2018/10/19

Nikkei 225 先物取引枚数と Gotham

Nikkei 225 先物
Nikkei 225 先物を経済指標として,どう考えればいいか,価格と取扱高の推移を調べた。現在の価格はバブル期にはほど遠い。
Nikkei.png 
取引枚数は TOPIX よりデータをダウンロードして開始月から 2018 年7月分までのチャートを作成した。
NikkeiMaisu.png 
1991 年3月期の 2246575 枚を小ピークにその後,取引は低調になった。また徐々に回復し始め,2008 年10期が最大ピーク 4983286 だった。アベノミクスによる大規模金融緩和,マイナス金利導入による明瞭な効果は,取引枚数が乱高下しているものの取引高の増大傾向は見られない。やはりプレーヤが固定化して,ゼロサムゲームの様相を呈しているようだ。先物市場取引は現物の空売りと同じ期限付き取引である。素人には難しい。取引プログラムを購入するか,自作しないと到底,精神がもたない。世界の大手証券会社でも勝率は5割に満たない。ハイリスクハイリターンの内実は賭博である。これが,カネ余りでも取引枚数が増加傾向にならない原因だろうか。

仮想通貨取り引き会社が70億円盗まれ,そこへ出資していたフィスコが事業譲渡を受けたら,株価が下がらず逆に上がった。私には株式売買のセンスはないと思い知らされる。しかし,フィスコの時価総額は 137 億円しかない。仕掛けがあってもおかしくないか。

日本は地価を原資とする土地資本主義との前提に立てば,人口減少による住宅地需要減少が地価が上がらない要因だろう。大都市部の一部の地価が上昇していても,日本全体の土地取引は低調のままでありながら,公示価格は上昇した。日銀の誘導のせいだろう。銀行は勝手に融資できない。融資先配分は日銀が定めるので,日本は昭和天皇の御代から統制経済である。日本の自由主義経済は 1927 年の鈴木商店破綻で終わっている。ソフトバンクとかトヨタとかをみればわかるように政府規制の大きい分野が時価総額上位である。ケインズの財政出動による需要喚起は人口一定もしくは増加が暗黙の前提だろう。最近,インフレターゲット派である高橋洋一の変な論調が掲載された。経済学は数量を論考する学問である。読めば,一見筋が通っているかのように見える。しかし,理学工学のようにモデル自体が間違っていても,現実と合致する場合が幾例もある。ノーベル賞の本庶先生が Nature Science 誌はウソばかりと言及したのはそんな意味合いもあるのだろう。ヘリコプタマネー論が日本で幅を利かせているようでは英米風の世界に先駆けるような革新は到底無理か。FRB は利上げを明かにしている。

このままだと,日銀が保有する株式を年金基金が買うしかない。ここらで従来の日本型資本主義のパラダイムの変更が必要なのではないか。それとも,従来通り大都市への資本投下をより集中するかだ。合衆国には,都市は悪であるという共同体幻想がある。これは旧約の考え方で日本の都と地方という図式はない。エルサレムですら,預言者が祖法に戻れと非難している。実際,神殿にユピテル像を安置したヘロデの時代,クムラン派はエルサレムに背を向けて砂漠に隠遁した。キリスト教も清貧をモットーとする修道院運動が繰り返された。西欧都市で生まれたプロテスタントのユグノー,ピューリタンは帰農した。合衆国のアーミッシュ,メノナイトがその末裔だ。大都市の悪を戯画化したドラマ Gotham が面白い。

Gotham
ひったくり日本一の大阪が世界の住みやすい都市にランクインしている。不思議な感じだ。犯罪率のウェートが高い指標なのだろうか。確かに日本の殺人発生率はオーストリアと同じ程度だ。合衆国の発生率は先進国の最高である。安全な経済活動を営むとしたら,合衆国程度の治安が必要なのだろう。

家人が Gotham の DVD を借りてきた。悪人ペンギンのキャラが面白い。ファッションは第1次大戦の頃で,テレビ携帯電話がある設定だ。悪人どもが Gotham の覇権を競う。今風に女の悪人も素晴らしい。スピルバーグ時代の女優のように悲鳴を上げない。例により,濃いキャラがエピソードが進むと殺されていく。日本の映画ドラマだと,銃器を用いた殺人シーンにリアル感が全くない。目力,気合が感じられない。単に演技指導の違いかな。誇張された銃撃シーンは Matrix あたりだろうか。「悪」の蔓延る都市の原型は聖書の描くバビロンである。

