2018/04/06

沖縄交付金 泥亀 NTT軽油節税?

政府予算案が国会を通過する予定だ。予算の内訳をみると,税収が伸びているので国債発行が減少している。地方交付税も減っているのはいいが,各都道府県の既得権を変えるのは至難のようだ。沖縄の米軍基地負担(迷惑)料は軽減されていない。沖縄より一人当たり交付金の多い県は沖縄なみに減額するか米軍基地を誘致すべきだろう。米軍基地のない道府県は沖縄の迷惑料を負担すべきだろう。県内に米軍基地を誘致するインセンティブをつけるのは理に適っていると思う。

島根は国のパラサイトになっている。しかも竹島を煽っているから なおさら性質が悪い。以下は1人当たりの地方交付税ワースト県 単位は円。島根と鳥取を合併させると,さらに状況が悪化する。財政状態がいい県に吸収させるべきか。多分これらの県は自助努力は期待できない。本来なら,以下の県が特区構想を提案すべきなのだが,そうもいかないのだろう。島根,鳥取および秋田の知事はロシア韓国中国との交易推進しているのだろうか。沖電気の方が言っていたけれど,日本 IBM と沖の違いはトップセールス活動だそうだ。これらの知事は粉骨砕身しているだろうか。親方日の丸か。
島根 448,352
高知 393,212
鳥取 375,130
秋田 350,290
国保の保険者が守山市から滋賀県に替わった。高齢化の進んだ財政基盤の悪化している自治体の負担軽減とされる。県内の収支をみたら,意外と大津市がワースト(単位千円)である。県庁所在地の赤字を東近江市,甲賀市および野洲市が負担する。これはシナの歴代王朝の都市居住の官が周辺の農村を収奪して繁栄していたのと似ている。大津は富を産まず,消費しているだけである。その典型は県庁役人だ。滋賀県は給付に必要な費用を給付とあるが,市町村に賦費を課していないとは思えない。JR大津駅前はサラ金の看板が林立していた品のない都市であった。たまたま膳所藩が尊王だったので大津が県庁所在地に選ばれた。せめて西国譜代筆頭の彦根と膳所の中間に設置していれば,ましだったような気がする。県庁の肥大化をどう防ぐか。今年は滋賀知事選挙があるが,結果は見えている。

公営ギャンブル(オンライン舟券)の収益をどう増やすか。衰退の激しい京阪に見切りをつけて名古屋商圏とどう つないでいくか。幕末には彦根藩と尾張藩が連携したではないか。知恵を出そう。大阪にカジノができたら,競艇舟券収入が減るかもしれない。というのは大阪維新はカジノと住之江競艇の相乗効果くらいは考えているだろう。横浜カジノは風俗特区も狙っているだろうから,大阪ですら勝てないかな。西部劇をみると,酒場,賭博,売春はセットだった。人口が増えてくると,立ち退かされた。小学生の頃,ガキ仲間と市内を探検するようになると,〇本町の一角に奇妙な建物があった。探検して市内をうろついているのも禁止されそうで何となく親に尋ねるのをはばかった。長じて,娼館跡だったと知った。戦後,合衆国の禁酒法を真似たのか,売春は非合法になった。カジノ都市シンガポールの売春事情はどうなのか。

大津市    484,891
高島市    449,857
長浜市    417,415

東近江市 217,139
甲賀市    167,083
野洲市      19,439

海自潜水艦
海自は泥亀潜水艦しかないので 哨区海域まで往復するだけで日数を食われてしまう。今は横須賀と呉から出航している。水中巡航速度はおそらく 5kt 以下だろう。沖縄の米軍基地を呉に移設して,呉の潜水艦基地を沖縄移設交換してブンカーを建設すればいい。佐世保は対韓国潜水艦作戦には向いているけど,直近の脅威は中国海軍潜水艦と潜水艦発射巡航ミサイルだ。中国潜水艦の通りそうな海域に潜んで待ち伏せするわけだ。

テレビを観ていたら横須賀所属の海自潜水艦は湾を出たら,すぐ潜航するらしい。訓練は近場のようだ。尖閣海域へ哨戒する際は,太平洋戦争当時と同じように夜間浮上航行しているのだろう。沖縄戦の頃は日中,夜間とも米海軍航空機によるレーダ哨戒が厳しく全く浮上できなかったそうだ。ちなみに AIP 潜水艦の戦闘速力は蓄電池により発揮され 数時間しかもたない。潜水艦の抑止力は潜水艦がいるかもしれないと思わせる事だ。英海軍の原潜のようにフォークランド封鎖宣言を出したらアルゼンチン海軍の水上艦 補給船は島に近づけなくなった。中国が尖閣を封鎖宣言したら海保は近づけなくなる。封鎖宣言をできないようにするには海自潜水艦を忍ばせておけばいい。

