2018/10/10

充電流波形による電池劣化判定

 充電流の微小AC成分をカットしたら,CH1 と CH2 間でノイズが目立つようになった。下図は無負荷時のオフセット電流というかバックグラウンドノイズ信号をチャートにした。
CurrentBGch1ch2.png

CH2 は増幅せずスルーなのでノイズ抑制はないようだ。

Evolta を充電した様子を示す。E1は充電2時間後,充電流が流れ出した。奇妙な結果だ。やはり CH2 のノイズが目立つ。
CurrentEvolta.png 

今度は 3個の Eneloop を示す。劣化の程度の違いがわかる。
CurrentEneloop.png 

最後は6個の NiCd を示す。明らかに使い物にならない NiCd2 と NiCd4 を除いたのが最後のチャートだ。NiCd5 の充電流が一旦ゼロになっているのはコネクタの接触不良による。最大電流が小さくなると,CH2 を増幅してみたものの NiCd6 にノイズ電流が目立つ。
CurrentNiCd.png 
CurrentNiCdExcept.png 
波形を観察すると,NiCd1 と NiCd3 および NiCd5 と NiCd6 の組み合わせが特性が揃っていて良さそうだ。劣化度を判定するのに初期電流と一定時間を経過した後の充電流もしくは定電流のカットオフ時間が考えられる。この例だと,120 mA 時のカットオフ時間が NiCd3 NiCd1 NiCd5 そして NiCd6 の順になっているのがわかる。

思いつきで ありあわせの部品で泥縄式に充電器の製作を進めた結果,充電流の測定とトラブルシューティングがメインになってしまった。後日 反省をまとめるつもり。
関連記事

コメント

非公開コメント