2018/02/14

ルータ設定変更による速度向上?

ルータの設定を変更した翌日の週末,回線速度を計ったら高速なので驚いた。公称速度は 100 Mbps。
BNRスピードテスト (ダウンロード速度)
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.6001 
測定日時: 2018/02/03 22:47:50 
回線/ISP/地域:
1.NTTPC(WebARENA)1: 65.79Mbps (8.22MB/sec) 
2.NTTPC(WebARENA)2: 92.67Mbps (11.58MB/sec) 
推定転送速度: 92.67Mbps (11.58MB/sec)

後日,その内容変更いきさつについて報告します。
2017/11/06

自宅 Web サーバと無料外部サーバ比較

Desperae War of Japan のホームページを運営しており,自宅サーバを使用している。外部 DDNS サービスに不満がある。IPアドレス変更が直ぐ反映されない事だ。2時間はかかる。改善方法と課題について検討してみた。

DDO.jp のときも同様に待たされたから,DNS の仕組みからすると JP を管理しているサーバがショボいのかもしれない。2006 年以降,更新間隔は15分らしい。
一般的なDDNSサービスはieServer.netやDynDNSなど、古くから多数展開されています。が、その大半は HTTP Get によるIPアドレス更新しか対応しておらず、現状からの改善はあまり望めません。
数時間の遅延はどこで発生しているのだろうか。もちこみドメインだと,ドメイン取得に経費が発生する。DNS サーバ自体の信頼性は MyDNS.jp に変更すると,上がるかもしれない。


自宅サーバを止めて,使用中のレンタルサーバのサブドメインに移設する。もしくは既存の無料ホームページに移設するの両案を検討した。

経費をゼロにするには,ホームサーバを閉じて移設がいいだろうか。FC2 無料ホームページは SSL 対応になっているのも魅力だ。自宅 Windows XP サーバに自力で SSL を構築する力量はない。FC2 無料ホームページは CGI PHP をサポートしていないが,使う計画もないので必要ない。用意してあるアクセス解析のログは過去4箇月と Google Analytics と比べると極端に短いから,使うつもりはない。停電,火災,自然災害および HDD クラッシュなどのリスクを考えると,自宅サーバは外部商用サーバに比べると信頼性が低いのは否めない。

Server              Home                     External server
DNS Time lag   MyDNS.jp unknown  N/A
Cost                Buy domain              Free 
Ad display        N/A                         Smart phone             
 
しかし FC2 無料ホームページはスマホだと鬱陶しい動的スカシ広告が掲載される。スカシ広告はサーバ保守料と見なすしかないか。PCなら表示されない。レンタルサーバへの移設は Google Analytics の Property 分離が上手くいっていないので躊躇している。

DDNS および Web サーバ構築
DNS サーバは Web サーバと同一マシンに共存しても問題ないようだ。BIND というソフトを使えば,構築できるらしい。使用例だと中古マシンのスペックは Linux 700MHz である。保守管理が一人だと,長期旅行に出かけたりすると,その間,お手上げである。遊休PCの活用として,趣味としてやるにはいいかと思う。

まとめ
私の Web サーバは,
Yahoo Geocities 外部サーバ -> Windows 95 自宅サーバ  ->  Windows XP 自宅サーバ  
と変遷した。その間,DDNS は DDO.jp から DIP.jp に変わった。DDO.jp は一定期間内を越えてアクセス数が不足すると,無料使用は停止となる。

自宅が動的IPアドレスである限り,何がしかの DDNS の遅延は避けられないのかもしれない。今後,商用電源も近所の太陽電池が増える一方だから,瞬間停電とか電源の品質低下も避けられないだろう。隣家の屋根に太陽電池が設置されたら,自宅サーバは止めた方がいいかもしれない。瞬低の影響を避けるためのバックアップ電源を用意したとしても,装置に使用されている蓄電池および電解コンデンサの劣化も避けられない。その寿命はサーバ本体に比べると 1/3 以下である。一般民家の太陽電池インバータによる低品質の売電を規制してもらいたいものだ。電源の品質低下の実証は隣家の同意を得ない限り不可能だ。インバータにも寿命の短い電解コンデンサが使用されている。性能劣化くらいならPL対象にならないのではないか。20年後の商用電力品質はどうなっているだろう。

