修した。これら作事は賄賂の温床だった。公儀のお役人は地元との地縁はなく,任期制だった。調べてはいないけど,幕府天領あるいは諸藩の飛び地における一揆は外様より多いのではないか。雄藩でなくとも中小譜代でも藩政改革ができた藩もあり,幕府の腐敗が酷かった。その中心は中小譜代出身の福沢諭吉のような幕臣である。現代の高級官僚に相当する。右翼番組を観ていたら,石破が防災省の設置を掲げていた。合衆国の FEMA を真似るそうだ。

石破は防災省が地方を指導すると言う。話を聞いていて原子力保安院を思い出した。治水は原子力以上に個別事情が異なる。〇〇地区の私権をどう制限し,治水対策をするか。防災担当大臣がいて中央防災会議を主宰している。堤防河川の管理は国土交通省,防災を担当する消防庁は総務省担当,緊急避難,重機を備えている防衛省が既にある。

太平洋戦争時,合衆国沿岸警備隊はラバウル包囲戦に投入された。防災省を創立するよりは,自衛隊を拡充して非常事態宣言が出されたら,即応させた方がいいのではないか。工兵を充実させて人材を登用すればいい。戒厳令下の危機対応訓練にもなる。中国の鉄道建設は PLA 工兵の所管である。合衆国の大河川の堤防建設管理も陸軍工兵の担当である。危機とか防災対処は省庁の横並びではなく,自衛隊(防衛省)優先にすべきだろう。実務業務のない省庁は文科省をみればわかるように賄賂が蔓延する。各自治体が水系と住民自治を考慮して防災委員会を設置すればいいだけのような気がする。

どうしても防災省を設置するなら,ムダな文科省を改組して要員を再訓練して充当したらどうだ。3.11 の際,百貨店を担当していた審議官が原子力保安院の広報担当だった。実務をしない中央官僚が防災を担当しても,実務経験のない軍事官僚が兵卒を指揮した惨状を思い出すのも必要だろう。何も起きなければ少数定員の防災省でも問題がない。危機的事態に指導しますと言って,実務ができないで何をできると言うのだ。

豪雨レーダ
単位時間当たり 50mm のゲリラ豪雨だと,アンダパスが冠水して車から出られなくなる。その頻度は増える一方だ。アメダスの測定結果はタイムラグがあり参考程度だ。気象庁の雨雲の動き(高解像度降水ナウキャスト)と今後の雨(降水短時間予報)が役に立つ。豪雨レーダがあるらしい。夜間の空模様は目視では確認のしようがないから,これも役立つ。予報では平面的だが,雨雲高度を立体的にとらえる。戦前の防空レーダとは雲泥の違いだ。赤色表示が 50-80 mm/h である。合衆国の FEMA は車載竜巻レーダを運用している。

ライフスタイル
都賀川水難事故では,2分で水位が1m以上上昇した。河床での川遊びはそれなりのリスクを考えてやるべきだろう。小学校の校外自然学習でも救命ベストを身に着けていない。私は子供に園児の頃からベストを着用させて川遊びをさせた。子供の通った自由学校は着用なしだった。

大阪,東京および名古屋の零メートル地帯に地下鉄が運用されている。路面が冠水すると,換気口を伝って雨水が流入する。排水ポンプの能力を超えると,地下鉄の冠水が起きる。
SubwayFall.jpg 

Subway.jpg 

こんな状況も想定して,地下鉄を利用しなければならない。幼児を連れた場合は要注意だろう。足の不自由な老人はどうしたらいいのだろうか。天命か。無人改札駅がこれから多くなる一方だろう。最も怖いのは冠水による停電である。

素人が思いついただけでも,多くの事案が想定できる。未来の防災省に何ができるだろうか。気象庁,都道府県土木部および消防署らが一体となって,市長が中心となって対処計画を立案すべきだろう。市長が無関心なら,それは選挙民が当該市長に負託したのだから,それはそれで仕方がないだろう。国が一律にやると,保育園と幼稚園のばかげた縄張り争いの類が増えるだけだろう。石破を評価していたけど,ボケたのかな。そう言えば彼も世襲政治家だった。

電気自動車の耐冠水性と消火
普通自動車の空気取り入れ口に比べると,排気管の出口高さは低い。電気自動車の電池は床下搭載だ。電池収納ボックスの水密性はいかほどか。ホンダとトヨタが足が不自由になった老人用の改造仕様とか特別仕様車を販売している。車種は普通乗用車で床が低い。床下が高いのは SUV である。

JAF によると,「ハイブリット車(HV)・電気自動車(EV)は、むやみに触らないようにしてください」とある。どうも冠水したら絶縁低下が起きるのか。使用電圧を考えたら当然か。これからの時代,車が動かなくなりました。車を押してく下さいと呼びかけられても近づかない方が安全だ。というのは車内のヒトは感電しないけど。車外のヒトが手を触れると,車 > 手 > 心臓 > 足 >地面 と電流が流れる恐れがある。駆動電圧は 400V である。直流だから商用交流に比べるとはるかに危険だ。私は HV 車とか一見してわからない。有人であろうと「水没した車に近づくな」が鉄則だろうか。12/24V の良い時代は終わった。自己責任で救出活動をすべきか。燃えている家に飛び込むには勇気がいる。そんな感じだろか。火災の救出活動不作為は法に問われない。自動車もOKだろう。

