2018/04/11

フリーライダ日本の譲歩は何だろう?

首相が訪米する。表向きは北朝鮮問題だろうが,トランプ大統領にフリーライダは許さないと日本を名指しされ,安全保障上重要国指定から外された安全保障がらみの対日経済制裁問題だろう。

この交渉戦略を練るのがどうも,今井秘書官らしい。戦前の FDR は隔離演説をしてから対日経済制裁(道義的禁輸)を発動した。当然,日本はフリーライダではないよう努めますと弁解するのだろう。手土産に首相は何を持参するのか。日米交渉が行われている筈だ。日米貿易交渉の元締めだった麻生は日米 FTA 交渉はないと宣言していたから,財務省の不祥事もあり辞任か。

合衆国通商政策指揮官が中国との交渉を言明した。日本は何を譲歩するのだろう。家人は牛肉だろうと言う。思いやり予算を増額しても,合衆国民に伝わらない。天皇とかの公用車をアメリカ車に変更するか。国土省の出先機関,陸自師団長等の公用車をアメ車に替えれば,アメリカ産品購買運動にいいかもしれない。とりあえず,朝鮮有事の名目で合衆国製兵器の調達前倒しだろうか。それとも日米 FTA 交渉開始か? 

日米安保と不可分の自由貿易はタダではないので,当たり前でもある。麻生の頭がおかしかっただけだ。幕末の通商交渉は幕府が門前払いを重ねた結果,ペリー艦隊の派遣となった。その経緯は百も承知での交渉だろう。安倍の「圧力と対話」は対北鮮だけでなく自国にも適用される。実に皮肉だね。

不浄な女
市長が土俵で倒れ,穢れを忌嫌ったのか それとも縁起が悪いのか塩が撒かれたそうだ。大相撲の暴力,八百長,賭博が穢れとどんな関係があるのか知らないが,実に日本的で興味深い。宮中の神事も穢れを極度に嫌い,陛下の勤める神事は大変らしい。京都に住んで上京の葬式に参列,玄関脇の盛り塩を見て,原日本を実感したものだ。高野山の奥の院も女人禁制である。日本のみそぎを司る天皇は女特有の穢れを考えたら,女天皇論議は無意味だろう。天皇は古代イスラエルの大祭司みたいなものだ。当然清い大祭司は男で世襲だった。初代はモーセの弟アーロンである。創造された神話である。古代ユダヤ族も不浄を極端に恐れた。不浄は神の罰とみなされた。大体,人間の考える物語神話には大した違いがない。女は男のできそこないだ。女がそそのかされて男も知恵の実を食べる。もうこれは潜在意識にも組み込まれているので,この種の事象に西欧の関心を呼ぶ。

西欧だと聖水がある。洗礼バプテスマもそうだろう。船の進水式に女性が酒瓶をぶつけて割る。日本の鏡割りもそうかな。海外TVドラマをみていたら,すし職人が主人公の日本刀に水を注いで霊力を高めていた。くだんの事件も日本のメディアが伝える高級紙よりは Daily Mail のような大衆紙の方が重要だろう。それは Yellow Paper の煽情的記事から排斥やがて戦争につながったからだ。記者会見では渦中の首相夫人問題とからめて,この種の質問があるかもしれない。側近達の準備は怠りないとは思うが,日本の記者会見のような出来レースでもないので要注意だ。以下は 100 年前の合衆国記事中の挿絵。
Exclusion.png 

合衆国は日露戦争のスポンサかつ調停者になりながら,日本が大勝すると黄禍論と相まって反日,日系人の排斥となった。加州が日本人の公立小学校入学を拒絶したのだ。それから日米開戦まで20年の歳月が必要だった。人口が減少し衰退しつつある日本を合衆国が排斥するのはあり得ないと考えるのは早計だ。イランはさほど国力がないのに極端に排斥されるのは何故か。イランとサウジの違いは何か。同様に日本と韓国の違いは何か。ヒト族は相手に自分を投影置き換えて物事を考えられる稀有な生物である。

経済的譲歩で済むならそれに越したことはない。それにしても,TPP11 の各国は冷淡だったな。。。アメリカさまのご不満は合衆国民の総意とみるべきだろう。合衆国は民主主義の国だ。日本は? 日本は神の国,神国日本だ。このステレオタイプが西欧のお気に入りである。

小池都知事のように朝鮮学校を排斥するのではなく,このような時期だからこそ,ぬかりなく優遇すべきだ。ドイツ北欧のように狡猾になれるか日本。大国,とりわけ合衆国には細心の注意を払い接するべきだ。日本に諜報機関が欲しい。憲法改正より大切だと思わないか。

参考
関連記事

コメント

非公開コメント