2013/10/06

熱に弱いICクリップ

意図せずに昇温した抵抗のリード足に樹脂製のICクリップを挟んで測定していると,樹脂が軟化変形し細いワイヤを確実に掴めなくなる。わに口クリップもあるけど,省スペースのICクリップをつい使用してしまう。

デジタルマルチメータの電流測定用には微小電流でも,用心のために金属のわに口クリップを使用した方が安全だ。数日前,勘違いしてクリップに大電流を流し込んでクリップの先がへこんでしまった。実験基板が充分大きければ,抵抗間の隙間を広くとりワニ口クリップでもOKなのだが。

使用している三和 PC510 のプローブは 500V 10A の優れものだが,安価なソケットに差し込むとプローブが一部露出してしまう。長いソケットは入手難で単価がさほどでなくても送料が高い。写真のクリップとソケットは共立電子から購入した物だ。
Clip.jpg
White balance: FL
関連記事

コメント

非公開コメント