2018/08/10

暑苦しい家構造と煙突と野村不振

外気温が室内より 5℃ 低いにもかかわらず,さっぱり冷気が入らない。無風状態だからだ。熱気を換気扇で強制的に排出吸入するのが普通だろうか。天井に排気煙突があれば,天井に籠った熱気が抜けていくのだがと思う。京滋の町家の屋根の一部が高くなっていて煙突効果のある家があったけど,最近の建築では皆無である。

吹き抜けを煙突とみたてて自然換気する家を設計するところもある。そんな家に住んでみたい。天井を高くするだけでマシになるかもしれない。酷暑と寒さ対策の両立は困難か。それでも断熱を良くするだけで快適になるのではないかと思う。

下図はワイヤレスモジュール XBee による屋外樹上と室内気温の違いをリアルチャートに示したもの。凡例は以下の通り。#1 Ar は屋外樹上高さ 1.8m #1 Lq は地表,#2 Ar は居室壁上高さ 1.2m #2 Lq は床上である。
0102roomTreeRain.png 
7月2日の夕刻,雨が降り外気温が急激に低くなった。雨上がり後,屋外にでると実際涼しいが,居室に戻ると暑い。風がないので冷風が入らない。熱気がこもったままだ。

風通しを少しでも良くするため,キッチンの小型換気扇を強で回し続けている。居室から2階に抜ける風の通り道ができないので仕方がない。欧米の家屋にある温風ダクトは排熱にも効果があるのだろうか。天井から屋根へと抜ける換気筒が欲しい。検索したら,一般住宅用がない。ニーズがないのか。子供の頃の石造りの立派な保湿穀物倉庫には屋根の頂部に設置されていた。アメリカ人のような煙突に対する美意識は全くないようだ。合衆国の一般住宅は煙突が重要な意匠になっている。輸入してもいいけど,施行業者が嫌がる。当然,見積価格は高くなる。

日米戦艦煙突対比
大和の巨大煙突は斜めに立っていて凝った形状だ。一方,下のアイオワ級の煙突は直立し無骨な感じがする。機関がシフト配置のせいか,煙突は2本だ。質実剛健に徹したのか。大和の竣工は 1942 年だけど,その存在を秘匿していたため,国民は戦後になって知った。水兵だった父は戦地で大和を見ている。たらいのように見えたと言っていた。美しいとのコメントはなかった。吉田満の「戦艦大和」は心揺さぶるものがあるけど,徴兵された一般水兵には規則のやかましい巨大艦に過ぎなかったようだ。戦艦武蔵に至っては,司令部居室は豪華客船の調度品を使い,その費用は駆逐艦一隻分に相当した。貧乏国の海軍がこんな無駄使いしているようでは,米海軍に敗けて当然かもしれない。当時の国力は合衆国の 1/16 だった。
Yamato.jpg Iowa.jpg

野村證券の惨状
Bloomberg が『野村HD株が「ネガティブ・サプライズ」で急落』と伝えた。利益がたった50億円である。ホールセール,リテール部門も不振だった。タケダのシャイヤー買収の巨額手数料はどうなったのだろうか。前期の利益は 568 億円だった。資産の内訳をみると,外貨建債券,外国投信とその他くらいしか大きく減益になりそうな項目が見当たらない。アセット・マネジメント部門 運用資産残高が2兆円程減少している。お金を出せば,Bloomberg の Report を読めば,その内実がわかるのだろう。