自動車の交通事故車両も同じだろうか。ガソリン車の場合,事故直後でなくとも徐々にガソリンが気化して引火爆発する恐れがある。日本海軍装甲空母大鳳は被雷後,ガソリンが気化して4時間10分後に大爆発を起こした。艦載機は爆弾魚雷を投棄,燃料は空にして着艦していた。これは火災が怖いからだ。

日産によれば,「必ず電気火災用の消火器(ABC、BCまたはCタイプ)を使用」とある。地下駐車場の放水スプリンクラーは不可か。よくまあ,こんな電池自動車を売りますな。HVだとガソリン自動車と電池自動車の火災が重なり,どんな惨状になるのか。無用なリスクを回避するには地下駐車場は使わず,立体駐車場だとできるだけ下の階にする。大型商業施設の駐車場は立体化する一方だ。

電池の信頼性はどの程度か。日産 Leaf が自然空冷で驚いた。灼熱の砂漠とか酷暑の大都会でどの程度動作するのかな。この酷暑では充電は不可能だそうだ。そりゃそうだろう。充電スタンドを空冷にでもするのかな。日産の誇大CMが凄い。まあ,アリゾナ州とかモンタナとかでは間違っても売れないと思うが。Tesla だとエアコンを On でも走行できるようだ。充電可能かどうかはわからない。Tesla ユーザには 50℃ でエアコンなしで走行するもの好きも居るのか。乳幼児とか老人は無理だろう。

経産省の計画によれば,2017 年のEVシェア 1.2% を 2030 年に 25% にするそうだ。どんな補助金,優遇政策を採るのだろう。EVの電力の素は LNG だ。輸入する合衆国産シェールガスがどこまで下がるか。円安にならなければいいが,合衆国の貿易戦争が激化すれば長期的には円安は避けられない。戦前の岸信介ら革新官僚による出来の悪い統制計画を思い出す。こうまで大陸中国の動向に過敏なのは興亜院の遺伝子か。電池は日中韓の寡占である。アメリカ人がそんな電池を好んで使用するだろうか。

2030 年代の車の冠水と火災は結構こわいな。アメリカ人が電池自動車をどこまで受け入れるか。経産省はとうとう,戦前のように退廃したか。地方分権にしないと日本全体が沈没する。腐った国政から日本の改革はできない。地方交付税団体ではない自治体は
最も不交付団体の市町村が多いのは愛知県の17団体となり、次いで東京都の11団体、神奈川県8団体、静岡県6団体などとなりました。
明治維新は密貿易の恩恵があった薩摩長州鍋島等の西国雄藩が主導した。近未来は東南海が主導できるのか。その前に巨大地震が来たら,どうなるか。その前に自動車産業が斜陽化して,そんな可能性が全くなくなるのが妥当か。悲しい現状だ。やはり,英国のようにいかに衰退していくかを真剣に考えるべきか。かつて帝国だったオーストリアが参考になるかもしれない。それにしても関西経済力の落ち込みは酷いな。戦前の日本経済は1次大戦の大好況,シベリア出兵,関東大震災,大恐慌,満州事変,泥沼の日中戦争,太平洋戦争で終わった。

新しい時代はバブル崩壊,中国台頭,急激な人口高齢化,合衆国政治の変調,そして地方の疲弊,一体何が残るか。ロシアのような中央集権国家になるのかとも思うが,指導者がいない。人口減少に目をつぶる大阪維新もどうかしている。それでも売れる市営地下鉄があるだけでもマシか。30年後,はたして市営地下鉄を買う企業があるかどうか。土地取引がないのに高どまりの地価。財政破綻と人口急減が同時にやってくる。認識の甘い安倍も石破も指導者としては疑問符だな。出でよ新指導者。

参考
2018/09/07

ひげトリマと自衛隊サッカー大会

格安理髪店に行くと,無精ひげをトリマでカットする。これまで ひげをハサミでカットしてきたが鏡を見ながらの利き手と異なるハサミの操作は難しい。トリマを検索したら,AC駆動はもはやなく,以下のようになった。

ブラウン ヒゲトリマー 【0.5mm幅・20段階長さ調節】 BT3020                   \2690
HeroGreen ヒーローグリーン HG500-K [メンズグルーミングセット ブラック] ¥891

後者は乾電池駆動である。価格は前者の 1/3 だ。最も肝心なのは刃の研磨と固定刃との摺動状態だ。スカスカだったら,勢いよく刃が運動してもさっぱり切れない。千円以下で刈れるだろうか。学生時代にカミソリを Schick に換えて以来,数十年になる。2重刃なので長いひげを剃ると,簡単に詰まる。トリマだと刃自体が振動するので そんな心配は不要だろう。

Schick 替刃価格とブラウントリマの価格がほぼ同じとは驚きだ。恐らく Schick の利益率は驚異的かもしれない。奉職時代は毎朝,タオルでひげを蒸してから剃っていた。日本にはガス瞬間湯沸かし器があるので さほど苦にならないが,西欧だとどうしているのか。コックをひねっても高温の温水は期待できない。ボイラからの伝熱損失が大きいからだ。実家の洗面器は温水ボイラに近かったので熱湯が出てきた。

