2018/04/18

Web リアルタイムチャート表示と欧州優先戦略

初めての JavaScript
ブラウザに日報チャートをようやく表示できるようになった。表示の仕組みを理解できても,プログラミングが上手くいかなかった。バグの原因がわかると,いつもながら拍子抜けする。

本来ならサーバプログラミングなのだろうけど,無料ホームページ上にこだわったので PHP が使えない。JavaScript を学習しながら,コーディングした。

日報と軍事恩給
日報と言えば,陸自派遣日報だろうか。加藤陽子が戦前の日報等はしっかりしていたと言う。兵士の恩給,加給に密接に関わっていたからだそうだ。そういえば,父も軍役手帳を大事に保存していた。戦後は官の矜持がなくなったのか,終戦直前の大量文章焼却のならいなのか,公文書保管もいい加減になった。年金履歴はさいたるものだろう。

合衆国は退役軍人庁があり,履歴を保管している。兵士は軍法により,脱走は死刑の最高刑,軍籍剥奪の不名誉除隊がある。不名誉除隊だと軍歴はなかった事になり,軍人年金,軍人病院のサービスが受けられなくなる。第二次世界大戦で,米兵の戦死率の高い兵種および戦闘地域は,太平洋戦線だと潜水艦乗員(海軍)と欧州戦線では航空兵(陸軍)だった。どちらも志願兵で構成されていた。B-17 爆撃機の損失率は太平洋戦線の B-29 と比べると信じ難いほど酷い。B-17 が B-29 に比べるとショボかったというと,そんな事はない。太平洋戦争初期,日本海軍の 20mm 機銃でも撃墜困難の頑丈さだった。

ドイツ防空軍はレーダにより迎撃戦闘機を誘導していた。日本軍にもレーダがあったけど,日本製は高度がわからない。飛行高度別に三層待機すると会敵率は単純に考えれば 1/3 になる。当時の戦闘機は 3000 m上がるのに6分以上かかる。そんな事したら,あっという間に燃料切れになる。飛行高度測定可能なレーダは山下将軍のドイツ視察団が知った。それから 1945 年になっても製造できなかった。レーダ(防空および測的兵器)の重要性を認識しなかったせいだろう。戦後の防衛も米軍をお手本にしている筈なのだが,兵器システムは陸海空バラバラの視野狭窄のままのようだ。自衛官の能力が諸外国に劣るとは思えない。同じヒト族である。社会文化的なものだろうと思う。

陸自は海自の支援砲撃および空自の直協を受けられない。どこの陸軍も海空に優越し,支援要請と訳しているが,実際は命令である。米海兵は米海軍に従属しているのではなかった。合衆国の太平洋諸島侵攻作戦では海兵揚陸司令官が米海軍戦闘部隊を指揮していた。JBPress の田岡の論拠は結論は合っていても,前提がおかしい。陸海並列の弊害が大きかったのは戦前で実証済みだ。陸自優越をはっきりさせないと,日本型組織ではうまく回らないだろう。

役所も現首相が経産省出身を重用しているせいか,おかしくなった。戦前は内務,陸および海官僚が仕切り,おかしくなった。戦後は大蔵だった。経産省の前身は商工省,興亜院,企画院だった。革新官僚の巣窟だった彼らが,出来損ないの対米総力戦を描いた。戦後,マイナ官庁が LSI 研究組合の成果およびエネルギ利権を武器にシニア官庁にまでなった。合衆国のように国家経済諮問会議は民間主導がいいだろうと思う。いまどき,ソ連中国方式の経済再生政策がうまくいくはずがない。自民党はもう古過ぎてダメだが,代替政党がない。困ったものだ。

合衆国の欧州ファースト
欧州戦線は陸軍主体で太平洋戦争は片手間だった。日本陸軍も主戦場は中国戦線で軍事予算の過半を費やしていた。太平洋戦争末期,米海軍機動部隊が中島の武蔵野宇都宮製作所を簡単に破壊し大戦果をあげた。一方,欧州の第8航空軍は大きな損害を出しながら戦果は緩慢だった。その欧州最優先の米軍がアジアの朝鮮ベトナムで苦戦したのにもかかわらず,欧州優先は揺るがない。

合衆国は多数の同盟国を抱え優先順位を付けざるを得ない。一方,日本の軍事同盟国は合衆国オンリーである。日本は等方位外交を止めて,軍事関係の優先度をはっきりさせて外交を進めるべきだろう。米仏英連合軍は国連に何ら諮る事なく,シリア空爆を実行した。変な国連重視は辞めるべきだろう。日本の国連分担金は合衆国に次ぐ。中露韓が日本に侵攻しても,国連が何をしてくれるというのだ。

日本陸軍にとり太平洋戦争は片手間であり,片手間の米軍相手に本土封鎖され,中国本土の日本軍は游兵になったうえ原爆も落とされた。戦後も中国と軍事的にかかわると,そんなところだろう。尖閣とか中国市場しか見えてない現日本の状況は,合衆国の欧州ファースト同様,戦前と大した違いはないのか。文化歴史とかは変えようがないのかもしれない。