その概要を Bloomberg が伝えている。この記事は必見である。
       野村HDは26日東証に開示した資料で、通商摩擦などを背景に市場の方向感が見えにくい状態が続き、リスク回避の動きが強まったと業績不振の背景を説明した。4ー6月の収益合計は前年同期比8%減の4310億円。委託・投信募集手数料は同13%減の795億円、投資銀行業務手数は同6%増の240億円、アセットマネジメント業務手数料は同8% 増の630億円、トレーディング損益は同40%減の719億円だった。
       部門別ではホールセール部門の収益が前年同期比23%減の1373億円に落ち込んだ。特に債券を中心にトレーディングビジネスが苦戦した。同部門の税引き前損益は74億円の赤字で、記者会見した北村巧財務統括責任者(CFO)によると、同損益が赤字となったのは16年1-3月期以来。営業部門、アセットマネジメント部門の収益もそれぞれ同8.7%、7.1%の落ち込みとなった。
       北村CFOは会見で4-6月期純利益について、前四半期から「大幅減益の厳しい決算になった。強い危機感をもって今後取り組んでいく」と総括。野村HDが主要事業から外したコモディティーが好調だったことを挙げ「選択と集中の結果が功を奏していた部分もあるが、今回は若干の弱みとなった」と振り返った。足下の業績については「大きな改善は見られていない」とし、「いくつか手は打っている」としつつもすぐに結果が出るとは言いにくいと述べた。    
海外拠点も不振で、税引き前損益は、米州が17億円の赤字(前年同期は79億円の黒字)、欧州が52億円の赤字(同22億円の黒字)、アジア・オセアニアが8億円の赤字(同53億円の黒字)。合計の赤字額 は77億円(同155億円の黒字)となり、北村CFOは「海外のパフォーマンスには全く満足していない」と語った。
DOL とか東洋経済は野村不振を取り上げない。広告主だからだろうか。日本の大企業機関投資家は金余りにもかかわらず,ホールセールが不振とはどう考えたらいいのだろう。野村は国内では無敵だろうから,商品が海外のファンドに比べ,利回りが低い もしくは魅力がない あるいはリスクが高いのどれだろうか。

例えば,ソフトバンクは日本の通信代金を原資として,917億米ドルのビジョンファンドを出資運営している。野村の役員に目利きのできる人材がいないのだろうか。高利回りをたたき出すファンドマネジャを雇用しようにも,野村だと就職しないのか。金融工学とディープな情報源が必要だ。事業法人担当執行役員が5人もいるのに全員日本人だ。これにも驚いた。商品を国内で売り捌いているのだろう。

農林金庫ですら,海外に投資しているのにこれは意外だ。これから,国内独占企業の起債とかで細々と食べていくのか。リストラを進めていけば,山一のような破綻はないだろう。とりあえず,海外撤退すべきだろう。それとも山一のように海外子会社を介した とばし に手を染める可能性はどれほどだろうか。個人的には会計操作による 50億円の益出しであり,実質は赤だろうと思う。とにかくリストラして身軽になるべきだ。合衆国の老舗巨大企業はそうやって生き残ってきた。

苦肉の西暦期限表示
運転免許の期限表示が西暦に変わる。来年,改元があるからだ。新年号は既に決まっているけど,愚民政策なので明らかにできない。美しい日本だ。新年号はローマ字にすると頭文字が M T S H のいづれでもないのはほぼ確かだろう。 改元は 2019 年5月1日らしい。9月の総裁選挙が終り,憲法改正と思いきや,国民投票法改正が暗礁に乗り上げ憲法改正スケジュールが不透明だ。というか,安倍首相自身が乗り気じゃない。国会の改憲勢力は 80% だけど,憲法改正が成就した途端,この勢力は分裂してしまう。翼賛体制を復活させるにはどうしたらいいだろう。戦前は天皇の権威を利用し,内務官僚と憲兵が選挙に介入した。1932 年の 5.15 以降,民選首相は絶えた。当時の円の価値が半減しても,合衆国に絹が売れなくなり日本は大陸に野望を抱くようになった。

合衆国に自動車関税を課されたら,景気対策として3度目の増税延期となるのだろうか。対米自動車輸出が減少すればドルを円に換える需要が減り,国内の為替市場はドル売り円買いが減少する。円安になると考えていいのだろうか。
シカゴ通貨先物市場IMMの円ポジションが年初の段階で12万枚となっていたが、直近で約3000枚まで縮小したことを踏まえれば、米国の自動車関税引き上げが決定しても、ドル円が105円を割ることはないだろう。仮にリスクオフになった場合も、5月29日安値の108.11円付近、あるいは4月23日安値の107.63円では支えられるのではないか。
参考
2018/07/27

