2018/02/09

Windows 版 MySQL インストール

インストールしたけど,サーバ起動までたどり着けなかった。インストール失敗の原因をいくつか考えた。

A) Windows 10 Home
B) 現行ローカルホスト設定
C) インストール中の既存アプリとの干渉

これまで AVRWRT が XP/W7 ではOKだけれど,Windows 10 Home では動作しなかった例もある。サーバはポートを専有するから,可能性は皆無ではないだろう。私はXPマシンを Http サーバにしている。サーバテストをする場合,いちいちサーバを停止するのは何かと不都合だから常用マシンをホストにしている。その設定は Windows の hosts ファイルを書き換えている。テストはC,B,Aの順に手間が増える。原因がAかどうかはXPにインストールすれば判明する。

翌日,リトライすると以下の画面が表示されなかった。
MySQLfire.png 

しかし,次の選択画面は前日では表示されなかったと記憶する。
MySQLinstall.png 

MySQL server のみを選択し,作業を進めて最後まで行きつけた。

MySQLtype.png 

前回表示された以下の画面は,再表示されなかった。
MySQL.png 

MySQL がインストールされているかどうか,Windows トップメニューをクリックしたら,MySQL 5.7 Command Line が追加されていた。これを起動して,Password を入力すると,
MySQLcommand.png 

MySQL 5.7 のインストールおよびその起動が確認できた。

課題
しかし,肝心の Connector に .NET が含まれていない。
Starting with version 6.7, Connector/Net will no longer include the MySQL for Visual Studio integration.

の説明があり,同梱されなくなったようだ。MySQL インストーラの Applications をクリックすると,MySQL for Visual Studio 1.2 の項目があり,フォーカスすると,"Visual Studio version 2012, 2013, 2015 or 2017 must be installed" とポップアップする。

「.NET Framework バージョン対応表」によれば,確かに ADO.NET Entity が XP 以降で登場している。ただし,Visual Studio 2010 には対応していないから,私のVB開発環境をバージョンアップしなければならない。果たして最新の Visual Studio がレガシー XP のコードを生成するだろうか。「Windows XP に対応するには」とあるから,何とかなりそうだが,ただし標準テンプレート ライブラリ (STL)は不可である。
C++/CLI で作成され、.NET Framework 4 を対象とするアプリは、Windows XP および Windows Server 2003 で動作します

,とあるが STL と CLI の違いがわからない。VB の古いコードを使用しているから,書き換えなくてはならない可能性が大だ。VB2010 Express はオンラインインストールのため,バージョンアップすると元に戻せないだろうと思う。このリスクをどうしようか。最悪,サーバのマザーボードを Windows7 対応に交換して,改造すれば何とかなるか。無料の開発ツールだから致し方ない。

Visual Studio 2015 をインストールしようとしたら,2017 にリンクされてできない。無償版の Community を選択した。ワークロードがいくつもある。デスクトップ Windows には,ユニバーサル,.NET  および C++ の3種がある。.NET だけでも 2GB 以上必要だ。ユニバーサルは 16GB もあって,しかも前述のように XP では動作しないからインストールするメリットが全くない。.NET だけでインストールに 45分要した。

2017 は 2015 の上書きではなかった。2017  を起動して,従来プロジェクトをビルドすると失敗した。デバッグだと,エラーが出る。やはり互換性はないけど,XP マシンの廃棄ケースは免れられた。

MySQL インストーラを再起動し,MySQL for Visual Studio 1.2 をインストールしたら,1.2.7 がインストールされた。多分,これで MySQL プログラミングを eclipse によらず,できるようになったと思う。

感想
2015/2017 が併存できるなら,何も悩まず別々にプログラミングすればいいだけだった。。。BASE へのデータ追加を Java で別々にしようというのと同じである。サーバプログラミングも Slip21 と同じ言語でできるのなら,別アプリを統合できるかもしれない。厄介な同期の問題も楽になりそうだ。

参考
関連記事

コメント

非公開コメント

Win XP

Panda43です
自分もいろいろな開発環境をWin XPで行っていますが
(HostマシンはWin7で開発環境はVirtualBoxのWin XPで構築)
古い環境はそれでいいのですがドライバーや.NETなど最新の環境を使いたい場合は対応しないものが増えてきていて
最新環境を使いたい場合はWin7を仮想マシンンに追加しないとダメな状況になってきています。
そろそろ切り替え時なのかな~~~、などと、悩んでいます
(Win7を仮想マシンに追加するだけで20Gは必要になる・・・・・
 Win XPなら4G程度で軽い、古い環境はWin7では動作しないものもあります)
サーバーは仮想環境で用意する方が楽だと自分は思っていますが・・
試してみてはどうでしょうか。。

Re: Win XP

Panda43 さん,ありがとうございます。
私としては,W10/W7 のデュアル開発環境と
サーバはXPかなと思っています。
今後とも,よろしくお願い致します。