参考
2018/04/16

JavaScript と士農工商

Chart.js
私のサイトは JavaScript を用いて記述していない。スマホ表示にも対応 Responsive Design のために BootStrap を採用していて,これが Javascript で記述されている。プログラムのライブラリ,関数と同じで内部動作を全く理解していない。

レポートに掲載しているチャートをポップアップして拡大するには Javascript が必要らしい。試してみたが,さっぱり動作しない。私のサイトは 2007 年から進歩していない。WiFi ができるワイヤレスモジュール ESP8266 の応用を検索していたら,チャートを Javascript で記述している。Web デザインでは常識なのだろう。ポップアップ表示の問題はすぐ解決しそうもないし,スマホでは簡単に拡大できるので その旨 記載して他に注力するつもりだ。頭がボケていて,空回りしてばかりだ。残された時間は短いのにどうしたらいいのか。

ブラウザ表示用チャートの JavaScript に Chart.js がある。サンプル表示ができてもカスタマイズしようとすると,全く表示しない。「とほほ」に Javascript の解説があり参考になった。2012 年記載だった。

Eclipse による JavaScript
Html だと hosts ファイルを書き換えれば,ローカルホスト表示できたのに Javascript で記述すると,蹴られてしまう。開発ツール(Eclipse のプラグイン)が必要のようだ。新たに開発ツールを覚えるのは億劫で放置していた。

しかしブラウザのなかで動作するのだから,Android iOS でもOKだと思うとメリットは大きい。情報工学関係者間では Eclipse は常識のようだけれども,Microsoft の簡単ツールに慣れているせいか敷居が高い。JavaScript のプラグインは eBay と Google が 2006 年に出している。Web デザイナが こぞって使い出して Chrome が隆盛になったのだろうか。

Eclipse の仮想ローカルホストビューにより,サンプルの JavaScript 表示ができた。コーディングを思いったってから2週間が過ぎている。ようやく入り口に立てた。有料の Html エディタなら JavaScript プログラミングも簡単設定になっているのだろうか。

しかし,Ajax を用いてテキストファイルと読み込もうとするが上手くいかない。
サーバーに設置すると問題ないですが、ローカルだと、レスポンスの受信あるいは処理が出来ません。その場合は、「dataType」オプションを設定します。 僕の環境( Windows10 )の場合、Firefoxは動きますが、IE・Chrome は動きません

昔は有償だったプログラミングツール
パソコンプログラミングの時代,開発ツールの覇権を Borland と Microsoft が争った。ライブラリが OWL と MFC の違いがあった。私は BC+ を用い,その後長い間放置していたビジュアルの VB3 VB4 に転向した結果,ライブラリは .NET Framework だけれどもそのルーツは MFC である。

Google が Microsoft のような ASP ツールを出さずに Eclipse に依拠しているのは どうも正解だったようだ。NET WEB 環境は Free が肝心なようだ。Free には自由と無料の意味がある。現在の私の開発環境は全てタダである。BC+ を \98,000 で買ったのがウソのようだ。Eclipse のエディタはスペルチェックがあり,半角全角スペースの違いを表示するので秀丸にはもう戻れない。

ボケた老人が Eclipse を使いこなすには 毎日慣れるしかないかなと思う。これを中高校生で親しめば簡単に習熟すると思う。多分,工業高校だと使わせているのではないか。大半の普通高校卒で有名大学を卒業すると Eclipse とは無縁だろう。彼らは現代国語の入試を受け,漢字の書き取りをパスしなければならない。大学入試に現代国語を課す国は日本くらいだろう。

どうあがいても合衆国に競合できそうもない。自身で Web デザインして Javascript を使いこなす。高校生になったら車を運転して通学する合衆国。江戸期,騎乗できるのは一握りの藩の上士だけであった日本。映画監督のルーカスが創設したピクサーのアーティストはプログラミングは全く無知だったが,ツールを使いこなしてプログラミングした。日本人はどうしてツールを使いこなせないのだろう。とことん稲作にこだわった日本人と牧畜民の違いだろうか。中国人はどうなのだろう。清代,高級官僚は科学技術に関心がなく,改暦はカトリック司祭出身のイタリア人官僚に丸投げであった。中国人はコピーしか関心がないようにみえる。でもAI関連中国企業の時価総額は富士通とはけた違いである。優秀なプログラマはこのような企業に就職するのだろうと思う。

外国人労働規制緩和
社保庁が入力を丸投げしていた国内企業がさらに大連に丸投げ(再委託)していた。随意契約なのかどうかは NHK は伝えていない。安価な発注なら大連だろうとかまわない。個人情報を政府だけが保有するのか,国民も含めた外部もアクセスできるのか。北欧は後者だ。一般人が個人の病歴にもアクセスできるらしい。お隣のAさんは性犯罪の履歴があるから,注意しようねとなる。欧州では犯罪は病気扱いである。ネットで炎上した朝鮮有事の際の在日スリーパーセル,EUのように往来の自由,移動の自由の代償として警察が不審者監視するのではなく,住民が外国人を含めた住民を互いに監視し合えばいいのではないかと思う。そうすれば,外国人は自然とコミュニティを形成するようになる。異邦人扱いだったユダヤ人は帝国臣民になって移動居住の自由を得てもゲットーはなくならかった。北欧の移民対策はなかなか狡猾である。勤勉で器用な中国人はイタリアでは中国人街を形成している。イタリア高級靴とファッション縫製は中国人が担っている。イタリア高級ブランドを身に着けても,イタリア在住中国人が製作している。おそらくフランスも似たようなものだろう。