尺取り虫来襲と野鳥召致

尺取り虫が玄関に取りつき,家人がヒステリックになって閉口した。
WormsOnWall.jpg 
WormsOnTwig.jpg 
Worms.jpg 
ひたすら一週間ほど,日に2回虫取りをした。2本の立木が食害で丸坊主になった。ワーム対策に下草を丁寧に刈るようにした。養老先生が庭を自然のままに放置していると知り,それを真似てみたものの虫害を考えたら下草,枝の繁茂は良くない。下草を刈り取り紫外光が射すようにした。

また野鳥が住み着いていれば,これほど酷くはならないのではないかと思う。30m ほど離れた家の駐車場のひさしにツバメが巣を作っている。なんで私のところには野鳥が来ないのだろう。実家の玄関にはスズメが巣を作っていた。小学生が考えてわかりそうなそうな事を知らずに老人になってしまった。養老先生は虫好きだから,庭の手入れに関心がないのだろうと思う。奥さんは家の周囲に出没するワームをどう思っているのだろう。
・ツバメが毎年子育てにやってくる地域や、過去にツバメが巣を作ったことのある建物。   X
・軒下やガレージなど雨風や日差しを避けられ、外から見えにくい(天敵に見つかりにくい)場所 △
・一日を通して、人の出入りや通行が多くある場所。〇   
・建物の1階か2階。   〇
・天敵の足場となるような物(木、塀、ベランダの手すり、物干し竿など)がすぐ傍にない場所 ?
上記はツバメの営巣条件だ。定性的表現が多く参考程度にしかならない。検索したら,この程度だ。玄関を想定して,〇X△で評価してみた。自分の家では洗濯物干しは庇が長く割と条件がいいが,家人の了承は絶望的だ。1階といっても,設置高さがヒトの背丈と同じではNGだろう。考えているうちに営巣シーズンが終わる。スズメに変更しよう。同じような条件だろうと思う。

参考
2018/07/09

来なくなった野鳥とエサ籠

20年前は窓際まで野鳥が飛来したのに今ではさっぱりだ。都市化のせいだと思う。落果した梅を来なくなった野鳥用にエサかごを吊るした。
Feeder.jpg 

FeederBasket.jpg 

この樹脂のカゴは昔,子供が貝殻入れに使用していたものだ。6/18 に地面低く飛行する1羽のスズメをみたので,ついばんでくれるといいのだが。近郊にある果樹園は野鳥の食害を避けるためにネットを張っている。野鳥を召致する行動は農業を阻害する行為だろうと思う。市の条例ではどうなっているのだろうか。

自宅の前は旧中山道だ。幕府の天領だったので街道筋には一里塚が整備されていた。新時代到来とともに切り倒されたのか,なくなっていた。多分,大樹のもたらす日影が農民に嫌われたのであろう。Google Earth だと県内にエネファームが目に付く。これも樹木が日光を遮るから周囲を伐採する。土地の高度利用とは渡来民が近江に居着いて以来,伐採の歴史であったか。大樹が残っているのは神社の境内くらいだ。これが彦根になると事情が変わる。閑静な住宅街に大樹が何本も残っている。かつての武家屋敷街である。近江の豪商が残した庭園も樹木の高さが低い。身分が卑しいと視線が空高く向くことはなかったのだろうか。代官がいなくなると,領民達は幕府が整備してきた街路樹を伐採したのだろう。

大阪市だと今でも市民が公道脇の街路樹を伐採する。大阪も奉行直轄地だった。守山市も極端なまでに街路樹の枝を払う。旧中主町は考えて植生して立派な高木街路樹を整備していたが,近江八幡と合併してどうなったか。洋館に低木は似合わない。合衆国庶民の家でも高木が一本立っている。New York City 中心に広大なセントラルバークがある。隣接州も含めたさらに広大な自然公園拡張計画が進んでいる。明治政府は都民に神宮の森を残した。大阪維新は万博開催をして,後世何を残すだろうか。

横浜から京都に引っ越すと,なんと緑の少ない街かと思っていたが,人口千人あたりの市町村道高木数は横浜の32本に対して,京都はたったの15本だった。この統計は実感に合っている。都市景観の良い街に住むとしたら神戸の 141 本だろうか。

