2014/10/28

豪潜水艦開発技術のシェールガスの液化設備転用

本日の読売記事によれば,オーストラリアが新規開発する潜水艦に日米が協力するとの事,船体および推進システムが日本,兵装が合衆国だそうだ。オーストラリアが設計はできても,果たして製造が自国でできるのか疑問だ。

日本の潜水艦は溶接が難しい最強強度の高張力鋼を使用している。溶接技術の技術移転と溶接技能者の養成もしなければならない。日本の場合だと,LNG 船の建造とかに転用できる分野があるけど,どうするのか。将来,オーストラリアが産するシェールガスの液化設備を自前で製造する際,その溶接技術が役に立つだろう。

防衛産業とエネルギ産業は密接にからみあう。第二次世界大戦では,合衆国の自動車を支えていた石油精製産業がドイツより進んでいたため,連合軍は歴史上,初めて補給を馬車によらない戦争ができた。合衆国は戦後,日本に石油精製を認めるつもりはなく,フィリッピンのような農業国に留めておくつもりだった。現憲法もフィリッピンを参考にした。半ば,合衆国の半植民地くらいに考えていたのが,朝鮮戦争が一変させた。中ソと対抗するために,日本の重工業化を認めたのだ。

関連記事

コメント

非公開コメント