2018/05/28

Ruby ファイル共有とルータ稼働日数

Windows 10 Home 上の Ruby 2.4 で LAN 越しに XP ファイルにアクセスしようとするが,上手くいかない。検索しても,Samba とかばかりだ。試しに TCP/IP 経由でもダメである。自身の仮想ドライブ上のファイルも不可である。PATH が通っていないせいかと思い通したがダメだ。コマンドプロンプトから仮想ドライブに移動し,素の Ruby を実行するとOKである。どうも Ruby 自体の問題ではなく Eclipse なのだろう。いくら何でもこれはないだろうと思うが,Linux が主対象だから仕方がないのか。そういえば,Linux はマウント操作が必要だったと思い出した。

Ruby on Eclipse は Windows パーティションで切ったドライブを操作対象とするとアクセスできない。昔の DOS の感覚でドライブを増やすのはマルチプラットフォームの Eclipse では御法度なのだろうか。 

Windows 7 の時はどうだっただろうか。思い出せない。昔のバックアップソフトは今でも Windows XP にアクセスできている。.NET Framework を用いてコーディングしたら何の問題もないが,VS2010 以外のMSツールでは主目的の XP SQLite アクセスコーディングがどうにもならない結果となってしまった。Slip21 自体を改変する事にした。

ワイヤレスと外部Pingを止めたルータ稼働日数
脆弱性が酷いワイヤレスルータを有線に限定してから快調である。114 日 21 時間 54 分 22 秒 連続動作している。これまで1箇月経つと,アホになっていた。ワイヤレス接続はアクセスポイントに担わせている。家人が繋がらないと不平を言われる事もなくなった。ゲーマの親父がルータをいじりだすとルータが止まるのが結構ネタらしい。その辺のルータはサーバを設置したり,息子のヘビーユースを家庭用ルータでは想定していない。検索したら,高価な NEC 商用ルータでも止まる。負荷を廉価器で分散させるのは正解だった。ギガビットルータも有線専用の方がいいのではないかと思う。合衆国発のイーサネットは偉大だ。

SQLite IOアクセス時間
兵器の場合,多目的用途は安くなるようで,実際は高くつく。合衆国の標準局 NBS は兵器のスタンダード化から始まった。日本のようなお上による度量衡統一目的ではない。互換性があるから,安い機器でネットワークが組める。将来的には Windows LAN もなくなるのだろうか。公式サイトだと Windows 10 Home は ¥19,008 だ。誰が新規購入しているのだろうか。Microsoft が Ruby に冷淡に思えるのは考え過ぎだろうか。
Win10-7read-sql.jpg 
上図はローレベルファイルI/O時間の比較でWin10 は Win7 より半分ほどの速度だ。Unix と同様 DOS もあらゆるデバイスをファイルとして取り扱うから,Windows 10 のキーボードレスポンスが遅い理由も納得した。ソフトを公開しているので Windows 10 でのデバッグをしているけど,Windows 7 に戻したいくらいだ。

嘉手納にカナダ軍の P3C が飛来した。NATO 各国の海上哨戒機は相互リンクができるのだろう。海自も護衛艦は米艦とリンクできるから,海自の P3C と米艦とのリンクもできるはずだ。しかし,海自は陸自とリンクができない。これをおかしいと思わないのがおかしい。変な軍隊になったが,歴史をみれば日本陸海軍はバラバラだったから日本伝統でもある。

ノルマンジ上陸作戦では,上陸部隊支援火器および空軍では破壊できなかった海岸砲台を駆逐艦が近接して破壊した。多分,光学照準による直射だったのだろうと思う。かなり危険な任務だ。日本海軍は明治来,「陸上砲台とは撃ち合うな」が鉄則だった。伝統墨守の海自は,海岸防備に関心がないのだろう。日本の海岸は見事に石油タンクおよび精製所,鉄鋼プラント,原子力を含めた発電プラントが海中からの巡航ミサイル攻撃に無防備である。日本人が自覚して海岸防備を固めたのは古代大和政権,鎌倉政権および明治だけである。仕方がないだろう。清朝に至っては,倭寇の略奪を阻止するため,海岸から領民を内陸に移動させたくらいだ。しかし,これは遊牧,牧畜民の知恵である。有事危機対策の基本はヒトが移動避難するのが原則だろう。沖縄戦では全く失敗した。島嶼防衛の要は簡単に粉砕される歩兵の駐屯ではなく,住民の避難が第一義である。

そのうち空自は海中発射巡航ミサイル迎撃は空自の任務ではないと言い出すのだろう。大平洋戦争中,海軍次官は米潜に輸送船を沈められ,360 隻の海防艦がないと航路帯を維持できないと内閣に開き直った。その当時,対潜海防艦は1隻もなかったから開いた口がふさがらない。お役人とはこんなものという見本だろう。その次官とは大和特攻の司令官伊藤整一であった。