中国人 Eclipse と検索したら,コシノヒロコが第一位であった。笑える。政府がめざす労働施策は仏伊に近いだろう。派遣大手の会長になった竹中平蔵も旗振りだろう。私は日本人の勤労精神からすると,仏伊よりはスイスの方がいいような気がする。高度スキル労働市場の規制を緩和する。スイスは研究員技術者は外国人だらけだ。日本の薬学系研究員のレベルが低いのか,コストパフォーマンスが悪いのかファイザ,メルクとかが日本研究所を閉鎖して中国とかシンガポールに移転した。日本最大手のタケダも大阪横浜を閉鎖してつくばに集約し,さらに北米に開発拠点を移転した。人材難のせいだろうと思う。世界のサッカー事情に似ていると思う。国内のJリーガが海外に行くと,見劣りするのと同じ。才能のある選手を受け入れる方が理に適っている。

合衆国では医師といえば,昔のユダヤ系から今はインド系である。ドイツも医師看護師はポーランド出身が増えてきている。私はこれまで国内で,外国人医師に診察してもらった経験がない。日本は異常である。日本の弱者から先に労働規制緩和するのは間違っている。医師とか教職が先である。

中国人高度技術者は日本は待遇が悪いので来なくなった。医師看護師,弁護士,会計士も状況は同じだろう。国内の小中高の教員給与は合衆国に比べると,かなり良い。高度スキル市場開放しても,来日するのは先生傭兵くらいなのかもしれない。何を意味するか。日本の専門職の給与は先生警察軍人を除けば,絶望的に安い。日本とスイスの職人の給与はなんでこんなに違うのかと,驚いてしまう。日本の一般事務職が高給過ぎなのだろうか。事務職の需給インバランスは大きい。楽で実入りが良いのかな。極端に言えば,漢字の書き取りができればできる仕事か。中国人でもない限り,競合することはない。

プログラマの内外平均経験年数を比較したら,日本の離職者は多いと思う。やはり,国語を活かせて外国人ができないような日本語に特化した職種が高給でしかも安定しているのかと思わざるを得ない。子供たちが皆,学習塾に通うのは理に適っている。合衆国の民間パイロットの初任給年収が 200 万円とテレビが解説していた。国内線でも外国人パイロットが増える筈だ。

プログラミングはアウトソーシングの外国人になってしまうのか。士農工商の壁は厚いな。

参考
2018/04/13

PHP を始める前に他の選択肢は?

WordPress は PHP により記述されており,PHP + BootStrap でサイトを制作更新しようと思う。

PHP 本家のソースをアップロードしてサイトを開いたら,正常に表示できた。php.ini は空でも支障がなかった。Flywheel のデモページ不具合は Preferred ではなく Custom でないとだめかもしれない。

WordPress 抜きのローカル開発環境を考えないといけない。さくら ライトは MySQL をサポートしていないと気づいた。SQLite と PHP の関係が気になり検索したら,「SQLite3 拡張モジュールは、PHP 5.3.0 以降デフォルトで有効となります」とあり,PHP7.1 に設定しているからOKだ。

数年前,GUI PCプログラミングを VB4 で始めて 今では古過ぎて移植も手間がかかり新しいツール導入の障害になっている。これに懲りて PHP 以外に何があるのか検索したら,Python が良さそうだ。Python のオランダ人開発者は Google で本来業務以外の 50% をこれに費やす契約だったそうだ。

昔 CUI の Borland C++ を使用していた。その前は Turbo C だった。これを開発したのはデンマーク人で Borland が開発ツールから撤退すると,競争相手の Microsoft に移り C#を開発しておりフェローだ。CPU が変わるとコンパイラを設計しなければならないし,大量のライブラリも整備する必要がある。ごくごく少数の限られたプログラマが従事している。そのなかで日本発の Ruby は希少だ。根幹はアセンブラ記述し,ライブラリは各自の言語で記述しているのだろうか。それとも標準的なバイナリコードがあるのだろうか。Linux とかをコンパイルするような人たちなら わかるのかな。ライブラリすら作成できないので想像するしかない。欧州で生まれコンピュータサイエンスを学び,合衆国に渡り活躍する。PHP の開発者もデンマーク系カナダ人だそうだ。Google のスタートアップ前の研究に日立が援助していた。検索と広告をつなげるビジネスを産み出し急成長した。これからはインドとか中国から新奇情報ビジネスが出てくるのだろうか。

SQLite keywords
PHP の習得とデータベースの構築も兼ねるつもりだ。SQLite には 124 個の keywords がある。これを使いこなせるようになるのにどのくらいかかるだろうか。

参考