2019/02/15

老人の暗算能力と老いた提督

2回続けて必要な固定ネジ長さを間違えた。一方はポンチ絵を描いて,確認した筈のメモもなくした。老化のせいだろう。若い頃だと,あり得ないミスだった。ショックだ。政府の掛け声とは裏腹に老人を雇用する職場は単純労働に限られている。特に視力と情報処理能力は加齢とともに極端に低下するからだろう。

太平洋海戦では米海軍は航海局長だったニミッツを抜粋した。日本海軍だと中将クラスである。ニミッツは就任前少将に過ぎなかった。日本海軍の司令長官は老い過ぎていた。戦闘の決断は,事実上 中佐クラスの参謀が担った。航空参謀は中佐が多い。

名提督とされる小沢治三郎はマリアナ沖ではタバコをすっていただけとの話もある。マリアナに侵攻してきたスプルーアンス(水上艦)提督はものぐさで参謀長(航空畑)に任せきりだったそうだ。リーダは危機,負け戦ほど指導力を発揮しなければならない。有事に決断を下せる若いリーダを我々は選ばなければならない。

勝った米海軍が確か31名の提督を更迭し,負け続けた日本海軍はたったの2名である。最後は皆で特攻を推進した。これが日本の指導層である。ご丁寧に連合艦隊司令長官,軍令部総長そして海軍大臣の三職が特攻を決裁している。前の見えない水中魚雷に人間を乗せた。正論はどうして排除されたのか。天皇陛下にも報告している。目に見えない「空気」がそうさせたのだろう。

3名とも潜水艦と航空機の経験は皆無であった。一方,合衆国大統領 FDR が並みいる数十名の提督からキングとニミッツを Select したのはいろいろあるだろうが,第一に実務経験だろう。両名は潜水艦の経験者,しかもキングは空母 Lady LEX の艦長を勤めたエアマーク保持者だった。そして合衆国の場合,海軍長官は文民だった。日本は物量の差だけで敗けたのではない。航空潜水艦屋が作戦部長そして太平洋艦隊司令長官は潜水艦屋だった。1939 年当時,米海軍の保有機はおよそ日本海軍の半分であった。それが,見事に変貌する。頭の固い提督には身を引いてもらった。

文明社会であれ,会社さらに個人であれ,いかに変われるかの違いだろう。失われた30年というが,我々自身が変わろうとしただろうか。戦前の日本陸海軍と同じようなパラダイムに陥っているのではないか。

兵器(物)は量産可能だが,必要な指導者は育てて そして Selection しなければならない。この語には淘汰の意味がある。公民選挙も淘汰の一種である。日本方式の天皇を含めた世襲指導者では永遠に合衆国大統領に勝てない。それどころか韓国大統領にも負けるかもしれない。

参考
2019/02/03

グラインダによる鋼管面取り

直径 25mm の鋼管を切断後,先月 購入したばかりの Amazon 最安値のグラインダで面取りしたら,思いのほか上手にできた。ヤスリがけなら,短時間しかも綺麗にできないだろう。
Grind.jpg 
道具の力は偉大だ。

所属していた組織にヤスリ掛け日本一クラスの職人がいた。難切削の SUS (溶接済みの組み立て品)を真円に研削したもらった。しかし,彼の技能を活かせる作業は既になく,やがて夜警に転属となった。

今は,中高年設計製造職が溢れている。ネット株取引会社が提供する第三者株式レポートによると,私の所属組織は開発設計を中国に移転するとあった。こんな状況は合衆国だといつ頃だっただろう。合衆国を参考にすれば,我々の進むべき方向も自ずから見えてくるのではないか。
2019/01/25

意外と難しい定電圧充電

ワイヤレスモジュールに使用後,長らく放置していた東芝 1900mAh NiMH を継ぎ足し充電した時の充電流変化を示す。

CurrentE3E4Rename_20181227144424de8.png
コネクタのレセプタクルを交換したら,CH1 の充電流が増大した。およそ 300 分後,CH2 の電池を CH1 に装荷したら,電流値が増えた。両チャンネルとも同定電圧を供給している。等価抵抗を計算すると, 68Ω も違う。交流法で内部抵抗を測らないと劣化判定は無理かな。

トラ技の充電池サイクル試験記事は定電流充電を採用していた。実際,電池ホルダには悩まされ続けてきた。ワイヤレスモジュールが XBee から TWE になると電池交換頻度が下がり,充電の機会がない。髭トリマも5箇月にアルカリ電池1本で済んでしまう。デジカメがスマホに替わり,充電機会がほとんどなくなり充電器の改良も進まない。

TWE ワイヤレスセンサは定電圧回路を採用していないので,充電池向きかなと思う。

この季節,父は自動車のバッテリを外し,充電していた。車庫に入れているのにボンネットの上には毛布を掛けていた。昔の自動車にはチョークがあり,早朝の始動は難しかった。祖父の代には,寒が厳しいと厩舎内でも馬に布を掛けていたのだろうと思う。