参考
2018/05/14

WiFi パスワード強度と WPS の無効

NHK がフェイク アクセスポイントのリスクについて注意を喚起した。以前から気になってはいた。ロシアとか中国のホテル,空港から WiFi を使えば筒抜けだとは思っていた。どうも簡単に,信用情報も盗まれるようだ。
暗号化されていない無線LANを通じて、スマートフォンから会員制のサービスにログインしたところ、入力したIDやパスワードが、特殊な技術で通信を傍受した別のパソコンに表示されました。

私はスマホでオンラインショッピングしないのでスキミングの可能性は低いけど,これからスマホ決済になると どうなるのか。スマホを2台持ちしないと いけないのか。

自宅周辺に15個のワイヤレス SSID が表示された。全てが暗号を掛けられているが,その強度が気になる。WEP だと5分で破られるそうだ。私のワイヤレスAPは WEP をサポートしていなのでデフォルトの桁数がわからない。ヒトが考えるパスワードには規則性があり,大してパスワード強度強化にはならないようだ。ソニーアメリカのパスワードが破られたけど,タコみたいなパスワードだったのかもしれない。きちんとした乱数でないといけない。脆弱性が酷くてワイヤレスを止めた Corega の暗号は8桁しかない。一応乱数発生機能はついている。

20桁が必要になるようだ。今のAPは63桁までいける。使える文字種が不明で,問い合わせると英数字,スペース,ハイフォンおよびアンダーバーだけで記号はだめだった。機器を新設する際,63桁も入力するのは大変だ。プロキシ接続を拒否するサイトへの侵入するには,ハッカは破ったワイヤレスAPを利用するのだろう。会社の LAN なら休日はワイヤレスAPの電源を落としてもいいかなと思う。週明けに最初に来た社員がコピー機の電源を入れるようにワイヤレスAPの電源も入れる。コピー機のそばにワイヤレス機器を置けばいいだけだ。

蛇足
Microsoft が司法省を独占禁止法に抵触するか,どうか争っていた頃,巷では暗号化を256ビットで取引したと噂されていた。NSA のような政府機関は当時でも256ビットの暗号化は破れるから認証したという訳だ。NSA の記念館に日本外務省の暗号手が手抜きした無暗号コードを展示しているそうだ。暗号手が受け手の手間を省くためか,自分の仕事を手抜きしたかったのか最初の語句を素で送信したそうだ。

ラバウルに連合艦隊司令部を移動した山本は,自身の視察スケジュールを暗号強度の低い無線通信を用い,前線基地に通達した。現地司令がラバウルに赴き,放送したのと同様だから,参謀長に視察を中止するようにと具申したら,拒否もみ消しに合った。山本が暗号を重要視する提督ならスタッフの長である参謀長は報告しただろう。愚将と称される所以だ。その代わり,スタッフ(参謀)に情人宛の恋文を持参させるほどの人物でしかなかった。何か財務次官と重なる。海軍省と財務省は鼻持ちならないエリート気取り集団なのかと思う。

昔は盗聴と言えば,警察だと屋外の電話線に盗聴器(共産党と公明党がターゲットだった)を仕掛けたりしたり,電話局に盗聴員がいたものだが,今や簡単に機械が盗聴する。霞が関と議員との通信は以前は FAX でそれなりに NSA とか CIA は盗聴に手間がかかったけど,いまでは Email LINE だから盗聴は楽になったと思う。合衆国に官邸の動向は筒抜けだろう。まさか官邸の秘書官までが LINE とはどこまで日本の官僚は間抜けなのだろう。しかし,LINE を使用し意図的に秘書官が合衆国にリークしている可能性の方が高いか。実際,合衆国に否とされた首相は辞任に追い込まれてきた。政財官に合衆国による諜報網ができている。

合衆国が露骨に仕掛けたのが IBM スパイ事件だろう。ダイキン,トヨタ,コマツはアメリカ人が思い浮かべる日本企業製品だ。アニメにこの3社はよく出てくる。当然ながら,監視対象である。野洲川沿いに三共製薬の研究所があった。農薬の研究をしていたから,CIA が監視していた。というのは 農薬=化学兵器 だからだった。その三共も農薬から手を引いた。巨大企業モンサントもバイエルに買収されて撤退するらしい。合衆国の化学兵器部門はどこが担うのだろうか。核兵器と同じで小さな企業が国研とつながって R&D を維持するのだろうと思う。米軍が北鮮侵攻に二の足を踏む理由の一つに北鮮の化学兵器がある。先兵となる米海兵は防毒ガスマスク,防護服着用訓練を欠かさない。ライフル同様,手足の延長になるまで訓練する。櫻井よしこが口にする斬首作戦はたわ言に近い。多分,彼女はライフルを撃ったこともなければ軍用防毒マスク着用の経験もないかもしれない。平安幕末の貴族と似たようなものだろう。しかし,日本ではこういった上から目線での観念的国防が歓迎されるのは DNA だと思うしかない。

