2018/05/04

女子の自殺率と人口減少とプチデモン

 類人猿のなかでヒト族だけが自殺を犯す。日韓ともに世界有数の自殺国であるけど,近年自殺率が低下している。けれど両国とも,はるかに合衆国を凌駕している。Wiki に  2015 年の各国自殺率が公開されていて,日米韓女子の自殺率グルーピングしてみた。

韓国(16.4)  ガイアナ 北鮮
スリナム ベルギー 日本(12.4) アンゴラ 中国
デンマーク ノルウェー 合衆国(6.6) ニュージランド モルジブ

日本女性の社会環境は意外と中国に近い結果になった。合衆国の女は世界平均値より低く恵まれている。日本の女が合衆国ほどの幸福度を得られる時代はいつ頃だろうか。

格差社会と言われているけど,自殺率は低下している。経済的理由により自殺にはあまり至らないようだ。念のため,自殺率と生活保護人数の上位下位5県について散布をみてみた。自殺率は各県2倍程度,生活保護人は7倍程度ばらついている。

Suicide.png
相関はない。グラフの右端にあるのは秋田である。秋田県は孤立している。秋田は人口減少,高齢化の代表として取り上げられる。秋田の特殊事情は文化的には意味があるだろうけど,他府県の対策にはどうかなとも思う。近年の高齢化進行にもかかわらず,自殺率は低下しているから自殺率と高齢化は関連性が薄いだろう。

野口先生によれば,毎年人口が1%程度,減少するのは経済的に誤差範囲らしい。それではどれ位人口が急減したら経済が崩壊するのか。夕張市をみると,S35 の +0.6% から S40 の -21.15% が引き金になっている。5年毎の各都道府県の人口増減率予測がある。全国平均だと,

2015  -1.14%
2020  -3.09%
2025  -5.78%
2030  -8.93%  秋田 青森
2035 -12.44% 秋田 青森 高知 岩手 山形 和歌山 島根 徳島 福島 長崎 山口 鳥取 愛媛
2040 -16.23% 同上 新潟 北海道 鹿児島 富山 山梨 長野 香川 福井 奈良 宮崎 大分 岐阜

のように減り,上記の道県の減少率が 20% を越える。2007 年から人口が減少しているのに,アパートマンション経営を煽る経済活動はどうなのか。人間は微分動作になっている。じわじわ変化しても体得できない。政府の参考推計によれば,2100 年 4959万人になり,さらに減少していく。それでも,これは 1900 年当時の人口である。政府は人口1万人以下の町村は消滅するという。家人が病院医療を考えたら,山中に住むのは嫌だと言う。古代ギリシャのポリスの人口は3万人程度であった。社会生活と政治経済を行うのに必要な人口なのだろうか。夕張はH2に3万人を割っている。やがて消滅して,村となるのだろう。

過日,花粉症の治療に市内の個人病院を訪れたら,わが市は人口増加都市にもかかわらず閑散としていた。我が国の社会保障給付費のチャートをみると,どれを削減したらいいだろうか。優先順位をつけたら,福祉,年金,医療ではなかろうか。どうやって医療費の増加を抑えるか課題だろう。それに合わせて消費税を段階的に上げていかざるを得ないだろう。住居インフラも寿命の長寿化が必要だろう。自動車を数年で乗り換えるような社会は良くないと思う。自民党の明治 150 年では,高度成長,海外進出の焼き直しである。少なくとも江戸期,あるいは室町期の社会を参考にする必要がありそうだ。個人的にはヒトが家畜の代替となっていた江戸システムは良くないと思う。

2030 年以降,各県の人口減少率が20%を越え,中小都市は崩壊するけど,県庁所在地は存続しているだろう。地方交付金(税金)がこれら都市を支える。日本の資本主義は混合経済になっているだろう。問題は邦貨の価値である。人口が減少しても,エネルギの自給はできない。父は石油の時代にあっても,石炭ストーブを使えるようにしていた。先進国として,石炭を発電に使用するのは国際世論から厳しいものがあるが,合衆国次第だ。一時的に石油天然ガスの価格が軟化しても,中長期的には急騰する局面の方が多いだろう。それを吸収するのは,合衆国で認可された新しいローコスト原発 SMR しかないのではなかろうか。歴代首相の反原発勢力(細川,小泉,菅)が死に絶える頃には,日本の既存原発産業が崩壊している。新しい原発企業が生れれば,それでいい。