蛇足
マスコミ政府は EV 促進を唄っている。合衆国の田舎州で農業を営んでいるまっとうな農民が EV を購入するとは思えない。EV のネックは電池寿命と狭い使用温度範囲である。雰囲気温度が -10℃ にもなると電池性能はかなり低下する。そんな電池で車内の暖房なしで,凍えながら子供を幼稚園に送ったり,病院に通院する気が起きるだろうか。電池の交換費用が気になる。プリウスは電池泥棒に狙われるらしい。そして電池は床下に設置されている。ゲリラ豪雨で床下まで泥水が冠水したら。絶縁はどうなるのだろう。短絡したらモータが起動しなくなる。へたしたら,パワーウィンドウも停止すると脱出もできなくなる。

米軍の軍用トラックは排気を上方に煙突のように立てているが,自衛隊は低い位置だ。国内は河川だらけなのに浅瀬,農業用水の渡河を考えているとは思えない。これも馬車の時代がないせいか。排気が上方なのは農用トラクタと建設機械くらいだ。不思議な陸自だ。工兵による橋梁でしか渡河しないのだろうか。本土上陸の段になって,米軍戦車渡河地点の調査を慌ててした経験はどうなったのだろう。自国の田んぼでの戦闘はない事にしているんだ。という事は,自衛隊は国内農地を守るのではなく,外国の農地を攻めるためにあるのか。一体,陸自の車両はどこで野戦を想定しているのだろうか。不思議な軍隊だ。

ガダルカナル比島戦では,米軍はトラクタを多用して沢を登った。日本は馬すらなく,日本兵は砲弾を担いで沢を越えた。。。陸自もそのつもりかな。長距離砲弾の重量は 30kg を越える。

参考
2017/11/02

外部 DDNS が落ちた

ルータがアホになって,例により Power on Reset をした。IP アドレスが変更になるので,自動的 DDNS が更新されると思っていたら,いっこうに変わらない。ieserver.net にアクセスして直接 IP アドレス変更通知しようと思ったら,アクセスできない。

Cman チェックによるサーバ監視ログと管理者の回答メール時刻から,最低でも14時間,マイサーバへのアクセスが不能になった可能性がある。

Cman 自動エラー検知    2017-10-31 17:27:15
DDNS メール問い合わせ 2:23
DDNS メール回答    8:04
DDNS 手動更新             2017-11-01 13:27:52
Cman 手動復帰確認     2017-11-01 16:16:57
 
ieserver.net 管理者によると,Apache が,
サーバーに負荷がかかり一時apacheが落ちており、ieserver.netサイトアクセスが行えなくなっておりました。 対策を行いサービス再開しております。
月に一度落ちるマイルータとめったに落ちない外部の DDNS サーバが同時にアホになった。こんな事が起こり得るのだと驚いた。丸一日マイサーバへの外部アクセス不能となったので,何か対策するつもりだ。お世話になっているサービスは無料なので文句は言えない。
2017/09/11

レンタルサーバのデータベース採択検討

さくらの Lite を契約している。Standard にアップグレードしないとデータベースを利用できないとの回答を得たが,サイト表示だと SQLite が Lite でも使用可。FC2 だと Lite でも利用できるが容量は 100MB だ。

さくら Lite SQLite 不明     \129/month
FC2    Lite MYSQL 100MB \300/month

どちらもEC向けなので容量が小さいのだろうと思う。データベースを公開しない限り,LAN 環境でいいかなと思う。それに SQLite と MYSQL との互換性と違いがわからない。データベース自体の可搬性を考えると SQLite が良さそうだ。しかし,LibreOffice BASE 上で使うとなると,
  • SQLiteは機能が貧弱。標準SQLの多くの機能が不足している。
  • SQLiteはデータ型が弱い。日時型がない。
だそうだ。

