2015/10/27

回線事業者工事によるサーバ停止

加入者用伝送路設備工事に伴い、下記の日程でサービスを一時停止させていただきます。

                 記

1.工事日時
 開始日時: 平成27年 10月28日(水)2時00分  (24時間表記)
 終了日時: 平成27年 10月28日(水)5時00分

2.影響時間
 上記時間帯において、1時間45分程度サービスがご利用いただけません。

3.影響エリア
 滋賀県栗東市、守山市、草津市、野洲市の一部

酷いパケット損失が解消されるのかと思う。架電での対応では,回線速度の改善は見込めるが,パケット損失については言質が得られなかった。家族に回線が遅い,繋がらないと責められる。最近,海外CM紹介番組に愛する息子が父親に回線について毒づく場面を見せられ,洋の東西を問わず,貧乏人の父はつらい。

今時,情報関連で和暦表示の会社があるのかと思うが,お役所体質で上から目線を感じるのは,自分が「地下」(ジゲ)土民の子のせいか。公務員とか公立教師の息子なら和暦は当たり前か。否,官職を誇りに思っているのだろうか。ゆうちょ銀行も和暦だな。私の Dasio 安物手帳には和暦表示がない。特別公務員の自衛隊員は和暦表示の高価な手帳を支給されるのだろうか。

国粋主義者「小林よしのり」のブログは和暦だな。しかし,和暦表示のブログってあるのかな。販促に使われる月めくりカレンダは和暦表示を見た事がない。関電大阪ガスの販促カレンダはどうなのだろう。市民に配布される守山市のゴミ収集カレンダをみると,平成のみで西暦表示はない。天皇家につながる立派なお役所だ。

昭和陸軍は「地方」を民間の蔑称として使用していた。今でも,地方とか田舎には天皇と都から隔絶しているという隠れたイメージが残存している。NHK は大津地方局,大津地方裁判所,地方紙,地銀,これらは全て都を中心とした疎遠関係を反映している。橋下市長の大阪都構想は無理があった。古来,日本の都は一つだ。「京都市」であるように「大阪都市」という妙な感じの名称になってしまう。そして「湾岸区」の名称も良くない。

頼朝も家康も武力に自信があったから,都の権威に擦り寄る事はなかった。日本の幕府政権は「地下」の武力を背景にした日本人の知恵だと思う。実際,鎌倉軍事政権は元寇を撃退したけど,天皇至高主義の昭和日本の官軍はつまらない合衆国平民軍に敗れた。如何に糊塗しようと,昭和は敗北の歴史だ。人口が減少する平成以降が明治日本のようになるとも思えない。現首相の頭がおかしいとしか思えないが,国民の支持が多い。私の頭がおかしいのかもしれない。

そのうち,日中および日韓関係が悪化激化すれば,ブログの日付表示は和暦にすべきだと保守層から声があがるだろう。
関連記事

コメント

非公開コメント