ワークホース F4F
日本海軍空母の格納庫は閉塞式だが,米空母は開放式だった。吹きさらしの寒風のなかの整備は大変だと思う。日本が開戦した12月の北太平洋は閉塞式が有利だったが,南太平洋および米海軍が都合のいい時期を選んで侵攻する中部太平洋での整備は開放式の方が有利だったかもしれない。大破した船でも汚名を避けるため,延々パールハーバそして本土まで曳航している。日本海軍もミッドウェーでは大破した空母を処分せず,後続の主力戦艦で空母を曳航する選択肢もあったかもしれない。帆走艦時代の英海軍にならい曳航訓練を戦艦はしていた。Scuttle 自沈処分は日本海軍の方が淡白のような気がする。結局,主力部隊がミッドウェー戦域に入る事はなかった。日本海軍は本作戦に11隻の戦艦を投入していた。米海軍はゼロである。浮足立った日本海軍は自沈処分を選んだ。当時の空母は3回も出撃すれば,搭載ガソリン切れになる。米空母の反攻はない。とすれば陸上基地からの反攻が怖かったのか。Wiki によれば筑摩機が4隻の後続空母を発見している。重複カウントとされるが,同一機がそんな誤りをするだろうか。量産に成功した護衛空母が控えていたのではないか。搭載機はミッドウェーに着陸して反復攻撃に向かう。ガダルカナル強襲では,日本が建設したばかりの滑走路にいち早く F4F が護衛空母から発艦して着陸した。日本主攻部隊にも小型空母 鳳翔と瑞鳳があった。搭載戦闘機96艦戦では全く戦えなかったのか。

日本海軍は空母はあっても搭載する機がなかった。海自の空母も搭載機がそろってから建造すべきだろう。1937 年に初飛行した F4F は 1945 年の沖縄戦の対地支援と沖縄防空を担った。生産機数は8万機に近い。中国空軍と戦うなら,この実例を大いに参考にすべきだろう。防空戦闘機は性能が劣っていても そこそこやれる。では F-35 は何のためか。中国韓国侵攻用として自明である。
2019/01/10

Presto 半田こて評価

冬になると,半田付けが億劫になる。室温が低いせいか流れがよくない。外注先の実装工場でも同じような事を言っていた。工場の空調をフルに掛けるような町工場はない。電気代がかさむからだ。夏は酷暑,冬は寒さのなかで組み立てて当たり前だった。打合せ会議も電気代節約のため,太陽の向きにより場所を変えるほどだ。応接室であろうと関係がない。

Amazon で Hakko Presto が売っていて,衝動買いしてしまった。本当は今使用中の Dash 453 20W のヒータとコテサキを交換するつもりだった。Presto はボタンを押すと出力 130 W になる。この3日ほど,半田付け作業してボタンを押さずとも,半田の流れがいい。こて先の温度が高くしかも基板に接触させても温度が余り低下しないのだろうと思う。
Soldering_20181223164522ec5.jpg 
両者を比較すると,こて先形状が異なるので断定はできないが,スリーブ径が 8.5mm と Dash より 1mm 太く長い。しかも放熱穴がなくなっている。これだけ変更しても,温度上昇は僅かだと思う。しかし,その僅少差が決定的性能差となる。Dash を使い,半田流れが良くないと感じたら Presto の検討を薦める。

パート従業員はこて先が真っ黒,ネジが緩みグラグラの状態でも,綺麗に大型部品を半田付けする。メーカは Goot である。私は不器用でどうやっても上手くいかない。仕方なくマイこて Goot を持参していた。押しネジが緩み,その後自宅用は Hakko に替えた。その Hakko もこて先をネジに代えつつある。Presto のモールド部分はいかにも中国製という感じの色合いである。配色を決められる上位役職者はおそらく中国人なのかもしれない。別におしゃれ用品でもないので,性能さえよければ中華風でも構わない。

神田と東大
昔,東京の神田に白光の大きな看板があった。神田は丸の内周辺ほど家賃が高くなく,しかも東大が近いので医薬品 理化学機器の会社が多かった。検索したら,白光も大阪の会社だった。東工大の先生が東大一校で文科省研究費の半分を占めると言っていたから,地方業者が東京駅と東大界隈に店を構えるのは当然だろう。東工大の全定員は東大法学部と同じ程度だから,一概に不平等とも言えない。しかし理研は東大閥だから,突出しているのは確かだ。