中東古代文明,インド文明,ギリシャ文明,中華文明および古代中南米文明は森を保存するという考えはなかったようだ。日本の奈良平安時代もひたすら森を破壊している。江戸幕府は馬車道には関心がなかったけど,街道杉を整備した。伐採したら大罪だろう。ゴッホの描くプロバンス風景画には糸杉が描かれている。どうも西欧中世と日本が大樹を愛好する意識が残ったようだ。合衆国制作のファンタジードラマは樹木を介して過去と未来を行き来する。ほとんど樹木とか森の記述がない旧約だが,聖書学者によると部族時代は樹木が命と再生のメタファーになっていた。それがエルサレム建設時代になると忘れ去られたそうだ。

嬉しい。体長数cmの野鳥が2羽やってきた。すだれ越しでよく見えない。但し,エサ籠に寄り付かない。何か工夫がいるだろう。6/22/2018

参考
2018/06/29

日付区切 / or - とU2偵察機

SQLite の日付区切り記号はハイフォンのみである。私はメモ記載の際,スラッシュを用いる。Windows 10 Home のシステムはスラッシュが3通りに対し,ハイフォンを1形式とスラッシュ優勢である。SQLite の説明によれば,ISO だからだとある。ハイフォン形式は まのびした感じを受ける。新聞に入るチラシもスラッシュである。
DateAD.jpg 
FC2 ブログの日付選択区切りもスラッシュである。スラッシュは URL の区切りにも使われているから ISO はハイフォンにしたのだろうか。ただ単に米英がスラッシュなのでハイフォンを採用したのではないか。アメリカ人は ISO と呼ばずメトリックと言う。

日本の会社が一時期ブームになった ISO14000 とかは合衆国で商売するにはほとんど無意味なのではなかろうか。電気安全規格にしても JIS CE は保険会社団体 UL の前に影が薄い。通信機器なら FCC,航空機なら FAA の合衆国規制が世界ルールである。日本の NHK はどこでどうなったのか,NHKが提唱したデジタル放送規格を世界標準にしようとしたら,どこも賛同しなかった。

Slip21 の保存データはレコード形式のバイナリである。データの検索ソートプログラミングは私の力量では不可能である。データベース化するのに SQLite を選択した。MS Access は有料なので論外とした。原始バイナリデータをデータベース化するためのプログラムを作成するつもりである。SQLite の日付データは TEXT なので ISO 形式ハイフォン形式で保存する事とした。

日付表記と世代
守山市の日付表記は西暦OKとなったが,区切りは昔ながらのピリオドである。私のいた組織でもS57.6.15 のように区切りはピリオドで記載した。私のようなスラッシュは稀だった。西暦派はハイフォンが主流だったような気がする。MSDOS のせいかなと思う。官に納入する市販品以外の機器は銘板が必要になる。書式がやかましい。国産戦車の型式は61式,74式,10式と西暦なのに銘板は和暦である。兵器は国家資産なので和暦表示なのだろうか。しかし資産に税を課す税務署は西暦和暦を問わない。法務局は頑なに和暦に拘ってるようだ。特許庁は西暦に変更して随分になる。教育関係だとミッションスクールでも和暦である。阪大の庶務は西暦申請に対して,嫌がらせをする。建物の名称は西暦の21世紀館だから,実に間の抜けた話だ。

航空偵察と戦略
偵察機U2の整備飛行映像をみた。翼のアスペクト比が大きく,地上員が一人で翼端部を持ち上げると翼がゆらゆら撓む。半端じゃない軽柔構造である。地上要員と解析部隊の要員数を考えたら維持費は相当なものだろう。飛行高度は 21000 m。与圧服を着衣するのに3人がかりだ。潜水服の補助は1人だから,人間は負圧に弱いのか。日本が導入するグローバルホークのように UAV  化すれば良さそうなものだが,運営コストはU2Sより高いそうだ。