追記
SQLite の Insert は 40 倍遅いけど,数万件なら十分との見解もある。

蛇足
いつのまにか FC2 Lite が SSL 対応になっていた。FC2 はサーバが北米に設置されているので地震とか戦争の危機に強い。日本は自然災害が多いし,我が政府は合衆国のように対サイバーテロに注力しているようにもみえない。国民の通信セキュリティを守っているのはお役人だ。大都市が焼け野原,原爆を投下されても日本陸海軍は縄張りを守るのに汲々として本土防空は一元化される事はなかった。現在でも状況はさしてかわらないだろう。合衆国は政治家が役人を動かすのに,日本では逆だ。四国に獣医学部を創設する事が日本の国家戦略だそうだ。どうも経産省のアイデアらしい。農水省と文科省が冷ややかなのはそのせいか。

一人当たり GDP はシンガポール香港および台湾に追い越され,じき韓国にも先を越されるだろう。我が首相は官僚の神輿なのだろう。既得権(老人,大企業連合,農水産業)に依拠する世襲代議士に期待するのもおかしな話だ。大阪市の改革は若い世代が投票せず,挫折した。橋下氏が首相と会食を繰り返すところをみると,維新勢力は自民党の補完勢力かなとも思う。大阪市交通局,東京都港湾局の利権を解体するのは無理筋だったようだ。東京オリンピックの次は大阪万博か。国家の威信を追求するような目標はお隣のような国でもない限り,もう古いのではないか。

新興銘柄の東証マザーズが1部2部と比較するとさえない。年率 GDP 成長率 2.5% は零細個人企業には無縁だ。やはり安倍黒田の唱えるトリクルダウン説は製造業に関する限り間違いだな。

江戸幕府最後の将軍は国難に対処できず,西国雄藩の下級武士が指導者となって危機対処できたが,今ではそんな人材も枯渇した。危機になるとそれが露呈する。優れた指導者を選抜するシステムがない限り日本は戦争するのは無理だ。日本海軍の真珠湾奇襲をくらい,米海軍トップである海軍長官(政治家)は太平洋艦隊司令長官に少将に過ぎなかったニミッツを大統領に推薦した。日本人はオーガナイザをどうも軽視するようだ。

司馬遼太郎が止揚した明治精神そのものが今のご時世にそぐわなくなったのであろう。明治 150 年祭がやってくる。コミュニティのない風土に西欧風民主主義(立憲議会主義)は付け焼刃だったのか。

参考
2017/09/04

HIS 顧客情報流出とクレジット決済

ITpro によれば,
2017年3月18日16時3分~2017年7月27日17時30分になされた予約のうち、2017年8月1日~2017年12月31日に首都圏を出発する国内バスツアーを選んだ顧客の個人情報が流出した。予約代表者の氏名、性別、年齢、メールアドレス、住所、電話番号などが最大4566人分、同行者の情報は同7017人分が流出した。
 流出は2017年8月17日に判明。同社はセキュリティに関する情報収集を社外の専門家に依頼しており、外部のWebサイトにおいて予約サイトの情報流出を示唆する記述があったと報告を受けた。これを元に社内調査を実施したところ、外部から顧客の個人情報を含む圧縮ファイルをダウンロードした形跡が見つかった。
 同社は予約サイトをリニューアルする作業に原因があったと見ている。旧サイトから顧客の予約データを移行する際、誤って公開領域に同データを残したという。
ついアドレスを書き換える手間を省くため,このような不祥事になるのかな。私もサーバのパスワードを公開領域に残したままだった事があったから納得だ。この種のチョンボをなくすには,システム保守担当とシステム管理担当を別にして管理者が保守担当をチェックするしかない。管理者なら公開領域について熟知していなければならない。HIS システム管理者は給料泥棒かもしれない。その管理者を雇った経営者はもっとアホだろうか。Sony America は確か 200万人の顧客情報を流出させた。その時の現地社長が日本に戻ったら本社の CEO になった。満州中国で衝突戦争を拡大させた日本陸軍司令官参謀が本国に栄転していったのと何かしか共通点があるようだ。職責をまっとうしなくなる下限の人数はいかほどだろうか。働くならやはり,共同責任は無責任の大組織が無難か。何せ,日本組織では上司(司令官)はスタッフ(参謀)を選べないのだから仕方がない。