西部劇をみると,熱湯を入れた陶器ポットがタオルとともに部屋に用意されて,ガンマンがひげを剃る。第2次世界大戦の映像をみると,勝者と敗者の違いがひげをみればすぐわかる。海戦は数日で結果がでるので,ひげ面はない。合衆国で最高ランキング評価のドイツが製作した潜水艦戦作品がある。Uボート乗組員はひげを剃らない。米海軍潜水艦水兵は太平洋の長期パトロールにもかかわらず,無精ひげの水兵はいない。使い捨て安全カミソリの特許は 1901 年の合衆国であった。

フィリッピンを失った米海軍潜水艦部隊は真珠湾および豪州フリーマントルから東シナ海に出撃した。太平洋方面潜水艦部隊は太平洋艦隊司令長官ニミッツの直率だった。潜水艦長の作成する Action Report はニミッツに供覧されるわけだ。魚雷の不調かそれとも取り扱いの不適切かで現場艦長と海軍兵器局がもめたとき,ハワイの岸壁に向かって試射してその不調が明らかになった。当時の日本海軍魚雷は当時の民家一軒分の価格だったから,米海軍でも軍縮時代には試射をできなかったのだろう。

米海軍情報部がもたらすウルトラ情報,高性能炸薬魚雷,潜水艦搭載SJレーダ索敵追尾,VHF 無線電話により米潜による日本商船の喪失はうなぎ上りだった。1944 年10月日本は68隻を沈められた。毎日2隻沈んでいた。それに要した魚雷は 799 本である。日本も同年3月89隻の商船を建造してガンバリをみせた。しかし日米両国は発想が 180 度異なった。合衆国は開戦前,まず建造期間の短い輸送船を 200 隻建造したけど,日本は開戦の年の12月にたったの4隻であった。軍艦建造を優先していたわけだ。仕掛の長い立派な軍艦を日本海軍は欲しがった。やたらヘリ空母とかイージス艦を欲しがるのと同じだ。これら艦種は1佐が乗艦するからだ。有事になったら,外国籍のコンテナ船は日本の港に入港しなくなる。日本商船の船員は船長を含め中国人とフィリッピン人ばかりである。合衆国は自国民船員を軍属としてリザーブしているが,日本にはそんな制度がない。

日本の戦争計画だと,漁船員の徴用そして水産高校の改組拡充だろう。自衛隊は誇り高いのか軍属制度はない。第二次世界大戦中,米陸軍輜重兵の 60% が黒人徴兵だった。米海軍は兵站設営も含めて全て志願兵だった。黒人志願兵は別に組織され海軍設営隊となった。一方,日本海軍は日本国民ながら徴用工として,基地設営に朝鮮人を動員した。石原都知事の言う第三国人扱いであった。

合衆国は無用なトラブルを避けるためなのか,将校,下卒そして朝鮮人と分けて捕虜収容した。沖縄戦では さらに民間人用のテント食糧を用意して侵攻した。民間人が余りにも多いのでグアムに確か 6700 人強制送還した。

自衛隊には軍法がないので営倉がないようだ。懲罰房とも言う。民間だとパナソニックとかJR西日本には反省もしくは教育部屋がある。日本 IBM にはそんな部屋はなく,即出社できなくなる。モンゴル出身の力士朝青龍は謹慎の意味がわからなく,モンゴルでサッカーをした。動員の際の身分をどうするのか,懲罰をどうするのか。在日を動員徴用したときのいざこざをどうするのか。どうも自衛隊員を含めお役人には教育反省部屋がないようだ。かつての憲兵士官と同等の好待遇である。有事徴用される我々には教育反省部屋が用意されるのであろう。

朝鮮有事になると,押し寄せる難民収容所を何処に建設収容するのか。現在の定員は 1800 人である。西日本入国管理センターは手狭である。
Camp.png 
拡張するとしたら,万博記念公園もしくは阪大構内をキャンプにするか。隣接する民間ゴルフ場を収用するのは無理だろう。合衆国による日系人の強制隔離収容所が参考になる。1箇所当たり1万人収容した。建設資材を手当てしておいて,合衆国は収容所建設を難民に担わせた。収用計画のアイデアは 1936 年である。5年の準備期間が必要だったのか。ナチスは政権を取った 1933 年に開始していたから,こちらからヒントを得た可能性の方が高いか。日本は 2007 年に強制収容計画を立てた。場所は都から遠い国有地だろう。硫黄島かな? それとも国有地の 42% を占める北海道だろうか。

類推するに日米高高度迎撃ミサイルの命中率は 20% 以下だろう。ちなみに中韓海中発射巡航ミサイルの阻止率は0%になる。理由は日本の索敵レーダは高度 150m 以下では無意味だからだ。これはベレンコ中尉亡命事件以来なにも改善されていない。超低空で侵攻する航空機ミサイルは空自の想定外である。レーダを防御する対空火器もない不思議な空軍である。警備兵も実銃を携行していないだろう。江戸末期と大した違いがない平和な日本だ。

電動カミソリ使用歴
これまで,レミントン セイコーを使用してきたが,首の剃り残しの不満と剃り味が良くなかった。セイコー製はクリーンカットと名にはふさわしくない商品名だったが,価格.com だと「価格登録がございません」の表示だ。レミントンは銃器,タイプライタ,織機の老舗だったが,そのブランドは多分,分割されて売却されたのだろうと思う。合衆国は自動車同様,銃器も欧州勢に勝てない。