合衆国が日本との貿易不均衡に悩まされていた頃,合衆国の研究機関が日本の研究所をランクづけした結果,エクセレントと評価されたのは あまたの研究所がありながら理研と東北大の金研だけだった。電総研,NTT研究所,日立中研も該当しなかった。現状をみると事実だったと思う。どんだけ多くの大学 研究所があろうと,世界に誇れるような一国の大学研究機関はせいぜい2つくらいらしい。

参考
2019/01/04

単電源OPアンプ0V出力にならない

20年前に半田付けして組み立てた5V単電源のボルテージフォロアがある。回路図を消失したので配線をなぞって回路図をおこして 3V3 電源のもと実験したところ,入力0Vのとき出力がゼロにならない。

出力を DIO に入力したいのでゼロが浮くと,マージンが少なくなる。トランジスタを付加してみようかと回路図を描いたが複雑になってしまう。データシートをみたら,
本IC は、出力電圧が V - +0.7 V 以下では出力電流吸い込み動作をしなくなります。この場合、出力端 子・V - 間に負荷抵抗を接続し、負荷抵抗側で電流を吸い込むことで V - 側へ出力電圧を改善できます (負荷抵抗に流れる電流によって、効果は異なります)。
そうかプルダウンするだけで良かったのか。OPアンプをブラックボックスとしてしか理解できないので,こんな事も目から鱗だ。ネット情報は実にありがたい。

ドイツ探検船  Polarstern
科学調査船の  Polarstern が荒れ狂う魔の暴風圏 南緯60度を航行している。
PolarStern.png 
年間の洋上日数が極めて多い。我が国の砕氷艦しらせと対照的だ。しらせ乗組員の実働日数はどれほどだろうか。

日本海軍で最も厳しい水上勤務を果たした水兵と徴用員は商船学校出身者が艦長となった海防艦と哨戒艇および潜水艦だろうか。特に哨戒艇は未成年の漁船員が徴用され,かなりが未帰還となった。米海軍母艦機が掃討したからだった。酷い日本海軍だ。本土決戦では母艦機と駆逐艦に圧倒され惨めな状態になっていただろう。戦後,本土決戦の海軍総隊司令官だった小沢提督は魚雷艇を建造しておくべきだったとの回想を残している。しかし実際に量産したのは特攻艇の震洋とレ艇だった。1945 年の B-29 東京空襲により,精工舎と下請け町工場が灰塵に帰し,魚雷生産がゼロになっていた。日本の潜水艦は無力化された。

大陸と結ぶ対馬海峡は昼間は沖縄から飛来する米陸軍機,夜は米潜の脅威から閉ざされ,北鮮の羅津と北陸の伏木との間で連絡船を運航していた。その船には婦女子の乗船は危険のため禁ぜられていた。関釜航路と何倍の航路だろうか。輸送効率は数分の1に低下した。最後は馬の斃死を避けるため,塩を運んだ。人命より馬命が重要だった。

東アジア史を冷静に考えれば,戦争による餓死は当たり前だった。日本の内戦が酷い餓死を伴わなかっただけか。天皇制のおかげなのか。昭和天皇による聖断伝説で,国民は沖縄の惨状を免れた。北の指導者が韓国訪問をするかも知れない。韓国民が熱狂して歓迎するのだろうか。統一朝鮮は悪夢だが,その可能性を考え準備しなければならない。朝鮮の後見者が中国かと思うと,日清戦争前に戻るのだろう。後ろ向きの合衆国は中国と朝鮮も取引するかもしれない。

NHK によれば,タイと英国が TPP に関心を寄せているそうだ。戦国大名は近隣諸国と争い,遠国と友好を結んだ。3国同盟は失敗したが,外交上手のタイと英国とは日本はいいポジションにあるのかな。英国の場合はリップサービスが上手なので要注意だが。これも円パワーのおかげ,すなわち国民の汗の結晶である。何も日本外交のせいではない。これは銘記すべきだろう。

上図は喜望峰とホーン岬の関係をよく表している。パナマ運河が戦略上いかに重要かわかる。中国は第二パナマ運河構想を打ち上げている。大航海時代,スペインのフィリッピン総督は日本近海の北太平洋を北上し,アカプルコに上陸してメキシコを陸路横断しベラクルス,カリブ海から本国に帰還していた。黒潮の存在は秘密にされていた。メキシコは TPP 加盟国であり,日本が最初に平等条約を締結した国である。ちなみに条約改正最後の列強は合衆国であった。1911 年に日本は合衆国から主権を回復し,合衆国は大西洋憲章で中国の権益を返還し中国は主権を 1941 年に回復した。これで太平洋戦争の大義は合衆国のものとなった。中華民国が列強扱いとなり,日本は列強から滑り落ちた。

自国にされた屈辱をシナに強要した日本だ。モルヒネも専売していた。その中心に帝国陸軍とりわけ統制派の東條がいた。戦が下手だった東條はモルヒネと憲兵で首相に上り詰めた。豊富な陸軍機密費の出所は言うまでもない。幕末薩摩の朝廷工作資金は密貿易,統制派の宮廷グループ懐柔はシナ工作による麻薬が出所だろう。しかし,東條自身は私腹を肥やすような人物ではない。その点,蒋介石は酷かった。

