2013/11/22

内張りカーテン効果

「ばぁど」さんのブログから,ハウス内では天井の方が気温が低くなるらしいと知った。寒期だけだろうか。放熱を防ぐための内張りカーテンなのだろう。私の居室では床面と1.5m 高さの壁面とでは高い方が 2.5℃ 高い。

tomatorose さんによれば,日中は採光のためだろうか二重カーテンを開けその開閉はクランク棒を回さなければならない。構造をみると両手がふさがるのがシンドウそうだ。写真をみると頑丈な角パイプが立っているのでこれにクランクおよびキャプスタンを取り付けて,プーリによるワイヤ方式にしたら片手で回せて随分楽になるのではと思う。一気に電動式でなくてもクランク式でも改良の余地があるかもしれない。元々天井にある電動モータの代わりに,長いシャフトで地上から回す事にしたのかもしれない。プーリとワイヤによる駆動の代わりに,今はモータの信頼性が高いので,安価な減速機付きモータが入手できれば電動式への改造の方が調整も殆どなしで済ませられると思う。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。
ばぁどです。
書き方が悪かったようですみません。

温まった空気が天井のほうに昇っていってしまって、「地表近くの気温」が下がってしまう、というのが真相です。
これを防ぎたいので、できるだけ温かい空気が地表近くにとどまるように、内張りを張っております。