2017/01/21

AVR USART と ADC 機能は mega だけ?

充電器の充電流測定記録に AVR ATmega8 を使用している。この ADC の内蔵参照電圧は 2.56V と大きく,400mV のピーク電圧測定にはレンジが過大である。レンジに合わせ差動アンプのゲインを変えるには抵抗部品がかなり増えてしまう。もしくは高精度2.5Vリファレンス電源 LT1009CZ を抵抗分圧して外部参照電圧として使用するか。しかし価格が¥377 とマイコンが買える値段だ。

ATmega8 を他用途に転用する目的ができたので,まず手元にある ATtiny2313 を使おうとしたが ADC がない。共立電子で入手が可能な AVR を調べてみた。

                     ADC            USART I2C
ATmega8        2.56V          yes     TWI 現在取扱なし
ATtiny48         1.1V            x        TWI
ATtiny45         1.1/2.56V    x        USI
ATmega168A   1.1V            yes    TWI

USART 機能があるのはどうも mega シリーズだけのようだ。V-USB の手法によれば AVR の I2C ポートを用いて USB デバイス機能を実現できるようだが,Teraterm のような古典的なターミナル通信ソフトは見当たらない。PCと異なりタブレットとかスマホは内部に USB シリアル変換デバイスを包含しているのだろうか。

AVR 特有の USI はプログラムを付加すれば I2C マスタとしても使えるようだ。

参考
2016/10/21

入手難なマッチ棒 TWE-LITE

共立にも秋月にもマッチ棒アンテナ TWE-LITE の在庫がなく,Amazon に頼んだ。半導体の梱包がエアキャップで驚いた。タグをみると,顧客名「アマゾンジャパン株式会社」となっていたので,納入業者は半導体の静電気対策に詳しくないのだろうと思う。アマゾンからの半導体部品購入はリスクが大きい。

マッチ棒をはんだ付けしたものの,基板穴が小さく手元にあるピンヘッダーが適合しない。0.6 のキリは通るが,1.0 は通らない。多層基板なので基板穴をキリで広げられない。共立には細ピンヘッダーの取り扱いがなく,\172 の DIP28ピン ボード連結用ヘッダーピン(600mil) になる。ただし,送料は \550 だ。近在の電材店にも細ピンヘッダーがなく,他の部品も併せて共立もしくは秋月から買うしかない。

TWE-LITE を用いた温度センサを設計して必要な部品をリストアップしよう。実験が遅れるが仕方がない。

Mono Wireless のサイトを見てたら,XBee とは異なり平面アンテナとマッチ棒アンテナの感度はほぼ同一だ。TWE-LITE の平面アンテナ面積が大きいせいだろう。何も,マッチ棒アンテナに拘る必要がなかった。

参考
2016/10/20

TWE SDK は既存 eclipse と競合する

TWE-LITE のプログラミング環境は eclipse を使用する。既にインストールして使用しているので都合がいいと思っていたら,限定されたディレクトリ下でないと動作しないようだ。eclipse をアンインストールして,TWE 開発環境に合わせて再インストールした方がいいようだ。無料なので諦めるしかないだろう。

【インストール】
Cドライブのルートディレクトリに展開するだけです。
C:\TWESDK
これ以外はサポートされないようなので、他にインストールしたくてもあきらめましょうw
【起動】
C:\TWESDK\eclipse\eclipse\eclipse.exe を起動します。
Eclipse起動後、お約束のワークスペースの指定がありますが、標準設定(../../ToCoNet)のフォルダ以外を指定すると、ビルドできないと思います。(プロジェクトのincludeやlibパス指定が標準フォルダ前提で設定されてる

しかし,Aptana の開発環境設定に手こずったので,TWE と競合する事もあり得るだろうと思う。どうしたらいいのだろう。しかし,\eclipse\eclipse\eclipse.exe とは変なディレクトリではある。

参考

2016/10/10

TWE リセット回路

 TWE-LITE のリセット端子は約 50kΩ の抵抗でプルアップされているそうだ。TWE-LITE のビギナ向け MONO WIRELESS の実験実体配線図だとリセットおよびプログラムSWにチャタリング対策がなされていない。3V3 駆動だとリセット電流はたった 66uA にしかならない。大丈夫かな。

新基板上で配線はんだ付けする前に,せっかくブレッドボードを使うように決めたのだから,とりあえずリセット回路をなしでやってみるつもりだ。Mono wireless のサイトを読んでいたら,

 動作確認を円滑にするため RST (リセット入力) も結線しておいてください。※ 上記の結線はチャタリングを考慮していませんので、ボタンを押したときに何度も起動メッセージが表示されるかもしれません。

ブレッドボードならそうなる可能性がかなり高いのではと思う。プルアップ内蔵なのでサージを逃がすダイオードを付加しても効果が薄れる。当初考えていた TWE-LITE と手元にある秋月 FT232RL USB-シリアル変換モジュールを組合せた親機は止めにする。既に購入した マッチ棒アンテナ品は子機に充当する。

へっぽこプログラマとしては,リセットがまともにかからないのではマインドが萎える。
2016/10/07

TWE-LITE 用 I2C 温度センサ

ワイヤレスモジュール TWE-LITE の I2C 温度センサとして秋月の HDC1000 を除いて使えそうな物を調べてみた。

販売元          チップ型番 価格 送料 精度
Switchscience MCP9808  \691 \150  0.25℃
Switchscience LM75B      \378 \150  2℃
Akizuki           ADT7410  \500 \450  0.5℃
MarketPlace    LM75A      \330 ?
Straberrylinux DS18B20  \400 \380 0.5℃

ADT7410 はサンプル例があるので,取り掛かりやすいが基板形状が大きい。この基板形状は Arduino 標準のようだ。DS18B20 は形状が TO-92 なので取扱やすいが,ソフトが大変だ。ライブラリがないと,どうにもならない。