社会資本
日本の車道は馬車のない江戸期の街道を踏襲したまま,効率が悪い状態で人口減少となってしまった。合衆国民なら,古い社会資本(都市)を捨てて,新しいカウンティに移りすむ。Amazon に至っては輸送基地を公募するくらいだ。日本だと大会社の本社はトヨタを除けば東京が当たり前だろう。日本の鉄道は狭軌を導入したように,標準道路も狭い。米陸軍の機甲部隊は内陸基地に配備され,海外遠征となると,長大列車で港まで輸送する。日本の鉄道はプアで北海道配備の戦車も運べない。日本の兵站能力は道路と鉄道を比較するだけで中韓に劣後だ。中韓の鉄道道路を見ているだけで,物流も効率が良さそうだ。満州では壮大なインフラ計画を立てながら,内地ではこじんまりになったのは何故だろう。機動道路が貧弱で本土決戦を断念した日本,農道は建設しても軍道はおざなりの明治 150 年であったか。信玄が整備した棒道も軍道ではないという説がある。壬申の乱とか関ケ原の合戦における動員数にしても,道路事情を考えたら本当なのだろうかとも思えてくる。参考に考えたのは馬車を多用した古代ローマ軍と中国軍だ。部族単位のゲルマン族ですら馬車だった。人力の荷駄隊がどの程度 通用したのか。秀吉の朝鮮侵攻も当時の朝鮮は馬車が普及していなかったから,可能だったのかもしれない。

豊かな暮らし,安逸な生活を送るには後背地が必要だ。かつては植民地と呼んでいた。古代ギリシャは黒海の穀倉,古代ローマはイスパニア,エジプトだった。EU の盟主となったドイツの後背地は東欧だろう。南欧の後背地はギリシアおよびマグレブか。日本の後背地はかつて朝鮮,台湾だった。戦後は ASEAN 諸国だ。しかしグローバル化の波で日本は中韓台に劣後となった。日本の貧困度を表すジニ係数は増加する一方だ。アベノミクスは金融政策であり,トリクルダウンなど妄想だった。

日本株式市場は公的年金基金 GPIF により支えられている一面がある。基金が底をつかないように給付水準を下げるので,老人は働かなければならなくなる。女性活用は定着しつつあるようだが,「74歳以下の人たちを“若者”として労働参加を促していく取り組みも必要」だそうだ。しかし実際の高齢者求人は皆無だ。65歳から74歳以下の「若者」を酷使して日本経済を維持するつもりなのだろう。いい時代だ。ハローワークはこの種の統計を性別と同様,止めてしまった。統計操作は東アジア官僚のオハコである。女性と老人排除の求人は御法度となったので統計に計上されない。一体何のための労働統計なのか。

日本中に溢れる老人とゴーストタウンはどうなるのか。古代の人口増加率は近代に比べると極めて小さかった。中国はシナ史上初めて人口抑制に成功しつつある。それまでは平和が持続すると,人口過大となり農民反乱,流民が都市を襲い王朝が疲弊し,遊牧民の侵略もあっての王朝交代の繰り返しだった。西欧は戦争が人口増加を抑制し,ペストが人口を急減させた結果,農奴の社会的地位の上昇につながった。日本は島国のせいか南洋地域と同様,間引きで人口増加に対処してきた。

明治以降の人口増大による富国強兵策が異様だった。旧約聖書世界観は異教徒征服による収奪奴隷化の是認である。古代は部族神による神々の争いだった。古代ユダヤは虐げられ,その神ヤーウェは弱小神だった。大国の植民対象にならないようにするにはどうしたらいいか。その知恵が北米植民地が合同した Independence の合衆国そして神聖ローマ帝国の再来EUである。

経済格差と成長はニワトリと卵の関係だ。資本主義とはそういうものだろう。格差が成長を産む。日本とかギリシャは格差が大きいのに社会資本が充実しない。両国とも平地が少なく農業がプアである。国民性が影響するのかもしれない。

豊かな国を低コストで実現する合衆国,高コストで実現する北欧スイス。スイスの成長率は殆ど零である。しかし,習慣ライフスタイルは質素で合理的である。満員電車の通勤もなく,高度の機器とか医薬品を製造し,金融サービスも世界屈指である。残業をしない国民である。スイスおよびオーストリアを参考に社会資本を考えてはどうだろうか。TPP11 の産品を輸入して,コストを下げる。絶滅危惧種となった国内職人の代替,さらに軍人として移民を受け入れるのもいいかもしれない。