キューバ危機ではソビエト船団を間接護衛していた露潜 B-59 が米艦隊に向けて核攻撃寸前までいった。中国原潜を追い詰め過ぎると,核による反撃も考えられる。現代だと艦隊上空に核兵器を炸裂されたら艦隊は簡単に戦力を喪失するだろう。尖閣が中国により封鎖されたら,ウクライナがクリミアと東部2州を実質 割譲したように尖閣の実質支配を放棄するのが賢明だろう。尖閣に拘り過ぎると対馬,北海道東部が怪しくなる。韓国と北朝鮮の融和ムードをみると意外と朝鮮統一は早くなるのかもしれない。今や核兵器は弱者貧者の兵器になった。怖い時代だ。2次大戦時,ドイツのUボートの出港帰港時には高速艇の護衛がついた。日本は長大な海岸線があるのに海自は沿岸防備用の艦艇に関心がない。困ったものだ。

大戦末期のウルシー環礁攻撃の晴嵐搭載の大型潜水艦2隻は大湊から出撃した。横須賀,呉,佐世保は 空襲のリスクが高かったのだろう。ウルシー近海まで3週間要している。夜間浮上充電 14 kt,昼間水中数 kt だから やはり運用効率が悪い。航空機だと 200 kt だ。通常型潜水艦の運用効率は悪いけど,AIP だと11日間連続潜航待機していられるのは尖閣防衛に向いている。多分,中国海軍の通常型潜水艦も同海面下で待機しているのだろう。

その昔,米潜はスービック湾の基地を破壊され,真珠湾と豪州フリーマントルから長駆 日本近海まで出撃した。日本商船暗号は解読されていてウルトラ情報として米潜艦長に伝えられていた。海自に日本商船隊護衛計画はないような気がする。そんな訓練をみた事がない。種子島から宮古島まで固定の聴音ラインを敷設するだけで中国潜水艦の攻撃はできないけど動向はつかめる。ローテクだけど自国製にせず合衆国に提案させて購入したらどうだ。海自の機雷保有数もネットからは不明だ。写真から見る限り,高価そうだ。陸自同様 海自も国防方針が不明だから迷走を始め現在に至っているのだろう。まあ70年間 平和だったのが何よりの幸いだ。

クリーンディーゼル油
ロイタがVWが買い戻した車置き場の様子を公開している。荒地の収容所を思わせる。1箇所当たり1万台である。買い戻しは 2019 年末まで要し,経費は $250 億以上だそうだ。当たり前だけど,ディーゼル油をガソリン並みに不純物を除去すれば,車に搭載する高価な改質器が要らなくなる。京都市はてんぷら廃油を市バスに使用する馬鹿げたプロジェクトをやっていたけど,後報を聞かなくなった。確かにディーゼルエンジンは大抵の油でも動くが,排ガスが酷い事になる。

第二次世界大戦中,石油大国の合衆国は油井から産出する原油をそのまま,潜水艦の燃料としていた。ドイツ日本のように滑油効果を調製する必要がなかった。ドイツ合衆国のディーゼル(軽)油は日本と比べると,かなり汚いと思う。そして世界中の貨物船は無調整生炊きだろう。日本の内海フェリーですら,煤塵をまき散らして航海している。国産精製軽油を焚いていないのだろうか。この油を漁船に横流しすれば漁民は大いに油費節約になるのかな。小さな漁船は脱税だけど灯油を燃料としているのだろうと思う。JR機関車はバスと同じ軽油を焚いている。脱税もせずクリーンだ。どうも NTT は非常用ディーゼル発電機の燃料を灯油にしているようだ。公社時代からの慣習だろう。我々も軽油の代わりに安価クリーン灯油を使おう。不平等な課税は社会に不満をつのらせるだけだ。

世界政府でもできない限り,NOX SOX は減らない。EU が問題視する CO2 より,大気,湖沼,海の汚染の方が危険だと思う。その点,原発はクリーンだ。ドイツの環境政策は偏っているというか,おかしい。中国政府はそのあたりを認識して,石炭から一気に天然ガスに移行しようとしている。石炭に含まれる毒物は半端ではない。石炭を原料にしていた東ガス大ガスの工場跡地の高汚染度は容易に想像がつく。その名称が夢洲とは皮肉ではある。大阪万博予定地だ。

NTTが節税のために軽油の代わりに灯油を使用していたNHK記事のリンクが切れた。誤報だったのだろうか。2018-04-06
NTT.png 

節税は国民の権利である。NTT は大企業なのだから,国税庁と争えばいい。トヨタとかは税務当局と二重課税について争った。この件は,国民のためにもなる。税の不公正はいけない。

参考
関連記事

コメント

非公開コメント