「グローバルホーク」はあまりにも金食い虫です。U-2Sと同等の情報収集能力を得られるようになった最新型の「グローバルホーク ブロック30/ブロック40」は、1セットあたり140億円と高価すぎて調達が困難であるだけでなく、1飛行時間あたりのコストはU-2Sの約24万円に対し67万円と3倍近くかかります。
人力の飛行コストが UAV より安いとは意外だが,地上要員コストを含めて考えたらどうなのだろうかと思う。フィルムをひたすら人力で観察するのか。ひと昔前の新聞のマイクロフィルムと同じではないか。U2のフィルムおよびカメラは倒産したコダック製だそうだ。太平洋戦争中,4発機が高空を飛来すると,それは空襲の前触れだった。B-29 の偵察型 F-13 が正月の晴天日に日本各地の高空偵察飛行して写真を撮影した。これが作戦計画のための最良の写真だった。司令官が航空写真と地図を用いて作戦計画を説明する。300 機近く飛来するから,ブリーフィングは機長もしくは士官だけか。米海兵ドラマをみると,大佐が中隊長にブリーフィングし,中隊長が下士官に細部を指示する。日本軍だと実行任務のキモは下士官だけれども,米軍だと中隊長である。中隊長は最前線なので,やたら戦死する。階級だと中大尉くらい。B-29 だと機長の階級である。

冷戦期,U2はトルコを飛び立ち,北欧の秘密協定基地に降り立っていた。途中,ウクライナおよびロシア主要部を通過した。軍事情報もさることながら,小麦の生育状況も把握していただろう。私が子供の頃,主要新聞はソ連五か年計画と中国の躍進計画を垂れ流ししていた。アホな中高の先生は授業でその成果を説いていた。父はウソだろうと言っていた。合衆国は,ソ連の穀倉地帯であるウクライナを通過するU2の高空偵察で食糧生産状況を把握していただろうと思う。日本は偵察衛星関連に年間 1300 億円費やしているが,北鮮情報を公開する事はない。作付けおよび生育状況は一目瞭然だと思うが,予算および人員制約を理由に仕事していないかもしれない。日本の情報収集会社がドイツの人工衛星画像を買い付けて,核実験場画像を公開した。日本の偵察衛星は宝の持ち腐れのような気もする。PLA なら画像を外販するかもしれない。

昔,比叡山のボンさんは眼下に見える琵琶湖岸の稲の生育状況に応じて,京に米を出荷していた。延暦寺は現代の商社と銀行を兼ね備えていた。これを破壊したのが信長だった。暗殺されて当然かもしれない。京都人にとり,今でもぼんさんはタブーである。真宗大谷派の内紛は皇室アウトローも関わり,一般市民とは別世界である。送り火の灰を販売していたボンさんが原木が東北産なので放射能汚染と騒ぎだした。実際の濃度は自然界と大した違いがないのだが,穢れを気にした観光協会が排除した。穢れを否定する本来の仏教精神が失せてなくなっていた。現代,穢れを最も嫌うのが皇室である。天皇は沐浴をした後,祭祀を行う。古代ユダヤも穢れを極度に嫌った。日本では神事の前に手洗いは当たり前だが,イスラムユダヤ世界を除けば例外である。今でも,天皇は内国人相手に握手はタブーである。英王室の入浴が気になり検索したら,Fake が一杯アップロードされている。床がフローリングで不自然だ。
FakePrinceWilliam.jpg 

大衆紙 Mail Online がそっくりさんを集めての Fake 写真制作過程を公開している。日本の大衆紙と言えば,スポーツ紙だ。スポーツ紙がお遊びで皇室 Fake ニュースを配信する事は一般紙系列からするとあり得ない。英王室はこの種の Fake を有名税として無視しているのだろうか。日本では皇室を笑いのネタにできない。これは北鮮の首領も同様だろう。日本の民主主義はまだまだな。

戦いにならない日中パイロット数比
第二次世界大戦前,合衆国は欧州の雲行きがおかしくなると,まず飛行場を建設した。参戦の意志を固めるとパイロット6万人養成,これは後に10万人に引き上げられた。大量の志願兵を募り,選抜して機長にした。どんだけ若くても士官である。一方,日本海軍が予科練の拡充に乗り出すのは敗色濃厚になってからである。航空兵の必要性を海軍当局は認識していたけれども,航空分野の発言力増大を人事局が嫌ったせいだそうだ。戦後,空自として独立したものの海自と陸自の支援への第一義としない変な空軍になってしまった。ちなみに自衛隊の総力は22万人程度である。中国人民解放軍 PLA のパイロット総数と比較したら,戦いにならないだろう。しかも,大量のドローンを繰り出してくる。ドローンは人命維持装置および脱出装置もいらず,ペイロードが大きく航続距離が延びる。東シナ海に空母はいらない。中国海軍の空母は中部南太平洋進出のためのプロパガンダだろう。