セイコーは台東区に工場を有し,戦時中は一大兵器工場だった。主に魚雷部品とか航空計器を製造していた。戦争末期,昭和天皇は軍事参議官の長谷川海軍大将に軍需状況を査察させて,大将は5月の魚雷製造はゼロと報告した。海軍は米軍の空襲を想定していなかった。ドイツは航空兵器の工場をV2を含め地下にした。当時,海軍工廠は海竜蛟竜などのミゼット潜水艦を大量建造していたけど,魚雷がなかった。ちなみに特攻兵器回天は 420本製造されたから,その運転員は3倍の 1200 名近く養成されたのだろう。海軍は予科練を大量公募してこれに当てた。関東および九州の陣地構築状況の様子は梅津参謀総長が報告している。昭和天皇(木戸幸一)はこれらを勘案して,統帥部の継戦続行を却下した。水際陣地がないばかりか,火砲を装備しない急造師団だらけだった。その砲弾充足数はたったの7%だった。それでも軍部は継戦を希望した。理由は簡単である。負けたら失職して俸給がなくなり家族を養えない。戦争を始める前に,終戦後の軍人の再就職も考えて戦争しなければならない。朝鮮有事を最も恐れるのは自衛隊である。介入が不調に終わったら,そのリストラがあるからだ。

有事に戦意を煽って,どうやったら未成年の特攻兵を公募できるだろうか。それを考えるのが文科省防衛省の官僚の仕事だ。中卒の青少年を特攻兵にどう育成していくか。ドイツにはヒトラユーゲントがあった。日本も従来の在郷軍人会,青年団の他に真似て設立した。戦後も存続している。高野連のようなスポーツ団体ともつながりが深く,高野連は長らくナチス式敬礼による選手宣誓を行い,行進は軍隊式である。髪型も陸軍将兵のように坊主が推奨されている。明治 150 年祭に軍人の参加ははばかられるので,その代替として体育大学生が動員される。

倒錯した滅私奉公スポーツ精神
日本は先進国のなかで唯一,組織的大量特攻兵の動員に成功した国家である。それを支えたのは天皇官僚制だ。天皇自身は一言も特攻しろとは命令していない。軍官僚が天皇の威光を利用した。この構図は今でも変わらないだろう。国体は天皇臨席なので止められない。射撃だけでなく,銃剣道もその種目のひとつだ。国体は日本がファッショに向かう頃,始められた。高校野球とか銃剣道を純化していけば,特攻兵の育成にも役立つだろう。自衛隊も積極的に,球児を受け入れ自前の球団を設立したらどうだろうか。自衛隊の野球チームは千歳,青森、富士、岩国、防府にある。

米TVドラマをみていたら,イラク派兵米海兵連隊長付の先任曹長がやかましく各隊の下士にひげを剃れと詰め寄る。立派な口ひげをたくわえた衛生兵と口論になり,懲罰だと言い放ち,気まずい空気になる。この衛生兵は海軍所属である。海兵用避暑帽を被らず,ゲリラ特殊部隊のように迷彩模様の布を頭に巻いている。

酷暑の中,災害出動した陸自はヘルメット着用である。せめて避暑帽を貸与したらどうだ。日本の軍官僚なぜ こうも冷たいのだろう。思いやりがない旧軍からの伝統は変えられないのだろう。高校球児も熱波の中,試合をする。もうこれは神事に近いのかもしれない。日本の神事は苦行である。ご高齢の天皇陛下もしんどい正座での神事を痛み暑さ寒さにも耐えて執り行っている。

楽をしたらアカンという様式はいつ頃から芽生えたのだろうか。その究極は靖国特攻精神だろう。滅私奉公だけども,軍事組織が特攻を是とした考え方と社員を過労死に追い込む会社組織は同じにみえる。中国と戦争となったら,また特攻兵を募るのだろうか。自己犠牲を強いるスポーツは実に美しいと日本人は考えるが,これは本来のスポーツ精神に反する。日大アメフト部は旧軍と同じだった。。。

米海兵,米陸士および空軍士官学校に野球はないけど,フットボールはある。米軍は戦地にスポーツを持ち込む。自衛隊は外地に何を持ち込むのだろうか。銃剣道か。野球よりはサッカーの方がいいような気がする。自衛隊のサッカーチームは全国に24チームある。好感持てるな。でも,隊員数の割りに陸自が余りにも少ない。何故だろう。

古代オリピアでの人気競技は戦車競走だった。日本の江戸期大相撲のようにパトロンがおり,金が動くプロスポーツだった。大ガスが都市対抗で優勝したけど喜んでいるのは総務と社長だけと言われている。一般社員は応援に動員される。一般の人気がないのか,TV中継がない。一方通販ばかりのローカル局が高校野球の地方予選を放送するが,近くの団地の公園では子供がキャッチボールをするのを見た事がない。サッカーばかりだ。しかも女の子が混じっている。NPB とノンプロを頂点とする野球も合衆国を発祥とするスポーツとは言え,日本化した。JR北海道は4千億円の国庫補助が決定したけど,今でも都市対抗有力企業である。独占企業が多い。毎日新聞の紙面が都市対抗野球で埋まっている。これら大手企業は広告主でもある。ノンプロ球団の運営に3億円必要だ。3億円を広告宣伝に回してもその効果はしれている。ガス会社JRは独占で営業しなくても売れるし,掛け売り債権は優先して回収されるから焦げ付く事もない。参加企業をみると,制服のある企業が圧倒的に多い。合衆国では制服は軍服と同一視されて,人気がない。NPB も企業が保有している。

