2019/06/14

マイクロファンドと談合相場と吊ひも破断

たった大手行9人のトレーダが談合して為替相場が動くとは驚きだ。どんだけの額を相場に はるのだろうか。
EU当局によると、トレーダー9人が2007─13年にチャットルームで顧客注文などの情報を交換したほか、相手の邪魔にならないようトレーディングを一時停止することもあった。トレーダーの多くが、通勤電車で出会うなどして顔見知りだったという。
508 兆円/日だそうだ。人民元の取引は円の1/4しかない。元は政府の為替介入が円より容易だろう。合衆国が人民元を疑いの目でみるのは当然か。その昔,旧民主党の顧問になった榊原財務官はしきりに口先介入も含め,為替相場を動かした。その前歴があるから,日本財務当局は合衆国の監視対象だろう。

当然,財務省内に合衆国のエージェントもいるとみなしていいだろう。安保騒動の岸信介は日本国宰相ながら,CIA のエージェントであった。外務省高官はエージェントだらけだったのか,佐藤首相は官僚に沖縄返還交渉を任せず,民間人を密使としてワシントンに送っていた。岸と佐藤は実の兄弟関係である。どちらが真の愛国者か,後の歴史が定めるだろう。

鎌倉幕府が倒れた混乱期,尊氏と直義兄弟が共同し反目し争いもした。私は子供の頃,母から毛利の3本の矢の故事を教えられた。老境になり,兄弟で争う。ゴッドファーザーのマイケルは母の葬儀に乗じて兄フレッドを粛清した。信長も母から寵愛されていた弟を母の死に合わせて殺害した。親の愛をめぐる兄弟間の妬みは古今東西を問わない。旧約によれば,人類最初の殺人は神の恩寵祝福をめぐる兄弟殺しカインとアベルの物語である。神を日本風に親とみなせば,実に真実味がある。憎しみ,怒り,妬みをどうコントロールしたらいいのか。

ゴーヤ網吊ひも破断
今年もゴーヤの苗を植え付けた。昨年,ゴーヤのツタを支える網の一端の ひもが たわわに実ったゴーヤの重みで破断した。ひもに掛かる張力は高校で学ぶ物理で計算できる。張力をT,ゴーヤの重力をW,水平線となす角をΘとすれば,重力方向のつり合いより,
TsinΘ = W/2
T = W/2/sinΘ

Θ 90°     45°     30°     15°
T  0.5W  0.7W  1.0W   1.9W

網を水平になるように引けば引くほど急激に張力が増す。具体的に値を代入して,重力の何倍が必要か明らかになる。この式は傾きがゼロになると特異点になってしまう。少し前,三角関数を中高で教えなくていいのではないかと議論になった。

射影の考えは生活に役立つと思う。金太郎飴みたいな画一数学教育ではなく,選択制にしたらどうだろう。一律に教えるのは学校側先生の都合だろう。多くの生徒にはルートも三角関数も無意味だし,何の価値も見いだせないのも事実だ。選択が苦手な国民性なのかもしれない。ICU の選択制科目をみて感心した。数学,芸術,文学そしてコンピュータサイエンスも同時に履修できる。講義の半分は英語だそうだ。少なくとも高校から数学を選択科目にしたらどうだろう。数学を重要視しない合衆国の高校教育を終えると,アメリカ人はコミュニティカレッジで数学と牛の飼育が同時に学べる。ここで普通のアメリカ人は三角関数を知る。

父は海軍に徴兵され水雷学校で三角関数もどきを暗記だった。友人の父は工兵となり,鉄道のカントを暗記でそらんじていたと友人から聞かされた。いかに日本兵下卒が優秀だったかわかる。そんな下卒を陸大海大出のエリートが玉砕と特攻に追いやった。
GoyaNet1.jpg
洋式帆船は索具だらけだ。掌帆長は張力が急激に増加するのを経験的に知っていたのだろうと思う。ひもの自重だけで垂れさがる曲線はカテナリと大学で学ぶ。力のつり合いを微分形式で記述すれば,簡単に解ける。

去年,イタリアの高架橋が崩落した。元図をみたら日本で見られるようなアーチ形状の釣り構造がない。古代ローマ人は長大な水道橋を建設したけど,現代イタリア人と古代ローマ人とほとんど関係がないと考えた方がいいのだろう。

公領荘園解体 1000 年
日本の右翼は盛んに日本の天皇制が古代より続く世界に冠たる偉大な制度と誇るが,天皇自身が政治を司ったのは仁徳天皇,天智天武,せいぜい後醍醐くらいまでだろう。藤原,武家政権 800 年の歴史では,実際の天皇,とりわけ幼帝はマペット,チベットのダライラマ同様,体制の象徴だったのだろう。

日本史はある意味,公領荘園解体 1000 年の歴史だった。私領(所有権)の確立は中世と近代を分けるエポックだ。古代の公地公民制の天皇制を近代国家に接木した明治は無理があった。私権と自由を制限した封建制を懐古するアナクロニズムは復古主義のイスラム原理主義者と大差ないかもしれない。復古主義でこれから迫る危機に対処できればいいが,そうはならず悪影響の方が大きいだろう。1945 年の敗戦は日本人にショックを与えたけど,これからの復古運動はゆでガエル状態となり日本文明は衰微していく可能性もありかなと思う。200 年の眠りから醒めた中国人にどれだけ日本人が覚醒させられるか。

1200 人の希望退職
ジャパンディスプレイが 1200 人の希望退職を発表すると,株価が 3.48% 上がった。エレクトロニクスが あかんようになって何年だろう。かつての構造不況業種だった繊維とか鉄鋼に比べると,人手に頼る部分が多すぎるのだろうか。京都のセットメーカが中国に進出したのは最後発,身の回りの親しかった工場が次から次へと廃業した。それでも,倒産後 連帯保証人になっていなかったのか社員が再起して社名を変えて復活している会社もある。一部の商権も継承している。いい事だと思う。

日本の輸出産業は自動車部品の一本足打法だ。内燃機がなくなったらどうなるか。変速機メーカがなくなる。日本の自動車用電池主要メーカは ほとんど中国に売却した。売れる時に売らないと,ジャパンディスプレイのようになる。自動車産業は身売りを上手くやるだろうか。アイシン精機がトヨタの足かせになるだろう。かつて合衆国のビッグ3は垂直統合で,巨大部品会社を保有していて,足切りが容易でなかった。

継承できる価値のある商権とは何か。その商権に価値を認めて,銀行も融資するのだろう。しかし商権を簿価にどう反映させるのか。実に難しい。MBA を取得しているからといって,目利きができるかどうか怪しい。スイスの主要産業は金融だが,銀行の頭取は大学すら出ていない。無形資産をどう評価できるか。ソフトバンクの孫が国内の不動産事業に関してある日本人をヘッドハンティングした。多分,典型的な有形資産の不動産の無形資産の価値化を考えているのではなかろうか。

クラウドファンディング CAMPFIRE
マイクロファンドを手掛ける CAMPFIRE を通して「水田水位をワイヤレス伝送するセンサ」のファンドを募集を始めた。

追記
【アイシン精機、電動化対応を推進】 アイシン精機(7259)は自動車部品の電動化対応を強化する。投資額は建屋のみで数十億円規模になるとみられる。新設した研究施設3棟は、4月頃から一部で稼働を開始。環境が整い次第、順次稼働を始める。(日刊工業)
だそうだ。減速機でも生産するのだろうか。減速機付きモータを購入した方が安くなると思うのだが。

参考


関連記事

コメント

非公開コメント