私が使用しているパスワードは10桁以上だけど,強度は普通の判定だった。Token がよくないようだ。ハッカは自分の活動範囲内に侵入するAPを持っているのだろう。WiFi は規格化されているから,パスワードさえ破れれば侵入は簡単なのか。子供の頃,見ていたTVドラマ スパイ大作戦だと,盗聴するにはバンの大きさだった。今や,PCどころかスマホでも可能になった。一般家庭だとAPの電源を落としたり,電波を止めるのは不便だろうから,とりあえずパスワードの暗号強度を上げるべきだろう。このパスワードはPCとかスマホによる設定画面ログインパスワードではないので念のため。

NIST は最低でも64文字のパスフレーズを推奨。。。PC通信をしていた頃,パスワードを4文字にしていたら,あっさり3千円を詐取された。当時は認証プロトコルをルーチン化してパスワードを探索していたのだろうと思う。総当たり方式でもなく,パケットを集積してもパスワード解読が可能だと言う。ワイヤレス通信を傍受し集積さえすれば,パスワード解読がタダで容易とは知らなかった。Kali Linux は警察自衛隊必須の装備品だろうと思う。Virtual Box を使えば Windows でも動作する。公務員とか社員学生を監視したければ,WiFiを所内に設置開放,使用させパケット集積したら,いろんなごみ情報が集まりそうだ。合衆国が LINE を盗聴する前に,防諜部門による総理秘書官の LINE 監視が先だろう。国民の監視に熱心な割に自己組織に甘い何か変な日本の防諜だ。中国が力を入れているのは個人認証とこの分野だ。昔,武富士の経営者はトイレ役員室に盗聴器を設置していたと思い出した。

Google はデータマイニングと広告を結び付け巨大企業となった。普段と違う環境からアクセスすると,注意喚起のメールが来る。考えようによっては監視されているのかとも思う。冷戦の頃,Newsweek 日本支社は CIA の派出所だった。逆に戦前の日本は商社を隠れ蓑にした。

ティラーソン国務長官が解任され,マクマスタ安全保障担当補佐官も解任予定だと言う。国防長官と首席補佐官が元海兵大将とは考えさせられる。

今気になっているのは,地検特捜が何故,森友の件に関して朝日にリークしたかだ。家人が合衆国は日本の首相を選ぶ事はできなくても,辞めさせられると言う。安倍首相の進めようとしている政策課題の何が合衆国の国益に反したのだろう。昔,落日の皇帝を宰相とか官僚が先に見捨てた。この現実的な処世術を否定したのが朱子学だ。次が宦官そして最後に皇族に裏切られた。これを日本の総理に置き換えれば,秘書官と言えども中華王朝の官僚と同じだろうと思う。しかし国策を担う総理秘書官が LINE はどうみてもマズイだろう。清朝末期のように何かタガが外れてしまったのかもしれない。
秘書官ら官僚、他の副大臣、与党議員ら約30人と複数のグループを作り、日程調整や簡単な指示、意見交換などにLINEを使ったという福田氏は「グループ内でのやりとりが時系列で確認できるのでメールより便利。若い世代の政治家なら日常的に使っている」と話す。
WPS の無効
APの WPS を単に使用しないだけでなく,第三者のアクセスを完全に遮断するため WPS 自体を無効にした。会社なら,社員が退出した後,管理者が設定を変更すればいいだろう。裏口とりわけ無線は施錠だけでなく,開かず状態が良い。2018-04-15

参考
2018/04/13

PHP を始める前に他の選択肢は?

WordPress は PHP により記述されており,PHP + BootStrap でサイトを制作更新しようと思う。

PHP 本家のソースをアップロードしてサイトを開いたら,正常に表示できた。php.ini は空でも支障がなかった。Flywheel のデモページ不具合は Preferred ではなく Custom でないとだめかもしれない。

WordPress 抜きのローカル開発環境を考えないといけない。さくら ライトは MySQL をサポートしていないと気づいた。SQLite と PHP の関係が気になり検索したら,「SQLite3 拡張モジュールは、PHP 5.3.0 以降デフォルトで有効となります」とあり,PHP7.1 に設定しているからOKだ。

数年前,GUI PCプログラミングを VB4 で始めて 今では古過ぎて移植も手間がかかり新しいツール導入の障害になっている。これに懲りて PHP 以外に何があるのか検索したら,Python が良さそうだ。Python のオランダ人開発者は Google で本来業務以外の 50% をこれに費やす契約だったそうだ。