ちなみに NPB の平均観客数は世界有数である。国鉄が球団を手離し,西鉄,近鉄,南海がなくなった。阪神と西武はどうなるだろうか。20世紀は日本人にとり,鉄道と野球の世紀であった。私の指導教授は満鉄のアジア号を語った。戦後はそのエートスは新幹線となったが,30年かけて新線を建設している間に,中国は毎年,豪州を横断する距離を敷設してそのメッキがはがれた。今はリニア新幹線である。滋賀県は嘉田知事時代,新幹線栗東駅建設をドタキャンした。JR西日本は大阪圏の新線建設に熱心だ。地価にも影響を及ぼすだろう。鼻が曲がるような臭かった大阪駅構内トイレは改善されただろうか。このトイレを利用する度,東京との格差を実感したものだ。これからの日本,中央集権は弊害の方が多い。もうそろそろ,天皇臨席の国体を止めたらどうだ。県庁役人と県警の自己満足だろう。酷暑の中学校部活も大会の成績プレッシャから顧問の独断では練習中止できないそうだ。暑さのため,部活をサボったら,恐らく干されるのだろう。

日本経済は今なお,1930 年代の国家総動員体制を年金制度から始まり,健康保険,社会人野球,国体,新幹線まで引き摺っている。徳仁天皇の御代になってもその傾向は変わらないどころか,強まる気配すらある。全体集団主義が性に合っているのだろう。自民党が靖国精神を放棄してくれれば,創価学会が許容できる憲法改正して自衛隊員を公務員から軍人に昇格できるのだが,そうもいかない。日本はいつになったら,合衆国のように軍が警察より優位になるのだろうか。独裁国でも軍は人民側だが,警察はどこまでも権力の犬に過ぎない。中国共産党政権が倒れるとしたら,その反乱は国警ではなく PLA 人民解放軍だろう。流民と軍が一体となり,砲兵を確保すると官僚が指揮する征討軍を送っても農民反乱を鎮圧できなく崩壊するのが中華王朝史である。流民の頭目が新王朝を開く。

日本で錦の御旗がなく勝てたのは北条氏と逆賊尊氏以外に誰がいるだろう。当時の天皇の権威は地に落ちていた。幼帝ばかりで上皇の傀儡である。現天皇は官僚の傀儡である。警察官僚だった亀井静香が明仁天皇に東京から京都に戻ってはどうかと意見を述べたそうだ。大したものだ。

安倍首相は国会の改憲勢力が8割を占める中,憲法改正スケジュールを明らかにしないのは何故だろう。朝日新聞によれば,2020 年に改正憲法施行とある。自衛隊員総数は警察官総数とほぼ同じだ。自衛隊制服組将官の不満は大きい。
そもそも日本は世界と比べて、軍隊に対して国民全体の尊敬の念が薄い国だ。たとえば、アメリカでは最高位の勲章は、現役の軍人だけに階級に関係なく授与するが、日本の場合、自衛官の生存者叙勲は低ランク、かつ功労に対する防衛功労勲章(旧軍の『金鵄勲章』に相当)もない。
東條英機も金鵄勲章をぶら下げていた。年金も支給される。金鵄勲章を佩用したい自衛隊員はどんな階級だろうか。スポーツ競技は軍を真似てメダルを授与する。とりあえず,自衛隊員の生前叙勲を増やして,国体開催時の天皇陛下護衛の任を警察から取り上げたらどうだ。そして Palace Guard を近衛兵に移管する。近衛兵を英国のように意図的に在日とか外国人を採用すればいい。西ローマ帝国の傭兵隊長オドアケルは皇帝に代わった。合衆国陸軍兵士は英語の読み書きも満足にできないヒスパニックが増えている。公務員なら採用要件に国籍が必要だろうが,軍人ならその必要もない。新兵と軍事顧問に外国人を雇用するのはどうだろうか。100 % 土着日本人の軍隊は特攻作戦でもしない限り,弱くて使い物にならないだろう。これからの軍隊は個の能力が問われる。自衛隊の将官が金鵄勲章を求めるとは,未来の日本軍も国籍条項のある官兵だと思うと,気が重くなる。米軍の指導も得られなくなったら,どうしよう。偏狭な靖国精神から自衛隊が距離を置いているのが救いか。憲法改正後,間髪入れず皇族による靖国参拝。日中不穏のスケジュールを描いているのは意外と,合衆国のような気もする。天皇の政治利用に GHQ は長けていた。今も変わらないだろう。日本の政治に干渉しようと思えば,皇室が一番だ。小沢一郎は中国に恩を売るため,習近平と天皇会見を強行したではないか。彼は沖縄の土地を求めたり,権力者と売国奴は紙一重なのだろう。

