2018/02/12

DMM 電流計の高精度化

DC/DC コンバータの変換効率を測定する際,電流測定精度が隘路になった。Amazon で16ビット ADC が格安販売されていて,2セット4個を衝動買いした。

しかし電流を測定するにはシャント抵抗が必要になる。0.1Ωに100mA流して,電圧降下は 10mV である。共立とかでは1Ω以下はオンラインカタログに掲載していない。RS コンポーネントで検索したら,温度係数 50ppm  で以下がヒットした。単価 \34 で最小数量単位は 20pc である。確か送料は \600 くらいだ。
進工業 表面実装固定レジスタ
1W, 100mΩ, ±1% 
RS品番 134-6425

直列とか並列接続すれば,入手難な1Ω未満抵抗ができるので,20個でもいいかなと思う。精度は補正すれば何とかなるけど,温度変化は恒温炉がないのでどうしようもない。

最初,格安 DMM を壊してシャント抵抗を取り出そうと思ったが,大昔の抵抗は温度係数が良くないだろうと思い,止めた。検索したらTIがシャント抵抗内蔵のICを生産している。ストロベリーがそれをボード化している。精度は1%となっている。シャント抵抗値が小さいので大電流測定用だ。

検索しても,できあいの高精度デジタル電流計がないようなので,自作してもいいかな。最安の高精度 DMMは8万円する。手元にある DMM PC510 の等価内部抵抗は 50mA レンジだと,3.3Ωもある。

手元には1Ωのカーボンがあるので,これでトライしてみようかと思う。温度係数 50ppm の抵抗が個人で入手できるようになった。ただし形状がチップだ。3種の老眼鏡を使い分けているのでしんどい。ただ1個のための半田付けなら1時間かけてもペイするかな。

積層セラミックと電解コンを比較した DC/DC コンバータの変換効率測定結果をサイトにアップしています。

参考
関連記事

コメント

非公開コメント