2014/08/19

ハブの故障とサイト復帰

一昨日から,ハブが故障している。PCを使用して急にネット接続できなくなった。Win7 のメニューバーの LAN にXが表示された。Win7 の診断を複数回しても同じトラブルに至る。LANケーブルのコネクタ接続を抜いて再接続,ポートを変更してもダメだ。ハブに接続している他のPCでも異常状態になっているので,根元のケーブルを直接接続したら LAN が回復した。どうもハブの故障のようだ。

LAN 環境更新選択肢
現在使用しているハブは,古いルータのルータ機能を殺してハブとしている。1000Mbps のハブを新規に購入するか,使用している間に回線速度が低下してしまう今のルータを買い替えて,このルータをハブにしようか迷った。ルータの仕様と価格を調べたら,高速無線LANが出て来た。この新規格 ac に対応している製品は自宅にないようだ。選択肢が三つになってしまった。本日,ハブを交換する事にしようと決めたが,念のためハブの電源再投入テストをやってみたところ,ハブ経由でインターネット接続できるようになったが,他のPCは見えない。もう一度,電源を再投入したら,他のPCからもインターネット接続できたし,PC間の LAN も回復した。

回線速度テスト
下り回線  速度:59.52Mbps (7.440MByte/sec) 測定品質:92.0
上り回線  速度:71.28Mbps (8.910MByte/sec) 測定品質:98.6
測定時刻:2014/8/19(Tue) 15:42

DDNS IPアドレス通知
SUCCESS: enokie.ddo.jp <= [ 112.70.185.127 ]
IPアドレス更新完了.
2014/08/19 15:46:44

外部からのWeb Page テスト
URL tested: http://enokie.ddo.jp/index.html
Test performed from: New York, NY
Test performed at: 2014-08-19 06:51:01 (GMT +00:00)
# URL Status Time DNS (sec) Connect (sec) Redirect (sec) First (sec) Last (sec) Total (sec) Size (Kb)
Total - - 0.5973 0.2191 0.0000 0.8896 0.2039 1.9100 22.22

ルータの不調かなと当初,思い込みルータの電源再投入およびネットからのリセットを繰り返したので,DDNS サービスへのIPアドレス変更通知を行った。後は回線速度と外部からの疎通テストを確認した。ハブもルータ同様,動作しなくなった場合,電源の再投入を繰り返すと回復するのだと学んだ。ハブは単にパケットを振り分けているだけで内蔵 MPU のプログラムはたいした事をしていないので固まるとは思ってもみなかった。長期間動作する機器としたら,合衆国の原発で稼働率は 90% だ。制御機器は1年間未満だ。フェリー,タンカーのような船舶だと数年間,連続稼動だ。探査機の「はやぶさ」は7年間だ。エンジン制御,充放電制御は多分,MPU制御ではないデジタル制御なのかもしれない。通信制御は通信しないときに,定期的に自動リセットするのだろうか。電子部品のスペックシートには原発,交通運輸に使うなと記載してある事に思いが至った。MPU によるデジタル制御の長期連続は困難なのか。サーバでも定期メンテナンスとして止まる。その際,電源を落とせば必然的に CPU はリセットされる。銀行のオンラインサービスも正月は止まるから,サーバも実質リセットしている。私のハブが1年半以上動作して異常状態に陥っても,民生機器として当たり前か。Google の検索サイトのサーバメンテナンスはどうしているのか。多重系にして,リセットしているのだろうか。FC2 だとたまにメンテナンスのため停止する。

参考
なぜ上がらない? 原発稼働率
関連記事

コメント

非公開コメント