2019 年 新天皇即位 参議院選挙 消費税増税
2020 年 東京五輪 憲法改正

財務省の公文書を改ざんした時の首相が憲法改正を施行する。合衆国の映画をみていたら,検事が My Country にウソは許されないと陪審員に訴えてたいた。分権制の合衆国では検事も民選である。日本だと検察特捜部は官選で恣意的に告訴する。文科省局長の在宅起訴はガス抜きと文科省行政への威圧だろう。改ざんを指示した局長を国税庁長官に任命する安倍首相は大したものだった。これが民主党政権が続いていて,小沢一郎が権力を振るっていたらと思うとぞっとする。選挙を繰り返せば,それなりに変な政治勢力は排除される。しかし戦前戦中も国政選挙が施行されていたけど,終戦の気運は国会になかった。今の北朝鮮のような選挙に近かった。

安倍首相は森かけで「一点の曇りもない」と国会で述べた。事実だろう。財務省が首相案件として,値引きした。それだけの事だ。首相の威光をかさにズルをしたのは籠池の方である。徴税めこぼし,匙加減は税務当局の裁量である。飲食業が多い。多分,売り上げをごまかすのだろう。所属した組織では接待交際費への課税が痛かった。一見さんお断りのお店で接待するのが最高のおもてなしであった。風俗店は営業担当者の分は認められないので,寒風のなか店の外で待っている辛さを面白おかしく説明してくれた。お役人への接待はゴルフ旅行が中心だった。テレビを観ていたら,接待ゴルフがなくなったらしい。これからは中国官僚のカジノ接待同様,カジノが中心になるのだろうか。企業交際費の推移をみると,ピーク時に比べ半減している。接待ゴルフが少なくなったのは事実だろう。

ついでに政治家の政治資金ランキングをみたら,安倍,竹下,亀井の順位で驚いた。警察官僚OBの権力の凄みを実感した。自衛隊は気の毒なほど政治力がないのだろう。パチンコは警察利権だ。全日本遊技事業協同組合連合会の専務理事の片山晴雄は皇居警察,県警本部長を歴任しているらしい。江戸期,賭博は違法で町奉行が取り締まり,関八州は何と勘定奉行の配下が取り締まったそうだ。シカゴマフィアを取り締まった財務省役人エリオットネスを思い出した。幕末,下級貴族の岩倉の政治資金は賭場だった。彼は貴族なので京都町奉行が手を出せなかったと日本史の先生が教えてくれた。富くじの勧進元も寺社ばかりだった。警察権の及ぶ範囲が異なるのは封建制の特徴である。禁裏寺社はある意味,治外法権だった。中国だと軍と共産党がそれに該当する。警察公権力が及ぼない。

大阪府にカジノが建設されるかもしれない。一方,大阪府には米軍施設が一つもない。何故だろう。維新の会はカジノではなく,米軍普天間基地を明治 150 年を記念して誘致したらどうだ。大阪だと朝鮮有事の際,沖縄よりはるかに近い。米軍基地迷惑料も国庫から支給される。

参考

2018/08/10

暑苦しい家構造と煙突と野村不振

外気温が室内より 5℃ 低いにもかかわらず,さっぱり冷気が入らない。無風状態だからだ。熱気を換気扇で強制的に排出吸入するのが普通だろうか。天井に排気煙突があれば,天井に籠った熱気が抜けていくのだがと思う。京滋の町家の屋根の一部が高くなっていて煙突効果のある家があったけど,最近の建築では皆無である。

吹き抜けを煙突とみたてて自然換気する家を設計するところもある。そんな家に住んでみたい。天井を高くするだけでマシになるかもしれない。酷暑と寒さ対策の両立は困難か。それでも断熱を良くするだけで快適になるのではないかと思う。

下図はワイヤレスモジュール XBee による屋外樹上と室内気温の違いをリアルチャートに示したもの。凡例は以下の通り。#1 Ar は屋外樹上高さ 1.8m #1 Lq は地表,#2 Ar は居室壁上高さ 1.2m #2 Lq は床上である。
0102roomTreeRain.png 
7月2日の夕刻,雨が降り外気温が急激に低くなった。雨上がり後,屋外にでると実際涼しいが,居室に戻ると暑い。風がないので冷風が入らない。熱気がこもったままだ。

風通しを少しでも良くするため,キッチンの小型換気扇を強で回し続けている。居室から2階に抜ける風の通り道ができないので仕方がない。欧米の家屋にある温風ダクトは排熱にも効果があるのだろうか。天井から屋根へと抜ける換気筒が欲しい。検索したら,一般住宅用がない。ニーズがないのか。子供の頃の石造りの立派な保湿穀物倉庫には屋根の頂部に設置されていた。アメリカ人のような煙突に対する美意識は全くないようだ。合衆国の一般住宅は煙突が重要な意匠になっている。輸入してもいいけど,施行業者が嫌がる。当然,見積価格は高くなる。

日米戦艦煙突対比
大和の巨大煙突は斜めに立っていて凝った形状だ。一方,下のアイオワ級の煙突は直立し無骨な感じがする。機関がシフト配置のせいか,煙突は2本だ。質実剛健に徹したのか。大和の竣工は 1942 年だけど,その存在を秘匿していたため,国民は戦後になって知った。水兵だった父は戦地で大和を見ている。たらいのように見えたと言っていた。美しいとのコメントはなかった。吉田満の「戦艦大和」は心揺さぶるものがあるけど,徴兵された一般水兵には規則のやかましい巨大艦に過ぎなかったようだ。戦艦武蔵に至っては,司令部居室は豪華客船の調度品を使い,その費用は駆逐艦一隻分に相当した。貧乏国の海軍がこんな無駄使いしているようでは,米海軍に敗けて当然かもしれない。当時の国力は合衆国の 1/16 だった。
Yamato.jpg Iowa.jpg

