2024/02/19

合衆国不動産40%下落と日本株への影響

Bloomberg によれば,New York と Los Angeles のオフィス価格下落が甚だしい。
ニューヨーク市マンハッタンでは、ブローカーがブラックストーンが出資したオフィスビルを担保とする債権を約50%引きで売り始めた。    ロサンゼルスの一等地にあるオフィスタワーは昨年12月、10年前の購入価格より約45%安い価格で売却された。同じ頃、米連邦預金保険公社(FDIC)は、ニューヨーク市のアパートメントビルを担保にした約150億ドルのローン債権を40%のディスカウントで売却した。
中国マネーが合衆国から引き揚げた結果の連鎖だろうか。日本株に外資が投資というよりは投機目的で買い増ししてきた。物言う外資も資金は借金である。バフェットは株式を現金に換えている。今,株式に投資しない方がいいだろう。ヘッジファンドの空売りが始まるかどうか。

参考
関連記事

コメント

非公開コメント