2020/05/13

SVFとコロナウイルス

この記事は3月12日の時点に基づく。孫正義が 100万人 コロナウイルス検査援助をつぶやいた。慈善奉仕なのは理解できるが別の側面も考えてみた。原油価格が30ドル台まで暴落した。世界経済が落ち込むとの推測だからだ。ソフトバンクは湾岸諸国のオイルダラーを投資元とする巨大ビジョンファンドを運営している。どこのファンドもそうだが,顧客が一斉に解約現金化されたら困る。銀行預金と同じである。満期になっても,新ファンドに投資してもらわないと事業が回らないのではないか。

感染症絡みの古い事業計画を手直し化粧した提案書はソフトバンクに列をなしているのではないか。突拍子もないような計画ほど注意を惹くだろう。ある日本の医薬がモノクローナル抗体応用のコロナ医薬をアナウンスした。モノクローナル抗体は枯れた技術だ。院生,今の農高教育なら農高生でもできる。NHK が速報した杏林製薬の PCR はコロンブスの卵のような特許だった。

ITで厚化粧した SVF の不動産ビジネスはソフトバンク自体がゴールドマンサックスからババを引いたようなものだ。ゴールドマンはソフトバンクに融資もしているから一挙両得である。ウォール街だと利益相反にならないのか。

知人の経営者が地銀が持ち込んだ不良資産化した土地を工場敷地として購入し,そのため融資を受けた。銀行の世界では当たり前なのだろう。地銀が審査した事業計画は進展せず,その会社は破綻した。

SVF がこけたら,サウジ諜報機関の手により孫が暗殺されても不思議でもない。映画ゴッドファーザだと,マイケルが殺人を懺悔した後,バチカン在住の枢機卿に刺客を送っていた。その枢機卿は教皇をも暗殺したアコギな設定だった。

参考
関連記事

コメント

非公開コメント