2022/04/20

レンタルビデオビジネス GEO vs 日経平均

家人がたまにレンタルビデオ店から合衆国TVドラマ DVD を借りてきて私も見る。借り先はもっぱら地元店である。市内には上場会社の GEO や蔦屋もあるのにと思い株価を比較してみた。
StockGEO.png
上場以来通算して,日経平均を上回った時期が全くない。古物商を始めたりとビジネスモデルも迷走している。骨董品屋 質屋は表通に出店するようなビジネスではない。利益率は下がる一方である。利益率を維持するには採算不良店を閉店しかないだろうと思う。赤字にいつなるか。

仮説
地元店の規模は大きく駅前にある一方,蔦屋もGEOも小規模でしかも駅前からかなり離れている。地元店は電車通勤する女の客層をつかんでいるのではないかと思う。この場所は以前はスーパがあったところだ。居抜きだから新設出店より開店費用は抑えられた筈だ。

駅前店閉店情報は地銀が知悉しており,地元店に紹介したのではと思う。SBI は地銀再編を狙っている。地元パチンコ閉店,スーパ閉店,医院廃業情報はかけがえのない不動産情報だ。これらは地銀が握っている。地場不動産と地銀は切っても切れない関係にある。

ワタミ CEO がアフターコロナでも飲食産業は元に戻らないと言明している。ライフスタイルが変わるというか,男社会における飲み会は廃れるという事だろう。

家人が北京五輪中継を見ていた。ジャニーズの村上がレポータだった。なるほどと感心した。女が五輪TV中継視聴者の主体である証左だろう。スポーツ経験者とは思われない村上よりはプロスポーツ経験者の松岡のコメントの方がマシだと個人的には思う。まあ,日本の男も合衆国の男同様,休日でも五輪中継を見なくなったのだろう。それでも IOC は合衆国ネットワークから多額の放映権料を獲得する。女が大量消費社会の中心にある。

男はプロ野球,プロサッカー視聴だろうか。女向けにTV番組編成主導権をとられ,プロ野球プロゴルフ中継もめっきり減った。ネット配信のせいもあるかな。個人的には余生の時間を考えると,プロスポーツ視聴は時間がもったいなく見る気が全くしない。

広告収入が減って民放番組制作費も削減されていると思う。一方,国民に視聴料義務化を課している NHK は収入に困らない。年収200万円以下の下層民からも,公共放送を見ないにもかかわらず視聴料を取り立てる。奈良期の貧窮問答歌にみるように官の収奪は現代も不変だ。GHQ は NHK を解体すべきであった。革命でも起きない限り,NHK 利権は続く。デジタル化したのだから,スクランブル放送はいとも簡単にできるのにスクランブル化しない。何と傲慢なのだろう。

NHK はお布施を強要する現代の神官である。Google Apple 神の方がマシだ。

カード会社連携回転寿司クーポン
我が家で購読している新聞は五輪記事で埋まっている。しかし,2019年の新聞広告費は2012年と比較すると,半減に近い。資本論理から判断すると,新聞とテレビ放送に未来はない。

カード会社の決済情報をネットで月一の頻度で必ず確認している。回転寿司のスシローがカード会社を通じて2月末までのクーポンを配っている。どんな会社であれ2月は日数が少ないうえ,期末に近い事もあり売上確保に四苦八苦だ。家人に言ったら,オミクロンを気にして店内の飲食は嫌だと言う。Take Out になった。

スシローは,新聞チラシとの広告効果を比較してでの判断だろう。クレジット会社も手数料だけでなく,ビッグデータを提供して収入増となる。

合衆国は小切手による信用金融社会である。小切手とは署名入の現金である。小切手流通を通じて銀行は個人,商店の信用そして与信も与えられる。Alibaba はスマホから与信をAI審査により即断する。銀行は預け入れ資産の7倍まで与信を発行できる。信用がマネーを生む。

NHK は広告宣伝をせず,マネー市場を創造せず浪費する一方である。NHK の事業は全体主義の会社と変わらない。フランスは市民革命を経たせいか,国営放送でも広告を流す。これが当たり前だ。NHKは広告がないので奉仕の精神がなく独善的とならざるを得ない。ナチスとか中国のプロパガンダ放送の日本版と思えば諦めもつくか。

参考
関連記事

コメント

非公開コメント