2022/01/26

グレタ嬢とジャンヌダルクそして王墓制

合衆国へは父親同伴だった脱CO2のグレタちゃんは学業に戻った。近況を画像をみるとお姉さんである。

昔,真宗大谷派のぼんさんが書いたジャンヌダルク本を読んだ。百年戦争で劣勢であったフランス王太子が,少女の啓示によりパリ派が持ちこたえた。何分,中世の事で史実はよくわからないそうだ。少女は英側に身柄を拘束され,火刑に処せられた。

イエスはローマ人により,磔刑に処せられた。何故かキリスト教徒は異端者を断罪する際,火刑が多い。ペスト禍のフィレンツェに神政政治を煽った修道僧サボナローラも火刑である。地動説を唱えたブルーノもしかり。ルターもバチカンの宗教会議,審問に応じていたら火刑であったろう。近代オリンピックは蛮族時代のように火を神聖視する。

善悪二元論のゾロアスター教はイラン高原で誕生した。中国語では拝火教だ。我が市には火祭りがある。神社である。奈良仏教の護摩焚きも松本清張によればペルシャの影響だそうだ。京都のぼんさんは大文字送り火の灰を販売している。その薪木が東北産で放射能により穢れているとして,不採用となった。ジャンヌダルクの灰はどうなったのだろう。

中国の改革開放を指導した鄧小平の死後,遺言により散骨したから火葬だったのだろう。毛沢東はレーニン,スターリン同様,遺体保存となった。日本だと,奥州藤原三代のミイラが有名である。北鮮も金日成,金正日,金正恩とミイラになりそうである。日本の天皇は仏教に帰依し火葬が普通だったのが,明治以降土葬になった。平成天皇は火葬を希望されたが,却下された。陵墓建設維持は宮内庁役人の権益だから,外圧でもない限り天皇の埋葬は変わらないだろう。

合衆国のアーミッシュは息子が農場脇の墓地墓穴を掘り父親を埋葬する。自然のままの墓石があるだけである。明日来るかもしれない最後の審判を待っている。新約を読むと,復活があるかどうかの論争の記述がある。ユダヤ教とキリスト教の岐路である。三笠宮はオリエント史に造詣が深く,墓制にも詳しい。日本に文字のない時代に巨大墳墓が築かれた。どうも倭の五王らしい。

旧約によればユダヤのダビデはペリシテ人との争いのなか,羊飼いから王になる。しかし古代ユダヤ王の墳墓が見つからない。エルサレム城外にオリーブ山がある。実際は丘である。今でも丘全体が墓地である。どうも専制国だと墳墓を築くようだ。古代ユダヤはヨシュア革命により,オリエントに存在しながら専制を否定した稀に見る法治国家となった。ただ古代の立憲君主国は侵略に弱かった。倭は五王時代になると,朝鮮に軍事介入するようになった。新羅唐との連合軍に破れ,秀吉の時代には明朝鮮に失敗し,日清日露戦争により朝鮮を属国化できた。桂タフト協定がこれを支えた。

衰退日本の手本はオーストリア帝国の衰退だろうか。問題は統一朝鮮がどうなるか。日米安保は所詮,紙切れである。日韓戦争のシミュレーションを両軍はしている筈だ。自衛隊がしていないとしたら,まさに官兵だがその可能性もある。合衆国が強大中国を相手に東アジアで軍事行動を選択する可能性は少ないだろう。バイデン政権が日韓に北京五輪に関して踏み絵を迫っている。

ゲーム・オブ・スローンズを見ていたら,ジョンスノーは何回も復活している。デナーリスは燃え盛る火のなからドラゴンの卵を抱え,肌着が燃え尽きたのか裸身で姿を現す。卵で胸を自然に隠しているのが実にエロい。同様の演出に合衆国スーパボールのCMにも在った。

古代アテナのパルテノンには鉄兜を被った巨大アテナ神像(女神)があった。軍神が女神とは男尊女卑の文化圏ではピント来ない。儒教受容以前の日本には,神功皇后の神話,女帝もいた。鎌倉期までは女にも西欧と同様に相続権があった。カトリックは偶像崇拝を禁じながら,イエス磔刑像を拝む。キリスト教信仰は聖母マリア崇拝により布教は盤石となった。バチカンに収蔵されているミケランジェロのピエタはどうみても若々しい聖母マリアが主役である。

古代オリエントでの原始キリスト教は徹底した男神信仰だったのが,西欧異教を取り込みマリア崇拝に至る。エルサレムの聖墳墓教会も偶像の主役はイエスではなく聖母マリアである。二〇世紀に至り,バチカンはしかもマリアは「神の花嫁」宣言を出すに至った。もう単なる聖母ではないのである。もうこれは古代西欧の異教ではないか。

北欧のグレタも男子だったら,こうももてはやされなかったのではないか。古代アテナイ市民は女神像を崇めながら,市民に女性は含まれなかった。根暗のアテナイ市民は黄昏時にギリシャ悲劇の観劇を好んだ。昼は円形競技場における戦車競技に熱狂した。家人はTVドラマ大好きである。

チンパンジーは知能は高いがヒトの幼児のように物語を理解できない。AIはどうだろう。合衆国TVドラマ ギャラクティカではAIにも天地創造の神話がある設定になっている。

これからは西欧絶対神と中国の「道」の宗教戦争でもある。日本はどちらを選択するか。天皇をみていけば,わかる。国粋運動が盛んになり日本の衰退がより一層加速されるのではないか。古代イスラエルはイエスの時代,ゼロデタイ,シカリ派が台頭して古代ローマに蜂起して民族離散となった。古代イスラエルと現代イスラエルは民族的に何のつながりもない。あるのは律法(神話)だけである。

北鮮と日本は国家元首の国営陵墓を建設し続ける。日本の明治専制国家はヒサヒトまでは確定している。統一朝鮮は韓国の民主政を継承するだろうか。日本中国同様疑似世襲専制国家に収斂するのではないか。

参考
関連記事

コメント

非公開コメント