2015/06/07

CRT ディスプレイの故障と修理可能性

3日前に,17インチ CRT モニタが突然,画面が乱れてしまった。とりあえず,15インチ リモートPCのディスプレイを代替としている。症状から,私のスキルで修理可能か検討してみた。

1)ディスプレイが真っ黒にはならないので,電源部ではないだろう。
2)水平方向の表示および色表示は正常のようである
3)垂直同期回路が怪しい

検索したら,垂直同期の不調を修理した方がいた。15P のICを交換している。STサイトにアクセスしても,代替素子はない。日本のメーカだったら古い素子のデータシートを残したりするのだが,それもない。合衆国の Amazon だとまだこのICが購入できるようだ。ただ,ジャンクに近い代物だろう。RSコンポーネントにアクセスしたら,ヒットせず,トップメニューから検索すると,LCD 回路素子しかなかった。もう CRT 回路を製作するニーズがないのだろう。中国のパナが不振になる筈だ。しかし,CRT 本体が劣化する前に,ICの不良で寿命がつきるのか。消費電力は大きいが,CRT ディスプレイの信頼性は LCD より高いとまた実感した。一昔前,日本国内のリサイクル回収のテレビがフィリッピンに横流しされ,ICを交換して売られている状況を紹介するテレビ番組があった。廃棄された筈の自衛隊のヘリもフィリッピンで再生されて問題になった。

家畜用とされた米の横流しとか,リサイクルの精神は立派だが,経済合理性に欠けるから,問題が起きる。原子炉の廃棄にしろ,日本にとりゴミかもしれないが,イランとか北朝鮮からみれば,十分再利用可能な機器はあるかもしれない。国号9号線に自転車を満載したトラックが走っていた。廃棄された自転車が日本海経由で北朝鮮に輸出されるのだ。

データシートの参考回路を眺めると,信頼性が最も低い電解コンデンサがいくつかある。設計寿命を大幅に超過して使用しているわけだから,電解コンデンサの劣化による容量抜けの可能性もあるだろう。Sep 1993 年のデータシートだ。検索しても代替品がヒットしないのは,ドライバだから大いにあり得ると思う。分解して,ひたすら半田を「もった」方もいる。車のレストアは立派な趣味だ。トヨタのセリカとか古いクラウンはビンテージだろう。モニタを廃棄する前に,中を拝見してみようか。

蛇足
日本の潜水艦は毎年,1隻建艦され新造艦が揃って,各国海軍の垂涎のまなざしを受けている。台湾,フィリッピン,ベトナムとかにスクラップにせず,老朽艦を供与するだけで歓迎されるのだがマスコミが騒ぎ,輸出できない。かつて,ミネベアが手榴弾のプルアップ リングをフィリッピンに輸出しただけで,大騒ぎになってしまった。現政府の安全保障対策の進め方が逆だ。周辺諸国の要望に沿って,国防を進めた方がいい。現代海軍の主力艦は潜水艦だ。潜水艦を運用できなければまともな海軍国ではない。太平洋戦争時の米潜水艦名は魚の名前だったけど,今は州名と大都市名が付いている。以前は戦艦と巡洋艦にしか命名されなかった。

日本国は憲法を無視できるけど,政府声明の変更ができない。西欧からみると,不思議な国だ。かつて,近衛内閣は「暴支ようちょう」声明を出した。武力行使および侵略宣言とみなされても仕方がない。太平洋に危機が迫ると,中国で戦っている師団長,軍団長から戦線を縮小してでも,合衆国との戦争は避けるべきとの意見書が陸軍省に来てたのに,東條は対米戦に踏み切った。つまり,前の近衛声明を否定できなかった。そんな,東條をリーダとして選択した国民が今になってみると,おかしかった。日本の組織は上にいけば,劣化してしまう傾向があるようだ。鳩山,菅そして安倍。戦前のデジャブかもしれない。「沖縄」と「原発」から目を逸らそうとする指導者は昔の近衛と同じだろう。沖縄の基地整備が不可能なら,どうみたって空母を整備しないと東シナ海は危ない。沖縄に注ぎ込む予算を転用するだけだのに,沖縄関連予算は沖縄県とか防衛省施設局の既得権になって,どうにもならない。日本はどこで,間違ったか。巷間言われるような,吉田政権ではなく佐藤政権だろう。合衆国が沖縄県民の抵抗に辟易していたのを,安請け合いしたのがいけなかった。合衆国はミニッツ布告を宣言して,沖縄を日本から分離するつもりだったのだ。実際,沖縄を本土のような間接統治ではなく直接統治した。

満州もソビエトから鉄道利権を買収したのが間違いの始まりだった。とにかく,政府方針は各省の既得権益と世論がからむと今も,昔もどうにもならない。近代革命は王政から執権を奪取して市民権を得て,そのための法の精神だった。従って,政府官吏を規制するのが国法であり,憲法だった。日本では明治憲法以来,官吏は「法」の枠外にあった。東アジアでは法とは民を治めるためのものだったから,仕方がない。日本陸軍は終戦の際,将軍達に命に従うとの自署した「証文」を提出させた。ドイツと日本は同じ枢軸国とされるが,両国の陸軍は似て非なるものだった。何かと,戦後ドイツと比較するけど,戦前の間違いを繰り返さないためには,比較対象はドイツではなく中国を研究したらどうかと思う。中国も法の精神はないから,両国の紛争は妥協の余地が少ない。

しかし,2015 年にもなって,いまだに露中韓台と領土紛争を抱えているとは日本人は能天気だ。こんな状態だったら,イスラエル並みに国防の充実を図らなければならないのだが,そんな気もない。戦争に負ければ,領土が削られるのが当たり前なのだが,認めたくない。確かに,電力会社をみればわかるように戦前の経済統制の総動員体制が続いているともいえる。東電の処理と銀行への規制強化はどうみても,統制経済だ。日本政府の規制を嫌って,外銀は皆,撤収していった。政府が経団連に賃上げを要請したのは驚きだった。首相への官僚の入れ知恵だろうか。なんか,怖いな。得たいのしれない何かが国家を動かしている。山本七平の「空気」と何か,関係があるのだろうか。

参考
デスクトップ・コンピュータのディスプレーの修理方法
17インチモニター修理
ディスプレイドライバ/コントローラ
一切の政治は机上における文書政治となって、文書さえあれば事実はどうでもよいというような事になった
関連記事

コメント

非公開コメント