人口が急減して,いろんな既得権益層が没落して,新興勢力が担うようになれば,これはこれで日本流のイノベーションになる。

まさか,秋田青森の不動産に投資している県外投資家はいないと思うが,畿内はどうだろうか。大阪府京都府は踏みとどまった。凡人が投資するとしたら,中韓との交通アクセスが近い九州北部と3大都市圏位だろうか。このエリアにスキルのある外国人がどれだけ来てもらえるか。20世紀までは人口の多寡がイノベーションに大きく関与していたけど,デジタル時代は様相を一変させた。中国のテンセントみたいな会社がトヨタを蹴落とす可能性が出てきた。汎用技術および技術者を陳腐化しつつある。エレクトロニクスの悪夢が再現するのか。米中が覇を競うような分野は捨てて,個別に新しい分野を模索するしかないだろう。EU各国が参考になる。例えば,優秀なガスタービンを製造するオーストリアの人口は 800 万人しかいない。豪州のように広大な国土と人口 2400 万人ながら,英国民にオーストラリアの偉大な発明は物干ししかないと冷やかされる国もある。

残念ながら,旧来のトヨタ,パナのような多数のマンパワーを必要とするメーカは米中の競争に巻き込まれ消えていく可能性の方が高い。両者を支える人口,技術者が消えていなくなるからだ。実際,陸自普通科中隊(歩兵)に女性自衛官の採用を防衛省は決めた。日本の女がどこまで社会に進出できるか。西欧では教師と医師は女の職業と見なされている。日本はまだ,このレベルにも達していないから,伸びしろはある。TVをみると女性記者が増えたと感じる。高収入の分野に多くの日本女性が進出すれば,事態は改善されるかもしれない。間に合わない可能性の方が高いか。競合国はさらに先を進むからだ。

150 年前の尊王攘夷も外国と競争するという概念に欠けていて,自国を相対的に捉えられられなかった日本は同じ間違いを70年前にもした。今回は人口の急減である。日本史上,人口減少はたった4回だそうだ。夕張の例だと,人口減少は人口移動ももたらす。歴代中国の流民のようにならず,過度の都市集中がなければ,いい効果をもたらすかもしれない。ヒトの移動は交流をもたらす。合衆国の活力の源はヒトの移動である。ある説によれば,縄文期の寒冷化が縄文人の狩猟採取から農耕に転換させたそうだ。そして大型獣の少ない西日本へ浸透したそうだ。人口は1/4くらいまで減少したらしい。街は崩壊して経済力が低下しても,文化は壊れないかも。

繁栄した古代アテナイはオスマン朝期,漁村に落ちぶれたが,ギリシャ語はなくならなかった。古代ギリシャの女は奴隷並みであった。一方,アテナイの守護神は鉄兜をまとった女神であった。その後,ローマ帝国期はキリスト教化した。現代ギリシャは同じギリシャ語を話しながら,古代ギリシャ文明とは何の関係もなくなった。日本の復古主義は大した益をもたらさないだろう。神道,天皇が米中との競争に役立つとは到底思えない。民を慰撫する効果くらいか。かえって権威主義は宗教のように競争の支障にさえなりかねない。人口が4千万人になって,天皇制がどうなっているか,ある意味ナンセンスのような気もする。こんな時期に憲法改正かよ。150 年前の尊王攘夷を思い出してしまう。そういえば,古代イスラエル末期も,復古運動が盛んだった。イエスもその運動家でありアジテータだった。

選挙で保守勢力は 2/3 の多数を占め復古させても根本解決にはならないのは自明だ。原因は内的要因だけではないからだ。まあ,国が衰退,民族が滅びるときはこんなもんだろうか。中国は今度の戦争で,本当に日本を消滅させるつもりだろう。

天皇の田植え時期が近づいてきた。ローマ法王の洗足式みたいなものか。ドイツ政府がスペイン政府の依頼を受けて拘束した独立派州首相が,「ドイツの法律ではプチデモン氏を国家への反逆行為の罪でスペイン側に引き渡すことはできない」とされ保釈された。彼が逮捕されたニュースを知って,連想したのはナチスとフランコ政権の蜜月だった。スペイン市民戦争は苛烈だった。バルセロナは最後まで人民政府側の拠点だった。

プチデモンは中央政府の捕縛を逃れ,ベルギーに滞在しベルギー官憲の拘束はなかった。その後フィンランド,デンマークを通りドイツに入国しての拘束であった。ロイタはその経緯を伝えている一方,毎日はその通過国について一切触れず,ドイツに好意的な記事を書いている。

80年前の日独枢軸ファッショの亡霊があるのだと,感心させられた。当時の毎日朝日は駐独大島大使とリッベントロップ外相そして総統との蜜月を大々的に報道したものだった。そのベルリン東京間の外交暗号が米英に筒抜けだった。

こういった事案では中小国の対応をよく観察するのが肝心だ。スペイン ドイツ諜報機関の関係は親密なのだろう。スペインが小国フィンランドとデンマークに影響を及ぼせないのは なるほどと思わせる。両国は人権に配慮して,スペイン政府の要請を拒否したのかもしれない。怖いなドイツスペイン関係。ドイツはスペインと何を取引したのか。ホームランドの見過ぎかな。

参考
関連記事

コメント

非公開コメント