昔 CUI の Borland C++ を使用していた。その前は Turbo C だった。これを開発したのはデンマーク人で Borland が開発ツールから撤退すると,競争相手の Microsoft に移り C#を開発しておりフェローだ。CPU が変わるとコンパイラを設計しなければならないし,大量のライブラリも整備する必要がある。ごくごく少数の限られたプログラマが従事している。そのなかで日本発の Ruby は希少だ。根幹はアセンブラ記述し,ライブラリは各自の言語で記述しているのだろうか。それとも標準的なバイナリコードがあるのだろうか。Linux とかをコンパイルするような人たちなら わかるのかな。ライブラリすら作成できないので想像するしかない。欧州で生まれコンピュータサイエンスを学び,合衆国に渡り活躍する。PHP の開発者もデンマーク系カナダ人だそうだ。Google のスタートアップ前の研究に日立が援助していた。検索と広告をつなげるビジネスを産み出し急成長した。これからはインドとか中国から新奇情報ビジネスが出てくるのだろうか。

SQLite keywords
PHP の習得とデータベースの構築も兼ねるつもりだ。SQLite には 124 個の keywords がある。これを使いこなせるようになるのにどのくらいかかるだろうか。

参考
2018/04/09

WordPress による決済と古代日本金融

サイトにデジタル決済 Stripe を設置しようとしたら,どうも個人事業だと WordPress と PHP が当たり前のようになっている。現在 使用しているレンタルサーバは PHP 対応しているので,検討し始めた。従来の Html 言語ならローカルでのテストは何ら支障がないけど,PHP となるとそうもいかない。

試しに Flywheel を導入したら,ローカルで PHP 環境が簡単に設定できた。すばらしい。しかし Free 版は Preferred が推奨され Custom 化はダメかもしれない。さくらのデフォルト PHP バージョンは 5.6 だけど,7.1 も可能なので,Flywheel に合わせ変更した。生成された大量のファイルをサーバに転送してテストすると,ローカルではサンプル画面が表示されるのにダメだ。どうも PHP 起動に必要な php.ini がない。何かひな型を転送すればいいらしのだが,どうしたらいいのか わからない。とりあえず WordPress を切り分けてトライした方がよさそうだ。XAMPP を使ったローカル環境もあるようだ。

この発端は Microsoft Visual Studio 12 だった。ローンチ画面は ASP.NET になっている。アプリがブラウザ内で動作するプログラムだ。当然 .NET Framework が使えるので これは魅力だ。しかし サーバは Microsoft 限定だ。検索したら Microsoft サーバを提供しているレンタルサーバ料金は信じられない程 高い。高価なわりには受けるサービスのメリットが ASP.NET だけでは物足りない。ボツだ。

Flywheel を導入する際,Oracle の Virtual Box もインストールされた。Microsoft と異なりタダだ。Microsoft のビジネスモデルの終焉が近づいてくるのかもしれない。でもサーバビジネスが好調だから わからないものだ。IBM 化を考えているのだろうか。まあ 見事にドイツを除いて合衆国の技術とビジネスモデルばかりだ。ロシア人,フランス人,日本人はさえない。中国人なら英語も得意だしビジネスモデルをそのままコピーして始めるだろう。中国人学生が日本に留学しなくなる筈だ。何のメリットもない。コンピュータサイエンスと経済学部がショボい国家に未来はない。両学部の教授レベルが上がらないと,大学ランキングも下がる一方だろう。
コンピュータサイエンスの大学院で、中国の清華大学はMITやスタンフォードなどのアメリカの大学を抜いて、いまや世界一の評価だ(「清華大学が世界一で東大が91位という現実」参照)
著名外国人教授を招くだけで優秀な留学生が来るのに どこの大学も教授は日本人だらけだ。尊王攘夷の国だから仕方がないのかもしれない。江戸期 藩主は競って藩校に著名学者を招聘した。外国人は不可能だから メガネにかなうのは一握りの日本人先生達だった。日本のダメ大学筆頭は早稲田だろうか。外国人どころか他大学出身 教授はどれだけいるのか。

スパムメールは中国所在の .com ドメインの流暢な英語ばかりだ。私のサイトが英語表示のせいもある。日本語サイトでメールアドレスを曝したら,日本語で発信されるのではないか。Gmail のスパムチェックは大したものだ。殆ど皆無である。しかし Gmail をビジネスに使用するには料金が結構 高い。検索したらスコア変更で SpamAssassin もよくなるかもしれない。

何で早稲田がQSで こうも評価が高いのかわからない。Brown University と同等だ。
評価指標は、雇用者による評価、卒業生の活躍、主要企業との共同研究実績、企業などの学内採用活動、卒業生の就職率等の項目からなり、早稲田大学の企業との連携した取り組みや学生の卒業後の活躍が評価されました。
とあり,教授陣が評価された訳ではない。考えようによっては当たり前の結果か。優秀な学生に凡庸な教授,なにか旧陸海軍とか日本組織によくみられるパターンだと思う。

Stripe のような決済サービスと「楽天コイン」はどうなっていくのか。三木谷は Borderless Currency(国境のない通貨)とスペインで呼んだようだ。仮想通貨で為替手数料がなくなったら,三菱東京銀行とか商社の為替トレードはどうなるのだろう。G20 当たりで規制するのだろうか。とりあえずEU圏のユーロと中華元は困るだろう。えらい時代に生きる事になった。バチカン(修道院)とイタリアのメジチ家が始めた為替ビジネスが大きく変わる。