野村證券の惨状
Bloomberg が『野村HD株が「ネガティブ・サプライズ」で急落』と伝えた。利益がたった50億円である。ホールセール,リテール部門も不振だった。タケダのシャイヤー買収の巨額手数料はどうなったのだろうか。前期の利益は 568 億円だった。資産の内訳をみると,外貨建債券,外国投信とその他くらいしか大きく減益になりそうな項目が見当たらない。アセット・マネジメント部門 運用資産残高が2兆円程減少している。お金を出せば,Bloomberg の Report を読めば,その内実がわかるのだろう。

その概要を Bloomberg が伝えている。この記事は必見である。
       野村HDは26日東証に開示した資料で、通商摩擦などを背景に市場の方向感が見えにくい状態が続き、リスク回避の動きが強まったと業績不振の背景を説明した。4ー6月の収益合計は前年同期比8%減の4310億円。委託・投信募集手数料は同13%減の795億円、投資銀行業務手数は同6%増の240億円、アセットマネジメント業務手数料は同8% 増の630億円、トレーディング損益は同40%減の719億円だった。
       部門別ではホールセール部門の収益が前年同期比23%減の1373億円に落ち込んだ。特に債券を中心にトレーディングビジネスが苦戦した。同部門の税引き前損益は74億円の赤字で、記者会見した北村巧財務統括責任者(CFO)によると、同損益が赤字となったのは16年1-3月期以来。営業部門、アセットマネジメント部門の収益もそれぞれ同8.7%、7.1%の落ち込みとなった。
       北村CFOは会見で4-6月期純利益について、前四半期から「大幅減益の厳しい決算になった。強い危機感をもって今後取り組んでいく」と総括。野村HDが主要事業から外したコモディティーが好調だったことを挙げ「選択と集中の結果が功を奏していた部分もあるが、今回は若干の弱みとなった」と振り返った。足下の業績については「大きな改善は見られていない」とし、「いくつか手は打っている」としつつもすぐに結果が出るとは言いにくいと述べた。    
海外拠点も不振で、税引き前損益は、米州が17億円の赤字(前年同期は79億円の黒字)、欧州が52億円の赤字(同22億円の黒字)、アジア・オセアニアが8億円の赤字(同53億円の黒字)。合計の赤字額 は77億円(同155億円の黒字)となり、北村CFOは「海外のパフォーマンスには全く満足していない」と語った。
DOL とか東洋経済は野村不振を取り上げない。広告主だからだろうか。日本の大企業機関投資家は金余りにもかかわらず,ホールセールが不振とはどう考えたらいいのだろう。野村は国内では無敵だろうから,商品が海外のファンドに比べ,利回りが低い もしくは魅力がない あるいはリスクが高いのどれだろうか。

例えば,ソフトバンクは日本の通信代金を原資として,917億米ドルのビジョンファンドを出資運営している。野村の役員に目利きのできる人材がいないのだろうか。高利回りをたたき出すファンドマネジャを雇用しようにも,野村だと就職しないのか。金融工学とディープな情報源が必要だ。事業法人担当執行役員が5人もいるのに全員日本人だ。これにも驚いた。商品を国内で売り捌いているのだろう。

農林金庫ですら,海外に投資しているのにこれは意外だ。これから,国内独占企業の起債とかで細々と食べていくのか。リストラを進めていけば,山一のような破綻はないだろう。とりあえず,海外撤退すべきだろう。それとも山一のように海外子会社を介した とばし に手を染める可能性はどれほどだろうか。個人的には会計操作による 50億円の益出しであり,実質は赤だろうと思う。とにかくリストラして身軽になるべきだ。合衆国の老舗巨大企業はそうやって生き残ってきた。

苦肉の西暦期限表示
運転免許の期限表示が西暦に変わる。来年,改元があるからだ。新年号は既に決まっているけど,愚民政策なので明らかにできない。美しい日本だ。新年号はローマ字にすると頭文字が M T S H のいづれでもないのはほぼ確かだろう。 改元は 2019 年5月1日らしい。9月の総裁選挙が終り,憲法改正と思いきや,国民投票法改正が暗礁に乗り上げ憲法改正スケジュールが不透明だ。というか,安倍首相自身が乗り気じゃない。国会の改憲勢力は 80% だけど,憲法改正が成就した途端,この勢力は分裂してしまう。翼賛体制を復活させるにはどうしたらいいだろう。戦前は天皇の権威を利用し,内務官僚と憲兵が選挙に介入した。1932 年の 5.15 以降,民選首相は絶えた。当時の円の価値が半減しても,合衆国に絹が売れなくなり日本は大陸に野望を抱くようになった。

合衆国に自動車関税を課されたら,景気対策として3度目の増税延期となるのだろうか。対米自動車輸出が減少すればドルを円に換える需要が減り,国内の為替市場はドル売り円買いが減少する。円安になると考えていいのだろうか。
シカゴ通貨先物市場IMMの円ポジションが年初の段階で12万枚となっていたが、直近で約3000枚まで縮小したことを踏まえれば、米国の自動車関税引き上げが決定しても、ドル円が105円を割ることはないだろう。仮にリスクオフになった場合も、5月29日安値の108.11円付近、あるいは4月23日安値の107.63円では支えられるのではないか。
参考
2018/07/27

