2017/01/25

サムスンスマホ電池は温度検知はないのか?

驚いた。酷い設計だ。Li-ion 電池に発火はつきものだ。家人にはノートPCを購入する際,バイオを薦めなかった。
サムスン電子は23日に記者会見を開き、スマートフォンの本体に問題は見つからなかったものの、電池に設計上の問題や変形などがあり、これが発火の原因だったとする調査結果を発表しました。
情報通信部門のコ・ドンジン(高東真)社長は「電池の設計と製造工程の問題点について、発売前に最終的な確認と検証がてきていなかったことの責任を痛感している」と、謝罪しました。

サムスンは生命安全に関心の薄い Panasonic とか Sony みたいな会社だな。どうせ,Apple を模倣しているだろうから,iPhone も温度検知がないのだろう。恐ろしい製品だ。娘にスマホを持たせるなら,発火の危険性を脅してでも告知するのが父親の務めだろう。娘の顔が火傷でアザになると思うとぞっとする。

発火の危険性があるなら,温度センサくらいつけろよ。私が所属していた組織では火災のリスクを恐れ,社長命令で防衛,プラント以外の民生機器の電源トランスに温度ヒューズを具備しないと出荷しない通達が出されたのを思い出す。防衛プラント機器は温度ヒューズ具備による信頼性低下の方が怖い。発火は運転員がいるからわかるし,原発艦船のように電源自体が落ちたらアウトだ。

NASA が Li-ion 電池を採用したのは宇宙空間では発火しようにも酸素がないからだろう。現に海自は潜水艦に高性能なのに,なかなか採用しようとしない。火災対策に自信がないからだろう。

参考

関連記事

コメント

非公開コメント