古代日本の金融とデジタル通貨
日本だと両替商が富を蓄積し,身分制が崩壊すると財閥に変貌したりした。天平年間,越中物部 族子島(やから こしま)が銭 1000 貫を東大寺に寄進している。また伊賀の領主 藤原定遠が東大寺に負債があった。どうも東大寺は金融センタだったようだ。東大寺がどのように貸付 利子を得るようになった経過が気になる。東大寺の別当がどう領主化したのか。油倉がキーになっていたようだ。穀物ほど保存のきかない油が貸付原資になるとは意外である。

Borderless Currency の裏付けは IMF SDR ではなく US$ になるような気がする。円とかは地域通貨になるのか。石油と食糧を輸入に依存し,核兵器のない日本国通貨が,しかも放漫財政でもあるからだ。仮想通貨が普及すると,隣国だと国際通貨になっていない韓国ウオンとか台湾ドルは恩恵を受けるだろう。ますます日本は不利になる。

世界で最も早く兌換紙幣を発行した中国はどう対処するのだろうか。楽天はとりあえず アリババのように合衆国で上場しないと,楽天コインの信認のハードルは高いだろうと思う。というのは仮想通貨の最大ユーザは中国人になるからだ。南米アフリカの貧乏人ではないと思う。インフレ偽造通貨に悩む発展途上国の民にとってもリスク回避になる。ロイタによれば通貨が紙切れになったベネズエラでは急速に仮想通貨が普及していると言う。

「楽天コイン」と円天は何が違うのか。どのみち通貨には いかがわしさが残る。それはドルでも円でも同じである。いかに富(貨幣)を蓄積しようとも 天国には持っていけない。富を何に蕩尽するか。西欧では それが戦争であった。

合衆国も共通の敵である英国王,ファシズム国家,ソ連,中露があってこそ連邦政府の発行するドルが信認されている面もある。メノナイトのようなキリスト教原理主義者達はドルの蓄積に関心がない。外敵がなくなれば合衆国は分裂するかもしれない。連邦政府 = 連邦軍 の関係がある。日本政府 = 日本軍 の関係がないのは植民地もしくは隷属国である。私はこの状況が日本人に適していると思う。外国の軍隊が駐留する日韓はかつての南ベトナムと同様である。西独は NATO 諸国の かなめ として合衆国製戦術核を運用していた。日本の核アレルギーがそんなレベルに達するのは永遠に来ない。核戦争は無理だ。

イラクシリアをみればわかるように弱者ほど大量破壊兵器を使用する。土壇場の北鮮が大阪に向けて発射する可能性はリスク管理では測れない。リスクのように統計で求められないからだ。大阪万博を止め 核シェルタを建設した方がましなのだが尊王攘夷の維新勢力ではどうしようもないな。大阪市幹部用のシェルタすらないかもしれない。海自が空母を検討するらしい。陸自担当の北鮮核ミサイルと海自の対中国海軍,戦前同様国防方針が分裂したままだ。

米軍が来襲すると わかっていても戦前の沖縄県庁と32軍は互いに責任転嫁に徹した。合衆国の知事だったら避難指揮所を開設して,戒厳令を布告していただろう。何を何から守るのか。考えているようで,我が国は少なくともフィリッピン政府以下であるのは確かだ。いまだに危機対処に軍政をどうするのか,曖昧のままだ。NHK ネット速報が福田元首相の PKO どうのこうのと言って憲法改正は不要不急だと言っていた。結論は合っているが,前提が全くおかしい。日本の危機対処のために自衛隊が存在するのであって海外貢献のためではない。彼が首相のときに危機が召致せずに良かった。核アレルギーと軍政否認に憲法改正は虚しいだけである。沖縄と広島長崎の悲劇が こうも活かされない国家も ある意味 貴重なのかもしれない。

米軍来襲の危機に際して,沖縄県庁は自然消滅したそうだ。そんな県庁に税金を使わせるのはムダ使いだろう。平安期の国衙も官符を伝達するだけで,武士の台頭とともに長い期間をかけて室町期に消滅した。日本はどうも革命は苦手のようだ。米中に翻弄されながら,少しずつ変わっていくしかないのだろう。

明治 150 年,憲法改正,天皇代替りを祝っているうちに,取り残されている自己に気づかず亡びる可能性は結構ありそうだ。古代ユダヤ族同様,日本の民族性も変えようがない。古代ギリシャ文明は間欠するペロポネソス戦争の間に,自ら自覚することなく滅亡した。

日本の県議会と合衆国州議会,ドイツ州議会,スペイン州議会の違いを想うと,結局,歴史的武装市民,武装農民 民兵に行き着く。日本の農民が武装を始めたのは室町期である。日本システムと西欧との分岐は江戸期ではなく中世室町期だったのか。

