2014/11/15

ハウス天井保温カーテン

深夜,居室から移動すると肩こりを感じた。昨夜は冷え込んだせいで,血の巡りがわるくなったのであろう。石油ファンヒータの設定温度を 22℃ まで上げると,肩こりを感じなくなった。

室内の温度を連続測定しているので,履歴をみてみた。

41380 11150306 00.005 017.1 020.6
41379 11150300 00.005 018.1 021.4
41378 11150254 00.005 019.1 022.4
41377 11150248 00.005 020.5 023.7
41376 11150242 00.010 021.0 024.2
41375 11150236 00.010 021.5 024.3
41374 11150230 00.015 021.0 024.0
41373 11150224 00.010 020.5 023.2
41372 11150218 00.015 020.0 022.4
41371 11150212 00.010 019.6 022.1
41370 11150206 00.015 019.1 021.6
41369 11150200 00.015 019.1 021.7
41368 11150154 00.010 019.1 021.6
41367 11150148 00.010 019.1 021.4
41366 11150142 00.010 019.1 021.1
41365 11150136 00.010 019.1 021.1
41364 11150130 00.010 019.1 021.2
41363 11150124 00.015 019.1 021.2
41362 11150118 00.010 019.1 021.4
41361 11150112 00.015 019.1 021.6
41360 11150106 00.010 019.6 021.7
41359 11150100 00.015 019.1 021.7
41358 11150054 00.010 019.6 021.9
41357 11150048 00.010 019.6 022.1
41356 11150042 00.015 019.6 022.2
41355 11150036 00.010 019.6 022.4
41354 11150030 00.015 019.6 022.4
41353 11150024 00.015 019.6 022.4
41352 11150018 00.010 019.1 022.1
41351 11150012 00.010 019.1 022.1
41350 11150006 00.015 018.6 021.7
41349 11150000 00.010 018.1 021.1
41348 11142354 00.010 018.1 020.1
41347 11142348 00.015 017.1 018.6
41346 11142342 00.005 015.2 016.5
41345 11142336 00.005 012.7 015.0

23:36 から室温 015.0 が 022.4 まで上昇している様子がわかる。床面に近い気温は20℃以下だ。室温を上下2箇所測定している。昨夜は 02:36 まで石油ファンヒータを稼動させていた事が温度変化からわかる。室内は対流が少ないのか上下で3℃の温度差がある。

ハウス内の温度分布を測定してから,省エネ対策をすべきだろうと思う。上下の温度勾配が大きいのであれば,天井部の保温カーテンが有効ではなかろうか。日中,光合成とか病気対策に紫外線を有効に取り入れるには保温カーテンの存在が光を遮る事になる。毎日,保温カーテンの開閉を少なくとも日の出直後と日の入りに合わせて行うのは労力が大変だ。

電動カーテンにしてみてはどうだろうか。駆動機構(モータと減速機)を自分で取り付ければ,後に自動開閉に改造するもの容易だろう。

私のサイトは室温自動連続測定結果をサイトで公開している。表示を更新するには,ブラウザが IE の場合,F5 キーを押す。URL は http://enokie.ddo.jp/rp/Slip.htm
関連記事

コメント

非公開コメント