尺取り虫来襲と野鳥召致

尺取り虫が玄関に取りつき,家人がヒステリックになって閉口した。
WormsOnWall.jpg 
WormsOnTwig.jpg 
Worms.jpg 
ひたすら一週間ほど,日に2回虫取りをした。2本の立木が食害で丸坊主になった。ワーム対策に下草を丁寧に刈るようにした。養老先生が庭を自然のままに放置していると知り,それを真似てみたものの虫害を考えたら下草,枝の繁茂は良くない。下草を刈り取り紫外光が射すようにした。

また野鳥が住み着いていれば,これほど酷くはならないのではないかと思う。30m ほど離れた家の駐車場のひさしにツバメが巣を作っている。なんで私のところには野鳥が来ないのだろう。実家の玄関にはスズメが巣を作っていた。小学生が考えてわかりそうなそうな事を知らずに老人になってしまった。養老先生は虫好きだから,庭の手入れに関心がないのだろうと思う。奥さんは家の周囲に出没するワームをどう思っているのだろう。
・ツバメが毎年子育てにやってくる地域や、過去にツバメが巣を作ったことのある建物。   X
・軒下やガレージなど雨風や日差しを避けられ、外から見えにくい(天敵に見つかりにくい)場所 △
・一日を通して、人の出入りや通行が多くある場所。〇   
・建物の1階か2階。   〇
・天敵の足場となるような物(木、塀、ベランダの手すり、物干し竿など)がすぐ傍にない場所 ?
上記はツバメの営巣条件だ。定性的表現が多く参考程度にしかならない。検索したら,この程度だ。玄関を想定して,〇X△で評価してみた。自分の家では洗濯物干しは庇が長く割と条件がいいが,家人の了承は絶望的だ。1階といっても,設置高さがヒトの背丈と同じではNGだろう。考えているうちに営巣シーズンが終わる。スズメに変更しよう。同じような条件だろうと思う。

参考
2018/07/09

来なくなった野鳥とエサ籠

20年前は窓際まで野鳥が飛来したのに今ではさっぱりだ。都市化のせいだと思う。落果した梅を来なくなった野鳥用にエサかごを吊るした。
Feeder.jpg 

FeederBasket.jpg 

この樹脂のカゴは昔,子供が貝殻入れに使用していたものだ。6/18 に地面低く飛行する1羽のスズメをみたので,ついばんでくれるといいのだが。近郊にある果樹園は野鳥の食害を避けるためにネットを張っている。野鳥を召致する行動は農業を阻害する行為だろうと思う。市の条例ではどうなっているのだろうか。

自宅の前は旧中山道だ。幕府の天領だったので街道筋には一里塚が整備されていた。新時代到来とともに切り倒されたのか,なくなっていた。多分,大樹のもたらす日影が農民に嫌われたのであろう。Google Earth だと県内にエネファームが目に付く。これも樹木が日光を遮るから周囲を伐採する。土地の高度利用とは渡来民が近江に居着いて以来,伐採の歴史であったか。大樹が残っているのは神社の境内くらいだ。これが彦根になると事情が変わる。閑静な住宅街に大樹が何本も残っている。かつての武家屋敷街である。近江の豪商が残した庭園も樹木の高さが低い。身分が卑しいと視線が空高く向くことはなかったのだろうか。代官がいなくなると,領民達は幕府が整備してきた街路樹を伐採したのだろう。

大阪市だと今でも市民が公道脇の街路樹を伐採する。大阪も奉行直轄地だった。守山市も極端なまでに街路樹の枝を払う。旧中主町は考えて植生して立派な高木街路樹を整備していたが,近江八幡と合併してどうなったか。洋館に低木は似合わない。合衆国庶民の家でも高木が一本立っている。New York City 中心に広大なセントラルバークがある。隣接州も含めたさらに広大な自然公園拡張計画が進んでいる。明治政府は都民に神宮の森を残した。大阪維新は万博開催をして,後世何を残すだろうか。

横浜から京都に引っ越すと,なんと緑の少ない街かと思っていたが,人口千人あたりの市町村道高木数は横浜の32本に対して,京都はたったの15本だった。この統計は実感に合っている。都市景観の良い街に住むとしたら神戸の 141 本だろうか。

中東古代文明,インド文明,ギリシャ文明,中華文明および古代中南米文明は森を保存するという考えはなかったようだ。日本の奈良平安時代もひたすら森を破壊している。江戸幕府は馬車道には関心がなかったけど,街道杉を整備した。伐採したら大罪だろう。ゴッホの描くプロバンス風景画には糸杉が描かれている。どうも西欧中世と日本が大樹を愛好する意識が残ったようだ。合衆国制作のファンタジードラマは樹木を介して過去と未来を行き来する。ほとんど樹木とか森の記述がない旧約だが,聖書学者によると部族時代は樹木が命と再生のメタファーになっていた。それがエルサレム建設時代になると忘れ去られたそうだ。

嬉しい。体長数cmの野鳥が2羽やってきた。すだれ越しでよく見えない。但し,エサ籠に寄り付かない。何か工夫がいるだろう。6/22/2018

参考