参考
中世的世界の形成 p51 p62
2018/03/26

スパム対策とドメイン認証

SpamAssassin
サイトに Gmail アドレスを曝しても,スパムは皆無に近い。しかし,レンタルサーバが提供する組み込みツール SpamAssassin は非力だ。試用したが,どこが暗殺なのだ。学習とはいいようで,人手で排除しなければならない。ユーザがアサシンにならなければならない。タダなので仕方がない。何も省力にならず,手間が増えるだけだ。

無料 SSL 認証
スパムのドメインにアクセスしたら,中国語表記のフィッシングサイトだった。SSL で暗号化されたサイトで,何とルート認証は Digi Cert だった。以前から,無料の Let's Encrypt は知っていたけれども,設定が面倒で採用を止めていた。フィッシングサイトですら有料ドメイン認証を利用するのだから,ドメイン認証だけでは Trust を得るのは困難だ。詐欺会社が登記されてるいるのと同じかな。少なくとも運営者が Google Map に存在し,日本語だと特定商取引に伴う表記が必要だろう。Google を排除している中国から Gmail アドレスのスパムが来るとは妙な感じがする。架空のアドレスだから,Gmail だと簡単にチェックするだろうと思う。中国本土で使える代表的フリーメールは, Yahoo!,Hotmail,gooメールらしい。

大手サイトだと,どれだけのスパムが「お問い合わせ」に来るのだろうかと思う。システム担当者が SpamAssassin をカスタマイズしているのだろうか。Sakura サーバの SpamAssassin はワイルドカードでの取捨選択ができないので,メーラでフィルタリングするしかない。ショボいな。個人だと,サイトにはアドレス画像表示が妥当かな。
Let's Encrpytが発行した正規の証明書を使ったフィッシング詐欺サイトが増加したことも事実だ。正規の認証局から発行された証明書であるため、アドレスバーに表示される証明書アイコンの色を確認するだけでは詐欺目的のサイトであるかどうかを確認することは難しい。
さくらインターネットの障害情報によれば,デジサート社側のオンラインサインアップが3箇月近くも滞っていた。SSL 更新はさくらだと60日前から受け付けるから,早めがいいかもしれない。問い合わせたら,入金方法により異なる。最速はクレジット,最も遅いのは郵貯でなんと最悪6日かかる。電信でもこんなに日数を要するのだろうか。電信といっても,電報の時代と変わらずヒトを介しているのだろう。そういえば旧日本軍は暗号書をもとに暗号化復号化していた。米独はタイプライタ式の自動化暗号機だった。さらに日本軍はカナ文を通信員が漢字カナ混じりに変換していた。戦国期の伝令はカナ文だった。どこでおかしくなったのか。戊辰戦争では流麗な命令書が起案されていた。島原の乱と戊辰戦争の間で武士の官僚化が生じたのだろうと思う。

デジサート側の障害アナウンスはない。digicert.com によれば,Standard SSL が $157 だし,ビジネス戦略は高額商品を中心にするのかな。それにしても,障害に関して何のアナウンスもないのは嫌味ではある。中国ロシアが頑なまでに合衆国のインターネット支配に抵抗するのもわからんでもない。「自由」と独占が共存するのが合衆国。「隷属」と独占が中露か。日本は後者に近いだろうか。まあ,貧乏人は Let's Encrpyt を使えばいいのだろう。Encrpyt のスポンサーには Microsoft が入っていない。有料 SSL が障害を起こし,浄財による無料 SSL が障害なしか。なんかアメリカ文明のいい面を感じさせる。キリスト教原理主義のもたらすトリクルダウンは実際にあるのだと驚く。Google, facebook そして さくらもスポンサーだ。自由戦士,人民よ,暗号を使おう。

さくらの SpamAssassin 
一方,Gmail のアドレスを長年サイトに曝しているが,スパムは来ない。Google は大したものだ。POP 経由でないと,他のアカウントを Gmail に表示できないけど,スパム対策だけでも価値がある。さくらの SpamAssassin ツールの学習を止めた。Thunderbird のスパム対策も Outlook よりはましといった程度のようだ。香港で事業をやっていた方によれば,日に数十通のスパムが来ると言う。中国人はスパムに耐性ができているのかな。