江戸を偏重してきた 400 年の歴史を止めたらどうだ。そうすれば過密な首都圏の人口が地方へ分散すれば大平の描いた田園都市構想になり,震災リスクも緩和される。かつて毛沢東は下放政策を失敗したが,魅力ある地方が出現すれば,ヒトは移動する。それには効率的な地方行政機構と権限移譲だ。スイス,オーストリアは小国ながら連邦である。しかしながら,東アジア諸国の都市をみれば,どこも官主導の大都市ばかりである。儒教と官製都市との関係も面白いかもしれない。東アジアでは民が都市を建設など あり得ないのだろう。日本書紀によれば詔により,ヤマト政権は やたら都を遷都した。日本史上かつて民が都市を建設した経験がない。五箇条の御誓文と教育勅語の精神が万葉の時代から綿々と続いている。ひょっとしたら日本には People はいなく民だけなのかもしれない。「民」の原義は,
「民」という字形は「目を針で一刺しにした形」であって、敵の捕虜の片目をつぶして目に潜む呪力を封印し、奴隷にしたもの、と書かれています。王権に伏する民の中にはこのような異民族も含まれていたでしょうが、それが全人民を表す意味に拡大転化したとは意外です。「民主主義」の「民」がぶっそうな起源を持っているなんて皮肉ですね。いや、案外我々は奴隷なのかもしれませんよ。
高校英語リーダに People の例文がいくつも載っていた。結局のところ,何一つわからなかった。エリザベス女王はクリスマスとかに,My people と呼びかける。天皇は国民に呼びかけたりしない。祈るだけである。古代ゲルマン牧畜部族(戦士)の慣習がそのままイングランドに残り,日本には稲作ヒミコの精神が今でも健在だ。日本人が夷狄と戦うとしたら,玉砕と特攻は理に適っていたというべきか。これは中国朝鮮官僚の戦い方を近代日本がまねたものだ。土地に土着していた武士はそんな戦いをしていなかった。靖国精神の鑑である楠正成は例外だった。庶民はそんなところはよくわかっていて楠正成ではなく平将門を今でも信仰している。国会のセンセイ方,マスコミと庶民の感覚は違う。

外貨預金
ロイタだったか Boomberg か記憶は曖昧だが,皮肉交じりに黒田日銀総裁の年齢 76歳を否定的に記述していた。日本が破綻する頃,黒田は恐らく漢字も忘れた石原慎太郎状態だろう。フランスを破綻させたジョンローは投獄を逃れて国外逃亡した。日銀行員は見なし公務員なので,長銀経営者のように送検されたり,仮に円を破綻させても獄に繋がれる事はない。短期的はどうかわからないが,長期的には円安は避けられないだろうと思う。合衆国で最も売れるトヨタのセダンはカムリである。北米版は 260 万円だが,国内だと 330 万円だ。乗用車の内外価格差を考えたら円安過ぎる。2,3年のスパンで見たら円高になるのかな。ますます外貨預金が不利そうだが,合衆国金利引き上げの世界経済と高騰する原油価格でどうなるか。

家人の友人の夫は真剣抜刀を愛好する生粋の日本人ながら,預金は外貨である。いざという時に備えて円を避けているのではないかと思う。日本に不動産資産もある。僅かな預金だからこそ,米ドルにしておこうと思う。しかし外貨預金と言えども,国内金融当局の規制下にあるので預金封鎖になったら換金できない。換金はできなくても,円が暴落した際のリスクはなくなる。衰退日本の円が暴騰するとしたら,余程の中韓の変調だろう。

合衆国の日本に対する価値が下がりつつある今,反日 中韓連合軍が元寇よろしく日本に侵攻する状況もあり得る。憲法改正の前に,3箇国との領土紛争をどうにかするのが先だろう。私は老いているから,日本にとどまるにしても,家族は渡米させたい。合衆国カナダは本土に現金があると,ビザ市民権の取得が容易になる資本主義の国である。預金封鎖される前に北米に送金できれば,ビザが入手できる。どの位,円が暴落したら預金封鎖発動になるのか想定しておかないか。例えば,関東東海が大震災にあったら発動可能性は 50%を越えるだろう。関東大震災の際は,落ち着いてホッとした頃とりつけ騒動が起きた。日本の場合,震災有事と恐慌がセットになっていると考えておくべきだ。一安心後が最も危ない。ちなみに日経平均が1万6千円以下になると,日銀は含み損を抱える。一体有事になったら,どこまで下がるか。有事にならないよう隣国とは核武装かつ宥和政策が好ましい。英米流の握手しながら,反対側の手には棍棒の流儀だ。

