2019/07/05

ルータ 回線速度回復とエポケー

ルータをパワオンリセットすると,いつものように回線速度が回復した。
------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.6001
測定日時: 2019/06/29 07:13:31 推定転送速度: 22.01Mbps (2.75MB/sec)
測定日時: 2019/06/29 07:20:25 推定転送速度: 89.93Mbps (11.24MB/sec)

トランプ大統領が安倍首相に日米安保を改定しなければならないと直接伝えていた事が明らかになった。日本を守らないかもしれないと示唆されて,安倍は何と答えたのだろうか。その懸念を日本の主要マスコミが見事に全て報道しない。3.11 の際の自主規制と同じなのだろう。
要は「集団的自衛権の行使を全面的に容認せよ」「それが嫌なら米軍駐留経費を大幅に増額せよ」と言いたいのでしょう。これは日米同盟の本質そのものに関わる発言であり、極めて重大なことなのですが、日本国内での扱いはとても小さいのは何故なのでしょうか
絶妙のタイミングで石破がコメントした。大統領の G20 記者会見の前日である。政治は怖いな。安倍の反論が出た。
安倍総理大臣は30日夜、インターネット番組で「トランプ大統領は、トランプ大統領の考えを述べられたのだと思う。自衛隊と憲法との関係や、私たちが何ができるかということは、初めてトランプタワーで会ったときから説明している」と述べました。
どうも安倍の持論である憲法改正の考えを伝えていないようだ。従属国家としての日本の立場を強調した。恐らく兵器購入とか思いやり予算増額の話を意味しているのだろう。合衆国向けと国内向け説明での乖離が生じている。

砲火力と核の傘
つまるところ,「軍事同盟」とは何なのか。例えばドイツとトルコは合衆国との核共同運用国だ。G20 記念写真撮影の際,トランプは気軽にエルドアンにタッチして声をかけていた。トルコのロシア製対空ミサイル購入で紛糾しているものの,IS問題ではトルコ地上軍(火砲)の貢献が大だったのだろうか。ISには砲兵がなかった。

陸自の砲兵は影が薄く,特科と称されている。合衆国陸軍による公式沖縄戦史の翻訳本を読むと,「自動操縦砲」とある。「自走砲」の事である。珍訳がでるほど,日本人は火砲に関心がない。日本の自走砲価格は韓国軍の3倍である。トルコとインドは自国で製造できるにも関わらず,両国は韓国製を採用する。陸自が韓国製自走砲を採用する時代がくるのだろうか。

日本は何を何から守るのか,優先度をつけられない。江戸期の軍縮のように陸自は火砲を廃止していく。鳥羽伏見の戦いでは鍋島藩砲兵の寝返りで戦いの帰趨が決まり,その後1次大戦まで火力重視だったのが,やがて新選組のような白兵突撃に回帰していった。大阪城攻略に大砲を使用した家康が,家光の御代の島原の乱の頃には,幕軍は火砲を運用できなくなっていた。現代戦の究極火力は戦術核である。秀吉は刀狩りをし,江戸幕府は大砲を廃止した。

大砲のない陸軍となる陸自。海外派兵となっても,火力支援がない。奇妙な陸軍だ。合衆国砲兵が支援するのかな。陸自装備を合衆国製に統一すれば,装備調達費軽減と合衆国民の雇用につながる。中高の歴史の先生は大砲製造メーカとして名高いクルップを資本主義の悪の象徴のように私たちに教えていたのを思い出す。彼にとり,大砲も原爆も悪だったのだろう。砲撃の恐怖を味わったのは沖縄県民くらいだ。米海軍は本土の艦砲射撃を殆どしなかった。本土決戦が実施されていたら,米軍のすさまじい砲火力を鹿児島県民は浴びたはずだ。

安倍は憲法改正の見通しについて,どこまでトランプに話したのか。それとも触れていないのか。合衆国は世界最大の兵器輸出国である。現国防長官代行の前職は対空兵器メーカの副社長だった。陸自のアパッチヘリのように使いこなせない高額兵器を購入するのだろうか。陸自将官はどれだけの割合で銃を使いこなせるか。おそらく皆無だろう。

戦争に負けて,杉山元帥は自決しようとしたが操作がわからなかったし,東條大将は銃の性能に無知なのか自決に失敗した。自分は命令するだけで兵器を操作しないのに,軍事官僚は戦えると広言する。怖ろしい。

料理をしないシェフをどう扱えばいいのか。兵器を揃えても戦争をしない事だろう。原爆は人類が産み出した兵器だ。仮想敵が保有しているなら,善悪以前の話だろう。ショボい日本陸軍の兵器でも中国に大過をなした。焼夷弾を工夫して撒けば,20万人が一気に死ぬ。原発の再稼働もできない日本では核武装も不可能だし,合衆国と北鮮の和解ぶりをみると,安倍の下でも憲法改正はできないだろうと思うようになった。これはいい事だ。

北鮮と中国の核をない事にする。そうすれば,合衆国の核の傘もまぼろしでも構わない。

参考
関連記事

コメント

非公開コメント