日中開戦となれば,巡航ミサイル,ドローンの飽和攻撃だろう。自民国防族が米海兵仕様の F35B の採用を煽っている。金食い虫の空母と有人戦闘機の時代は終わったと思う。自動車のような難度の高い分野でもAIを駆使した自動認識だ。これに比べたら敵味方識別装置のある航空兵器はタコだ。中韓北鮮によるサイバー攻撃でも,なすすべはないかもしれない。内閣防衛省はどんな言い訳をするのだろうか。原爆の悲劇は今度は喜劇になる。言い訳もなしか。前回の政府発表は1億総懺悔だった。。。さくらによれば,SpamAssassin の判定基準は,
判定する条件は複数ありますが、代表的なものが次のようなものとなっております。  
HTMLメールである 
送信元メールアドレスのアカウント部分に数字やアンダーバー(_)等の特殊記号が含まれている 
件名に「!」「?」等の記号が含まれている 本文中にURLが記述されている
たったこれだけである。アサシンの命名が泣ける。どうみても ユーザ顧客に学習させるスパム対策ソフトはNGだろう。Google なら中国に対抗できそうだ。Microsoft は金のためなら,中国どころか悪魔とでも取引をする。合衆国TVアニメをみていたら,ビルゲイツは地獄に落ちていた。。。さくらサーバのメールを Gmail のスパム対策効果を期待して,Gmail で送受する設定に変更した。スパムよりは広告の方がましだ。

結論はさくらのメールサーバのスパム対策は気休めにもならない。ひたすらユーザが人力で学習させる。東アジア的だな。Gmail のフィルタリングを活用する。タダだよ。さくらのメールサーバビジネスも先が見えた感じだ。それともフィルタリング設定を趣味にしている方も結構,多いのだろうか。

FC2 は Google Apps を勧めている。月額 \600 だ。私のような頻度では POP でも問題ないと思う。年間 \7,200 の節約になる。ただし IMAP は使えない。

Gmail を拒否する組織,組合,大学は結構ある。会社,農協とか私大は民間組織なので拒否設定はなんの問題もない。しかし,税金で運営されている市役所,国立大学法人の Gmail 門前払いは おかしいだろう。スパム対策と称して拒否設定になっているのかな。公儀意識丸出しの感がある。新聞記者が偉いのではなく,新聞社が偉いのと同じ類だ。パスカルは考える葦と言った。私は一介の民草である。昔,人気のなかったパリーグに「草魂」を売りにしていた大投手がいたと思い出す。

合衆国の自由の精神と日本の自由はかくも異なるのか。国会の 2/3 を占める与党および補完政党をみると翼賛政治になった感がある。最大与党名の「自由」民主党と北鮮の国号の「民主主義」は似た響きがある。盛り土で死ぬ公務員と過労死の社員を考えると,どこが自由なのかと思えてくる。
SubmarineCable.jpg 

上図は東シナ海周辺の海底ケーブル分布の様子だ。古いので台湾中国本土直通ケーブルの表示がなくインドネシアのネットワークが記載されていない。中国は世界の工場になり,スパムも発散させるのか。Ping だと Tracert を使えば経由ルートがわかる。メールもわかる仕組みになっているのだろうけど,仕組みを知らない。Google Map と連携した海底ケーブル表示だと,北方領土海域は皆無になっている。ロシア全体をみてもオホーツク海とウラジオストクしか表示がない。軍機で公開していないのだろうか。北鮮も海岸があるのに海底ケーブルがない。北鮮と通信すると,中国とかロシアに筒抜けなのだろうと思う。中国はいまだに北米との間に自前のケーブルがない。日本が米中交渉を盗聴しようと思えば,簡単である。日本の外交暗号は連合国に筒抜けだった。ポツダムの秘密協定を察知できず大戦末期の日ソ交渉は意味がなかった。当時は無線だった。冷戦たけなわの頃,海底ケーブル近くに潜水艦が潜み漏れ電磁界から盗聴していたと小川の本にあった。海水は電気が通るので今でも,本当かなと思っている。

イギリスの学者が収集した facebook のビッグデータがロシアに渡され,米大統領選に活用されたらしい。事実だと怖ろしい国だ。日本には諜報機関がないので米中韓露そして北鮮にしたら,赤子のようなものか。冷戦期,社会党にはソ連から金が渡され,労働組合幹部の子弟はモスクワ大学に留学できた。ソ連留学生の一部はスパイにリクルートされただろうと思う。日本の事だから,スパイも世襲かもしれない。北海道と東京はロシアのスパイだらけだろう。facebook の件は謀略の匂いがする。
ケンブリッジ大講師のコーガン氏は、フェイスブック上の心理テストを使って集めた利用者の個人情報を、英データ会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)に売り渡したとして批判を浴びている。コーガン氏は、配偶者の姓であるスペクターを名乗ることもある。  フェイスブックによれば、約27万人がこの心理テストを提供するアプリをダウンロード。このアプリは、利用者に通知したり同意を得ることなく、全てのフェイスブック上の「友人」についてのデータも収集していた。コーガン氏は、こうして集めたデータをCAに提供していた。
英国が情報源だから半分,マユツバだろうか。今は msec 単位で巨額の資金が移動する。機械が判定して売買する。当然,これを逆用する輩も出てくる。選挙戦で劣勢側にビッグデータを売るビジネスがあるんだと驚く。一強多弱のロシア日本では成り立たないビジネスだ。韓国なら確実に売れると思う。

