2013/05/21

時刻合わせ更新間隔

これまで,サーバとPCの時刻合わせは「桜時計」を使用してきた。今回の WinXP の再々インストールに際して,Windows の機能を利用する事にした。遠隔地の NTP サーバより隣接地しかもプロバイダの NTP サーバだと応答が速く,頻度を多くしても他の回線と接続してインターネット利用の輻輳を増やす事もないだろうと思う。私の場合,ntp1.eonet.ne.jp だ。コントロールパネルから時刻合わせを選択して,NTP サーバを入力して,「今すぐ更新」をクリックして有効かどうか確認する。数秒程待たされる。その点,桜時計だとすぐ応答する。
NTP.png

次に,タスクバーのスタートをクリック,ファイル名を実行して。。。をクリックして regedit を起動して,「更新間隔を変更するためにはレジストリを操作する必要がある」に沿って変更する。私の場合,23時間(3600x23秒)に設定した。
NTPregedit.png

ちなみに私のサーバは21分間隔である。回線事業者は100%の常時接続を保障してはいないので21分毎に,回線を使用していますよとのシグナルを eonet に伝えている。
関連記事

コメント

非公開コメント