2016/02/18

成長が期待される新枢軸

IMF 専務理事が,

As you contemplate these first minutes of your day, you realize that the center of economic gravity has been slowly shifting. Yes, the United States is still the most important economy in the world, but New York, Chicago, and L.A. have gotten company, from Beijing to Brasilia, from Moscow to Mumbai, and from Jakarta to Johannesburg.

Emerging and developing economies are home to 85 percent of the world’s population—6 billion people. These 85 percent matter to the global economy more than ever, and they matter to you more than ever—because of strong linkages through trade, finance, economics, geopolitics, and personal connections that you experience every day.

とスピーチしている。北京 - ブラジリア,モスクワ - ムンバイ および ジャカルタ - ヨハネスブルグ が新しい成長の枢軸のようだ。中国市場に固執しなくてもいいというか,戦前の間違いを思い起こせば,固執すべきではない。モスクワとムンバイの関係は旧ソ連とインドの関係から理解できるが,中国/ブラジル と ジャカルタ/ヨハネスブルグ の関係は意外だった。日本はブラジルに多くの移民を送り出し,日系社会もできた。しかしブラジルとかインドネシアの大統領が来日しても大歓迎という感じはない。

合衆国はこれらの国に橋頭堡を築いているのか。そういえばロシアの新興財閥オリガルヒの資金元は合衆国資本だった。

中国は国内が資本超過というわけでもないのに,アフリカとか新興諸国に投資するようになった。港湾とか鉄道は巨費を要し,しかも投資効率は良くない。利の少ない鉄道道路とかのインフラ投資か,利は大きいがリスクの高い油井とか鉱山に投資するのか。

古代ローマだと辺境での道路維持経費がかさむようになって,イスパニアとエジプトは帝国の版図から消えた。道路建設は軍団の仕事だった。金融未発達の国では中国が建設した無線電話網会社が金融サービスも始めたという。日本の満鉄も似たようなものか。日本は戦争に負け,これら資産を全て失った。

インドネシアでは日本の新幹線は中国に負けた。ブラジルでも負けが込むかもしれない。ブラジルはこれまでドイツが自動車ビジネスを有利に進めてきた。戦争に負けたナチスの残党は南米と北米に逃れた。日本が列強の仲間入りする前のブラジルとアルゼンチンは戦艦を保有する大国だった。

日本はロシアとの海戦に備えて,南米から戦艦を購入した。日本は日露戦争に勝利し,遼東半島に権益を得たが,その戦費は莫大で戦債を購入してくれた英国に償還したのは第二次世界大戦後だった。賠償金も得られなかったし,第二次世界大戦の結果,一切の海外利権を失ったから,日本国民は日露戦争の戦費を戦後の労働により返済したわけだ。したたかに英国のように計算高く戦争をできないような日本人は戦争に向いていない。明治の元勲がいなくなると,軍事官僚が戦争を指導したのが変だった。

明治の自由民権運動が英国のような政党政治に成長しえなかったのは不幸であった。できあがったのは,ロボットの天皇を頂点とする官僚体制だった。これからも,日本は大きな誤りをおかすだろう。特に,日本の国際関係は常に中国の影響を受け,プロパガンダでも中華民国に遅れをとったように今後も戦前同様,負け続けるだろう。これは日中の社会における緊張度の度合いが違うので,ある意味仕方がない。

鉄道を発明した英国は機関車をはじめとして鉄道システムは一切,製造していない。全部輸入品だ。航空機もブラジルが製造している。中国ブラジルと競合する日本の産業政策はおかしい。自前でなにもかも,やるのは労多くして,実入りは少ない。これら新枢軸のパワーを取り込む方策がいいけど,日本の市場開放は至難であろう。ブラジルの対岸はアフリカだ。その距離は意外と小さい。ブラジルの成長がうまくいかなければ,そのライバルが現れるだけだろう。

参考
The Role of Emerging Markets in a New Global Partnership for Growth
え、第1次大戦は集団的自衛権が引き起こしたって?
関連記事

コメント

非公開コメント