対日経済制裁
世耕経産相が合衆国の鉄鋼アルミ輸入制裁に日本が入らないとの観測を述べていたが,翌日の発表ではリスト入りしていた。経産省の対外情報収集能力は大した事がないと思う。商社の方が確かかもしれない。鉄鋼商社は口銭で稼ぐから担当部署は死活問題である。かつて日米繊維交渉で譲歩を渋った佐藤首相はニクソンにしっぺ返しで退陣となった。合衆国で生産する日本車は特殊な高張力鋼を使用している。対日鉄鋼制裁を解除できなければ,経産官僚を重用してきた首相がツケを払わざるを得なくなる可能性が出てきた。官邸は読みを誤った感じだ。安倍政権に気をつかってきた NHK ですら,刺激的な見出しとなった。悲願の憲法改正も吹っ飛んだか。合衆国にNoと言われたら,鳩山由紀夫のように退陣するしかない。地検の盛り土リークは合衆国筋だったのか。それだと筋が通る。政権はトランプ周辺への便宜利権供与を怠ったのかもしれない。大体,合衆国は金で動く Deal 重視のわかりやすい国だ。外務省ルートはどうだったのか。経産大臣と首相当人は日本が制裁リスト入りとは思わず,寝耳に水だったのか。わからんもんだ,外交通商交渉は。

日本は報復対米経済制裁できるのだろうか? 合衆国の鉄鋼非課税国と課税国の違いはアメリカ大陸を囲い込んだ新モンロー主義にもみえるが,韓国も優遇されている。日中と韓国の違いは韓国はキリスト教国くらいか。かつてドイツが英国の製造技術をことごとくコピーしたように,韓国もそうした。北米の日系自動車製造工場は韓国製鋼板に切り換えるだけか。逆にポスコの株価は反落している。優遇される韓国鉄鋼会社の株価がさがる。どう考えたらいいのだ。鉄鋼はもう高度先進国の輸出産品とはなっていないのかと,思わざるを得ない。今は,中国,インド,ブラジルの主要産品なのだろう。マーケットはポスコの勝ちはないと踏んだのだ。

韓国は大統領選挙があり,政権交代が起きる民主主義国家である。日中は選挙があるけど,政権交代はない自称民主主義国家である。中国の国家主席と日本の天皇は国民が選びようがない。日本の鉄鋼は衰退産業なのに大量の余剰労働人口を抱えている。これを名目にリストラすればいい。安倍には無理だった,日本の構造改革にトランプはスイッチを押してくれたと考えるくらいがいい。兵器も国産を止め,合衆国産に統一したらどうだ。それでも対日経済制裁を止めてくれないなら,日本は植民地と諦めるしかないだろうか。

米加日英連携の夢
地球の温暖化は確実だから,ヒトの快適居住域の北限は北へ移動する。14900 km,60Tbps のカナダを中心とする海底ケーブル建設計画がある。両端の引き上げ口は北海道の苫小牧と英国である。荒唐無稽のようで北極から見れば理に適っている。日英は不凍港を有する太平洋および大西洋先進国である。アラスカにある会社が手掛けている。衰退していくにしても,それなりの技術とお金がある日本。日本の海底ケーブル製造シェアは米仏に継いで 20% である。中韓は製造していない。安倍が TPP11 に関してカナダのトルドーを説得したら,同意譲歩してくれたではないか。カナダ メキシコを通じて合衆国に働きかける。メルケルのように間違っても中国と連携を考えない方がいいだろう。北極海から太平洋と大西洋に出る好立地点に北海道と英国がある。こんなインフラビジネスの可能性があるとは目から鱗だ。

樺太から天然ガスパイプラインは遂に日の目をみなかった。Google earth を見る限り,北方領土にガスパイプラインはなく,合衆国企業が地熱発電事業を行う事になった。かつてロシア人はテンの毛皮を求め,カリフォルニアまで達したが,今度はアメリカ人がアラスカから北方4島までやって来る。150 年前は鯨油めあての捕鯨船だった。商才に長けた中国人と朝鮮人も来るだろう。というのは,温暖化で日本人が好むサケは北海道を遡上しなくなるからだ。日本人中国人アメリカ人はそして蟹に破格の金をだす。現代のカニ工船の船員はフィリッピン人らしい。しかし,左翼はなんでこんな酷いソ連ロシアのプロパガンダに釣られたのだろう。ロシア革命自体がプロパガンダだったのかもしれない。日本は北洋漁業に早くから乗り出し,カムチャッカ ベーリング海域の気象に長じていた。1941 年の12月エトロフ島から日本海軍機動部隊が低気圧の後を進撃した。真珠湾への最短ルートではなかった。攻撃前日,駆逐艦の燃料タンクが空になるほどの戦速で南進,黎明での発艦となった。後に父が乗艦する事になった特型駆逐艦もあった。英海軍の模倣だった日本海軍が悩んだ末の航洋型だった。太平洋を主戦場とした日米海軍の駆逐艦排水量が似通ったのは面白い。

参考