2020/05/20

AliExpress Shipping 納品遅れ対策

中国発のゴミ電子部品の購入を続けている。RS での取り扱いはなく,Amazon.com だと日本は除外されてしまうので仕方がない。

 4月18日,AliExpress Standard Shipping 13-20 days を発注したのに まだ届かない。一方,30日から50日要する筈の不要不急の送料無料の別品は先に届いた(China Post)。ネット情報によれば,AliExpress Standard Shipping の実体は Yanwen だそうだ。ソロモン諸島がハブになっているそうだ。

この種の郵便物は旅客便の空き積載荷重に便乗して運ばれるから,コロナ禍で太平洋便は絶望的である。官営郵便の方が空き便確保に勝るのだろうと思う。

China Post に対応しているセラーを選択して,未達の同じ商品を今度は2社に別途発注した。China Post 対応しているか,どうか調べるのが鬱陶しい。

参考


追記
4月24日から5月18日まで,現品はどこにあったのだろう。
Shipped by air                         2020-05-18 13:43:48
Departed from Yanwen Facility  2020-04-24 06:53:38 

実際は Yanwen の倉庫にあったと考えるのが妥当だろう。高額品だと,長期間滞留すると課税されてしまう。日本の商社だと,書類上の非課税保税倉庫を確保している。Yanwen も似たような制度を利用しているのではと妄想する。物品は自社の倉庫にあっても,登記上は仮想の会社に移転しているのだろうか。

清朝末期アヘン課税の全権を委任された林則徐は,香港倉庫にあったアヘンを没収,焼却した。英国は自由貿易を主張したが,世界史上完全な自由貿易などありはしない。実際は何がしかの管理貿易であった。アダムスミスの「富国論」は英国の国益に合致した。劣勢になった米英は新自由主義の旗を降ろしつつある。合衆国に上場したアリババの株価は倍になった。

StockAlibaba.png
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

コロナの影響で、物流も大変なことになっていますよね。

Re: No title

物流部門の重労働と非効率は酷いです。農産物青果部門だとパレットすらない。トラック業界が申し入れても改善される見込みはない。公道設計が下手くそで道路はトラックで渋滞。流通部門の非効率は国民性かもしれない。新幹線の座席にしても,欧州鉄道と比べると,悲しいくらい貧弱です。まあ,インドよりはましと諦めるしかないのかもしれません。