世界の知らない日本の思いやり予算
中国と統一朝鮮の膨張政策はいかほどか。北朝鮮の体制維持は対韓対中を考えたら,理に適っている。北朝鮮が崩壊したら,どれだけの難民が日本海を渡るか。Wiki によれば韓国は Republic of Korea Coast Guard を名乗っているが,どうも戦闘能力は日本同様なさそうだ。朝鮮統一と台湾併合のどちらが早いか。どちらも旧日本領で,怨嗟の矛先がどこにあるかも明白だろう。領土を割譲しながらも独立を維持した国々が参考になるだろう。合衆国の戦略は欧州中東が最優先され,極東と2正面作戦は不可能だ。ロイタが日本が米軍駐留経費を 3000 億円以上負担しているのを知らないとは意外であった。欧米からみれば,極東はその程度かと思う。合衆国の選挙民は日本の米軍駐留経費負担を全く知らないし,関心もない。

中英協商
西独の東独併合により,西独の経済が落ち込むとの推測は外れ,一人当たり PPP GDP が $48000 だ。島国の英国と日本が $42000 と $41000 だ。両国とも大陸市場へのアクセスが上手くいかないのか,少し沈滞気味だ。中英協商により中国のインドの首飾りは成功するかもしれない。ミャンマーがカンボジア同様,中国の衛星国となるのだろうか。カンボジア ラオスと同程度だった GDP が 2007 -2011 年にかけて急成長した。このような新興国の基礎データを宇宙からモニタするのも偵察衛星の役目だろう。米英がミャンマーの人権侵害に強硬なのもミャンマーの経済発展が背景にあると考えてよさそうだ。ミャンマー発展の原資は中国だろうか。中国は自ら発展途上国を称しながら,国民生活向上を犠牲にしての投資国入りである。

参考
2018/06/01

梯子の代用とフック

今年のゴーヤネットを高くしたいが,ネットを取り付けるための梯子がない。何回かブログで書いたけど,子供の頃 父親が屋根の上に登り作業する際,登らしてもらえるのが嬉しかった。滑らないようにゴム長を履いたのかもしれない。このご時世に自宅の屋根に登る父親がどれだけいるか。

ゴーヤの腕とアンテナ用の金属棒の先に紐を通すカギ先として割りばしを取り付け,さらにその先にリングを取り付けた。雨樋受けのフックに割りばしを通し,フックを取り付けたアンテナ支持棒に紐を引っ掛けて紐を通した。
RodString.jpg 

第二次世界大戦時,日米海軍は洋上給油を実施したが,海戦では明暗を分ける事が多々あった。日本海軍は縦引きで米海軍は横引きだった。海自は横引きである。縦引きは給油艦が紐付き浮きを後方に流し,後続の艦が引き上げるのだろうか。横引きだと,ひも付き弾体を併進する艦に向かって射出する。単純に考えれば,横引きだと2隻同時に給油できる。海自が縦引きを止めたのは自明だろう。記録映像をみると,航海中でも士官の移動,物資の移動にもリフトとして米海軍が運用している。下の写真は東京初空襲に向けて中部太平洋を進撃する空母エンタプライズに給油する様子だ。日本海軍哨戒部隊に発見されると,機動部隊は給油艦と駆逐艦を切り離し,空母と巡洋艦のみで高速突進した。
Refuel.jpg 
下の写真の右側は空母レキシントンである。海軍兵から Lady Lex と呼称され愛された。何回も書いたけど,米海軍は今も昔も志願兵から構成されている。父は海軍に徴兵された。強制徴募の軍隊と志願兵ではどちらが優れているか。古代ギリシャを西欧文明とすれば,アレキサンドロスは武装市民兵を率い,ペルシャ王は奴隷兵を率いていた。合衆国民にはこの史実が日本の古代朝鮮侵攻と同じくらい神話化している。現代のイランがペルシャだ。奴隷兵の後方には督戦隊がいた。悪名高いのはソ連共産党政治将校の督戦だろうか。日本陸軍司令部の督戦に反旗を翻した師団長がいた。インパールの佐藤中将だ。抗名事件として有名だ。日大フットボール不祥事では,監督に抗命したコーチ選手は一人もいなかった。ドイツ連邦軍はナチス時代の反動か,兵士の抗命を認めている。