先の徴用船員による哨戒艇部隊のコードネームは「黒潮部隊」だった。海図をみれば,日独同盟の無意味さは一目瞭然だ。その両者の間にソ連,中国および合衆国がある。港なくして海軍はあり得ないのだ。陸軍情報部は 1941 年の夏に独ソ戦においてドイツ勝利なしの審決を参謀総長に提出している。真珠湾奇襲するには冬の低気圧が障害になる。後一箇月,海軍が決定を延ばせば,日米開戦は回避されたかもしれない。軍令部総長が天皇に奏上した日量 400t の重油消費はウソだった。海軍中堅は対米開戦を欲していた。海軍良識派も伝説だろう。良識派がなんで真珠湾奇襲計画に没頭したのだ。そもそも合衆国産重油で賄っていた日本海軍が合衆国を仮想国にしたのがおかしい。石炭から重油に変換した際,石油の調達を最優先すべきだったのだ。しかも日本はおざなりの油田探査で満州の後の大慶勝利油田を見逃した。大戦終戦直前,合衆国は英国の勢力圏だったサウジを懐柔して出し抜いた。シリアイラクにおける不可思議な合衆国の行動も原油利権がらみとみれば理解できる。チャーチルがサウジ族長と会談する前に,ルーズベルトは王として処遇しヨットをプレゼントした。チャーチルは車をプレゼントしただけで,英大使は驚いて本国に打電したそうだ。

振り返れば,合衆国は対日外交でも英仏を出し抜いた。合衆国大使は英仏と異なり,合衆国はアヘンを売らないと幕府に宣言した。アヘンを売らない合衆国は日本国民に歓迎された。逆に日本にモルヒネを売りつけられた朝鮮中国民が日本にいい感情を持つ方がおかしい。中韓の反日は当たり前であって,日中友好はまやかしだったのだ。チャーチルは FDR に盗聴をしないと約束しながら,実際はしていたが出し抜かれた。合衆国の防諜は英国からの諜報を阻止したが,ソ連には筒抜けだった。核兵器開発も対日戦発動も察知した。諜報網の整備には30年要する。安倍の祖父岸も CIA のエージェントだったが,未だにコードネームは不明で機密解除はされていない。よほど日米関係に不都合な事実が含まれているのだろう。果たして孫はどうなのだろうか。

かつての関税同盟は軍事力を背景としていた。英仏の長期にわたる対立そして戦争は特に有名だ。考えようによっては,合衆国はその間隙をぬって独立を果たし,1次大戦後覇権国となった。TPP 加盟国には軍事大国はないけど,やりようによってはハンザ同盟のように繁栄できるかもしれない。長期にわたった秘訣は大都市が中小都市に譲歩した事だ。アメリカ君があのような状態だからこそ,日本は自重して譲歩すれば,長い目で見れば国益に適うと思う。

ルーズベルトもトランプも腹黒いが,トランプにはルーズベルトのような長期戦略の視点がない。せいぜい再選が最終目的だろう。その再選に寄与するような譲歩を日本は準備しておけばいい。そしてこれを外圧として称して内政改革につなげればいい。ただ,交渉条件とか情報が洩れるのはどうしたらいいか。これは諦めるしかない。日本に軍機とか極秘はあってないようなものだ。合衆国の周知だからだ。これを属国ともいうらしいが,属国で平和ならそれでいい。日本の軍事指導者はどうしようもない。民族性は変えられない。日本と中国との軍拡でどこが得するだろうか。EUと合衆国は右翼が伸張して排他主義が普通になるだろう。どの時点かさっぱり見えないが,日中は互いに自重しなければならなくなるだろう。やはり朝鮮がネックだな。古代からの悩みは地政学的にどうしようもない。日中のアキレス腱はエネルギだ。石油の主要産出国は合衆国,サウジそしてロシアだ。日本は人口が減るのにエネルギ消費は増え続けている。中国も同じだろう。2019 年は $45 で始まった。

日本の歴史的アイデンティティは明治維新体制の今年 150 周年だ。中国は人民共和国成立宣言の 1949 年である。昔の中国共産党は日本軍国主義と民間を分けていた。私の子供の頃,米ソ冷戦,文革がエポックだった。当時石油は $2 程度だった。この価格で西側は勝ったみたいなものだ。西独はソ連から天然ガスを買う決断をして,最終的に東西統合できた。安倍はロシア相手にそんな決断はできそうもない。今年の日露交渉は進展しないだろう。北海道と樺太を結ぶガスパイプライン計画は60年経っても実現しなかったからだ。

参考