2016/02/05

10 定電流充電回路完成

ホームページに製作過程を掲載しようと思っていたけど,完成後,時間が経って記憶が曖昧になってしまった。ブログにその製作過程の写真をアップする。

充電池寿命に影響を与えると思われる過大充電流から電池を保護し,充電流のオンオフは FET を使用した。2個の電池に個別の充電流を流せるよう2回路を製作した。

FET ゲート回路実験
ゲート駆動回路にトランジスタ 2SC1815 を使用した。荷電されたゲート電荷の吸出しが肝心だ。
Charger.jpg

FET 低漏洩電流
ゲートに帯電させた後,DSO プローブを触接させて,時定数を計ってみた。通常のパワー回路設計ではゲートの漏洩電流が無視出来るほどの絶縁性がある。
ChargerGate.jpg

回路特性測定
入出力特性をパラメタを含めて測定したから,2台の電源,2台の DMM,2CH DSOを使用した。図表化はPCの LibreOffice Calc を使用した。電流制限抵抗を変更すると,が思いもよらない非線形性を示し面食らった。パワー回路の奥深さを感じた次第だ。
ChargerMeasurements.jpg

完成の様子
夜に充電を開始すれば,翌朝に充電が終了する。Daiso 取り扱いの格安充電器と異なり,過大充電流と過充電の心配をしなくて済む。充電時間も短い。トリマで調整すれば,充電池種とメーカを問わない。
ChargerLaunched.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント