2018/04/23

XBee スリープ時間変更と秋月 FT232RL

これまで記録周期が15分でも, XBee のスリープ時間は1分の固定にしていた。これを3分に延長すると電池寿命がどれほど延びるのか,試してみようと思う。

以前とシリアル接続配線が異なっている。朝から作業を始めて,設定を終えたのは午後9時ちかくであった。別に作業をサボっていないのにかかわらず,信じられないほど仕事効率が悪い。ボケているのと,画面と半田付けの際の眼鏡が異なる。#2のパラメタ SP および SN を,

SP 7EE -> 7D0 (2000)
SN 3 -> 9

とした。FT232RL を PC USB から給電しているので,シリアルIOの電圧が高い。FT232RL が 15mA (Nominal Operation) も消費するので,XBee には写真のように別途供給した。
XBeeWrite.jpg 

FT232RL 側の端子を DSO で計ってみると,
Rx 4.32V
Tx 4.80V

Tx FT232RL - Din XBee 間に保護抵抗を入れた方がいいかなと思う。電池を交換して,20:45 2018-03-14 に新サンプリング時間で実験開始した。#1は従前のパラメタのままだ。

食器洗いをしていたら,配線回路がどうして異なっているのか思い出した。AVRWRT を何とか Windows 10 で動作させようと変更したままだった。失敗したままにしてはいけない。元にもどしておかなければならない。
関連記事

コメント

非公開コメント