太平洋戦争時の米海軍ですら,艦隊司令官と機動部隊司令官の関係,司令官と参謀長の関係について悩まされた。砲術屋と航空屋はしっくりいかない。合衆国艦隊司令長官キング提督は 53人の司令官を解任した。日本海軍はたった2人だった。キングはエアーとサブマリンマークを持っていた。太平洋艦隊司令官ニミッツは潜水艦部隊を直率した。キングと同等のポジションだった永野は米軍のヒアリングに対して,潜水艦を知らないと言い切っている映像をみた事がある。自衛隊の海自幕僚監部でも似たようなものだろうか。自衛隊の最高幹部もしくは顧問には外人の提督とか将軍がいいのではなかろうか。陸自日報不祥事の陸自トップが顧問になった。後任者が不祥事を起こした顧問から助言を受けるのだから,喜劇に近いか。

 この種の不祥事に関して,クレジット情報は殆ど漏れない。決裁は見かけ上,販売サイトにあるようにみえるけど,別になっているのだろうと思う。販売業者は顧客のクレジット情報およびパスワードは一切,保存できないようになっているのだろう。

大阪地検特捜は大阪府とか近畿財務局に踏み込むのかなと思っていたら,籠池だけだ。つまらない補助金詐取に地検特捜が捜査か。私がいた研究所は合衆国をモデルにしていたので,PCを廃棄する際は HDD を物理的に破壊する事が推奨されていた。地検は HDD 消去を復元するそうだ。

日本陸軍は司令官を解任しないけど,参謀長は何人か解任左遷されている。という事は実際の作戦指揮は参謀長が指揮していたのか。

システム管理者が公開ディレクトリ下のファイルをチェックしないなら,プログラムで代行した方がいいだろう。ある特定名のファイルをスキャンするだけでいい。そんなプログラムを常駐しておけばいい。こんな簡単な事すらしないシステム管理者とは一体,何を仕事にしているのか。今はやりのAI以前の問題だ。

危機になると指導者の実務判断能力が問われる。ヒトラーとチャーチルを比較したTV番組があった。どちらもバカだったけど,チャーチルは他人の話を聞いたけどヒトラーはそうではなかったそうだ。バトルオブブリテンでは2人の空軍司令官に全権を委任したチャーチルとやたらと兼職したヒトラー。日本の大元帥はポートモレスビー攻略とインパール作戦を示唆した。現人神なら,何も言及すべきではなかった。今上陛下は実に慎重だった。幕末の長州藩主は何もしなかったから,慶喜に勝てた。日本人同士の争いならこれでもOKだろうが,異民族相手となるとどうか。国史ばかりを強調すると,ロクなことが起きない。明治陸軍の元勲山県は明治天皇が居眠りすると,小突くほど権威があった。昭和天皇の権威は大したもので,東條をはじめとして天皇の示唆を諫言した昭和軍人は皆無だったのか。昔は天皇上皇が動員令を発動すると内乱になった。ローマ教皇みたいなものだ。天皇が幼帝の場合は意外と平和なのだ。しかし,非常時(有事)には国民の動員は欠かせない。国民の徴用がお役人まかせになるのは仕方がないのだろう。

つまるところ,非常事態宣言と軍政をどうするかだ。沖縄では日本陸軍と内務省は軍政を拒否し,県民保護責任を回避した。組織だった県民避難はどうもなかったようだ。指示通達のみか。