将校には意見具申の権利があるが,一般の兵士にはない。下士官が群れて抗命する事が米軍ではあり得る。無能な将校が排除されるメリットもある。米潜艦長は無能として何人も更迭されている。抗命するからには軍法裁判のリスクがある。判事は提督,師団長あるいは部隊長だからかなりのリスクである。阪大にはハラスメントを訴える仕組みがあった。日大はどうだったのだろう。

幕末の老中阿部は危機に際して,公論を認めたが,大老井伊は正反対に安政の大獄として弾圧した。大戦前,政党政治が行き詰り軍官僚と革新官僚が政治を壟断した。佐川前局長は不起訴だそうだ。後は,民事で争うしかない。合衆国司法省は Justice である。正しい,丁度の意味がある。中華文化圏だと「道理」だろうか。道理のない制度は金がなくなると,瓦解する。日本はその過渡期なのかもしれない。軍隊も会社も学校もお金の給配が途絶えると,簡単に消滅する。日本の法務省は Legal 部門であって,Justice は求められていないのかもしれない。中国には道理がなくなり,政治が乱れると「革命」が起きるという思想があった。民主主義では平和裏に政権交代が起きる制度が組み込まれている。日本の自公政権がいつまで続くだろうか。アベノミクスのつけが次世代に回り,消費税率が 15% になる頃だろうか。軍事費増大がさらに財政赤字を悪化させる。周辺諸国との武力衝突を避けるためにも,朝鮮統一前に核兵器を準備したらどうだろうか。

オスマン朝の奴隷兵士イエニチェリ騎兵は精強だった。独身で金満家だった。西欧の騎士団みたいなものかもしれない。イエニチェリが妻帯して家族を養うようになり西欧騎士化すると,戦闘力を失った。自衛隊はどうかなと思う。仮想敵は PLA 韓国軍 露軍 そして北鮮軍である。
RefuelGuadalupeMauryDD-401LexingtonCV-16November1943.jpg 
米海軍は同一艦隊を司令部の構成が変わると,第3および第5艦隊と称した。寄港先ではなく,洋上でも実施した。カッターでの移動は波高が高いと難儀だっただろうから,日本海軍ではできない相談だ。軍艦の燃料が石炭から重油に変わり,米海軍は地道な努力を重ねていた。真珠湾作戦時の随伴給油艦の多さはこんなところにも影響を及ぼした。給油艦の数が同じなら,日本海軍は倍の時間を要した。合戦前に航続距離の短い駆逐艦への給油は必須だから,マリアナ沖海戦前の給油もそんな事情が反映していたのだろうと思う。

追記
知恵袋によれば,日本海軍は小型艦は2本の横曳きだそうだ。真珠湾奇襲作戦の際,駆逐艦数に対して多数の艦隊型給油艦の随伴はどうみればいいのだろう。トラック空襲によりトラックの泊地が無理力かされると,米海軍の矛先がどこに向かうかで日本海軍内で議論が分かれた。結局のところ,新設された第一機動艦隊は給油の容易なタウィタウィに在泊したが,サイパンを強襲され本土で待機していた方がマシだった結果となった。縦曳きは長さ 115m のパイプ長だそうだ。駆逐艦の全長1隻分である。当時の燃料は重油だから圧損が半端じゃない。上述の写真はどれも3本の横曳きである。やはり,効率は米海軍が上である。

航続距離に難のあった飛龍蒼龍を真珠湾作戦に投入するか,議論があった。それが,中型空母のエンタープライズとホーネットで中部太平洋を突っ切って,当然日本海軍哨戒機を避けての航路だったのだろう。18/07/01

参考