2016/07/13

Win10 アップに伴う異同

Windows 7 から移行した際のトラブルと異同について記す。アップグレード直後の画面が異常に明るかった。輝度とコントラストの設定について Windows 98 時代のやり方をしろと表示する。いつも使用している Nvidia のメニュがデバイスマネジャから開けない。やむなく Windows 10 の指示に従いLGディスプレイのメニューからするが,煩雑なうえに効果がない。

デバイスマネジャはビデオカードは最新のデバイスドライバと表示するが,Nvidia のサイトにアクセスしたら最新ではなかったので最新版をインストールした。それでもデバイスマネジャから設定画面が開けない。Windows 10 が古いビデオカードに対応していないのかもしれないと思い,Windows 7 に戻した。検索したら,何もない背景から右クリックすると設定画面が現れるそうだ。

再度,Windows 10 をインストールしたら,なんと画面の明るさ色調が Windows 7 の状態に近い。やはり,Windows 10 の「最新のデバイスドライバ」との表示は当てにならないと考えるべきだ。画面の細かい設定も背景の右クリックからできた。デバイスドライバ画面からはWindows 7 のようにもう開けない

インストール直後の元のファイルはすべて元のところにありますのメッセージも嘘だ。Windows 95 の時から日本語変換の設定はデフォルトに戻る。自社のファイル設定すら引き継げない。これは日本では努力しなくても Windows が売れるから,改善される事はないのではないかと思う。これから老化する一方なので日本語変換のストレスを緩和するために Linux と共用できる FEP を買ってもいいかなと思う。Google と ATOK なら Android にも使える。


タスクマネジャは素人にわかりやすくなった。エクスプローラは少し使いづらくなった。肝心の Google Chrome の画面にあるメニュバーとタブの小さな文字が見づらくなった。レンダリングの微調整が微妙に異なるのだろう。Google Chrome にはコンテンツの文字の拡大しかないので対処しようがない。

JWW のファイルを読むには Administrator でログインする必要がある。しかし Administrator でログインしようとすると,Administrator がない。検索すると,

管理者権限を持った登録ユーザーではうまく実行できないインストール等がある場合はAdministratorで実行する必要があります。
Windows Vista以降、Administratorは通常は見えなくなっていてコマンドプロンプトで以下の操作を行うことによりログイン画面に表示されるようになります。
(1) 既設の管理者権限のユーザでログイン
(2) スタートメニューのアクセサリのコマンドプロンプトで右クリックし、「管理者として実行」を選択
(3) コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行
    net user administrator /active:yes
(4) ログアウト
    これでログイン画面にAdministratorが表示される

とあった。

参考
関連記事

コメント

非公開コメント