ナチスの先例
ナチスの台頭に危機を感じた欧州ユダヤ人はスイスに送金したものの,当人は強制収容所送りとなり多額の金が休眠となった。若者をどうやってエクソダスさせるか。半端じゃない金が要る。ナチス政権がユダヤ人に財産登録を義務付けたのは 1938 年だった。新天皇即位が来年,自公維新による憲法改正発議も来年だろう。日本から日々の自由が失われていくのとナチス政権発足と重ね合わせると 2024 年頃か。資産逃避はこの時までに済ませないといけない。

資産を住宅とかマンションの国内不動産に変えるのは感心しない。実際,新聞チラシの不動産広告をみれば人口が増加している守山市内でも不便なところの土地は投げ売り状態だ。路線価格とかTVの報道を真に受けてはいけない。

在日資本はいつ どこへ消えるか。差別される朝鮮へは行かず,北米だろう。旧大陸からスキルのあるピューリタンは新大陸を目指したように,在日とともに北米を目指すのもいいかな。その筆頭は孫正義の子供か。円はそれなりヤバイと思う。在日が有事の際の徴用対象に含まれるのかどうか政府はあいまいにしている。在日が有事に軍属の資格も持てないとなると,先次大戦の在独ユダヤ人と同じ境遇だ。

神社本庁と日本会議が母胎となる天皇尊崇運動高揚の可能性はいかほどか。日本車が北米市場で中韓に競り負けする頃だろうか。その契機は朝鮮統一である。統一朝鮮を阻止せねばならないが,どうにもならない。トヨタ風日本車の生産方式では,奴隷状態の北鮮労働者に絶対に勝てない。英国のように上手に衰退していくには,現在の日銀政策は百害あって一利なしではなかろうか。今の園児に未来はない。日本の株式市場から外資が撤退するようになったら終わりである。ウオッチングは簡単だ。トヨタとソフトバンク株式の外国人保有割合をチェックするだけだ。

日本経済が中韓に翻弄されるとは,それでも変わらないのは江戸中期から連綿と続く現人神信奉である。天皇官僚制と現人神を結びつけた教育勅語は偉大だった。偉大過ぎて人力耕起に慣れ親しんだ忍従の精神は変えようがない。合衆国の不謹慎アニメをみていたら,フランス人が外国人の子供を酷使してワインの瓶詰をさせていた。フランス共和国の博愛精神を揶揄している。日仏とも出生率が低く,中央集権官僚国家である。教育勅語はフランス大革命精神に匹敵するだろう。ともに両国民の精神的拠り所だ。違いは「耐ヘ難キヲ耐ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ」の忍従の精神だ。中国人にこの精神は全くない。朝鮮戦争では人民解放軍兵士は平然と投降した。自由精神はないのにある意味,羨ましい。

日本人はレミングのように集団自殺さえしかねない。古代ユダヤ族だとマサダの集団自殺がある。マサダ要塞から死海が見える。狂信的ユダヤ教徒がローマ軍団相手に2年間立て籠もった。沖縄は玉砕したけど,3箇月に満たない。ソ連のレニングラードは包囲に耐えた。日本の長期籠城戦はキリシタンの反乱の島原平城と朝鮮蔚山だけである。沖縄戦では県民男子と中学生が背負子で食糧弾薬を山道を補給した。米軍は補給道路を建設しながら,侵攻してきた。沖縄の参謀部にそのような認識はなかったようだ。古代ローマ軍と同じやり方だ。陸士陸大と欧州戦あるいは古代戦史を学びながら不思議で仕方がない。太平洋戦争で初めて日本陸海軍は重機のブルドーザの使い方を知った。1923 年に合衆国が発明した。日本人単独の戦争は無理である。自衛隊の設営隊(工兵)はどんなレベルなのだろう。有事には工兵も徴用かな。沖縄戦では陣地構築が参謀部の方針が一貫せず,陣地移動構築中に戦闘となった。陣地構築設計もできない最低の牛島将軍だった。本土決戦にしても,畑俊六と杉山元が防衛線の設計をしている様子がない。現代の陸自でも状況は同じではないかと思う。戦前の軍隊は階級が上がるほど無能とされた。

日銀は BOE になれるか,それとも太平洋戦争期の日銀と同じだろうか。嫌味な時代になったのものだ。有事になると,赤字国債が戦時国債となって倍加する。原発を新設しろとは言わない。せめて安保上,既設炉を整備して回さないか。それも叶わない,とすれば亡国への転落は 3.11 がきっかけか。変えられない日本。

参考
関連記事

コメント

非公開コメント